PPP+PRPジェル注入法について

PPP+PRPジェル注入法の安全性を取るか他の豊胸手術の効果を取るか

豊胸手術には、大きく分けて「バッグ挿入法」と「脂肪注入法」がありますが、どちらも時間や費用が掛かるうえ、身体への負担や危険性が大きく、躊躇される方は多いでしょう。それでもバストを豊かに美しくしたいという方に人気なのが、プチ豊胸です。このプチ豊胸の代表としては、ヒアルロン酸注入法や、光豊胸といったものがありますが、新たなプチ豊胸法として注目されているのが「PPP+PRPジェル豊胸」です。

これは、自分の血液を採取し、遠心分離器によってPPP(小血小板血漿)とPRP(多血小板血漿)を取り出します。これを熱処理によってジェル状にし、バストに注入するという方法です。ヒアルロン酸注入と同様に、身体にメスを入れることなく、しかも体内の成分を注入するのですから、極めて安全性が高いのが大きなメリットです。

血小板というのは、細胞の活性化を促す成長因子を含んでおり、もともとは皮膚再生治療において活用されていた方法です。これを応用したのがこのPPP+PRP豊胸なのです。同じプチ豊胸であるヒアルロン酸注入より見た目も感触も自然ですし、自分の血液を注入するという安心感もあります。しかし、実はすぐに大きさが戻ってしまうというデメリットがあるのです。

病院の説明では、半年から一年程の効果といわれていますが、実際は数か月程度だと思ってください。脂肪が増進し、豊胸した状態を保つ効果もあると謳っている病院もありますが、そのための細胞成長因子の添加には根拠がありませんし、人工物を添加するのにも不安がありますね。出来ればこうした不安の無いよう、病院選びをしっかりする必要があります。
(⇒豊胸手術に大切な病院選び

また、自分の血液を採るのですから、一度に注入出来る量も限りがあります。このPPP+PRP注入法では、バストアップは2カップまでが可能です。1カップアップに200CCの血液が必要ですから、400CCが限界ということですね。さらに大きくしたいのであれば、一か月以上の間を空けてから、再度血液を採取し、注入することになります。しかし、数か月で戻ってしまう場合もあるこの施術に、一回約10万円程の費用が掛かるのですから、それは大きなデメリットでしょう。

安全性は高いとはいえ、効果や費用の面からいえば、あまり良いとはいえないかもしれません。しかし、他の豊胸法に不安があり、それでも一時的に大きくしたい場合などには、大変適している最新豊胸法ではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加