豊胸手術について

記事一覧

生着率格段アップの脂肪幹細胞移植は乳房再建の最新医療です

脂肪注入による豊胸手術は、人口のバッグを入れた時のような不自然さや危険性が少なく、異物を入れる事への抵抗がある方に人気の豊胸法です。さらに、身体に傷を付けなくても良いですし、気になる部分の脂肪を吸引出来るという魅力もあります。しかし、バストに脂肪を注入しても、生着する脂肪は半分にも満たなく、サイズダウンしてしまうばかりか、生着しなかった脂肪が石灰化してしまうという危険性があるのです。

そこで開発されたのが脂肪幹細胞移植です。これは、吸引した脂肪の半分から脂肪組織由来幹細胞を抽出し、脂肪を洗浄・不純物除去をした残り半分の脂肪と併せてバストに注入する方法です。米国サイトリ・セラビュークス社が皮下脂肪組織内の幹細胞を発見し、脂肪から幹細胞を抽出するセリューションシステムを開発したことで実現した画期的な方法であり、セリューション豊胸ともいわれています。

このセリューションシステムは、FDA(米国食品薬品局)認可とCE(EC品質基準)マークの認定を受けた唯一の幹細胞抽出の専用機器であり、乳房再建のための再生医療に用いられ、日本でも先進医療機関での実績を持っています。また、抽出に必要な特殊酵素も、同じく同社のものが唯一、FDAとCEの認可を受けています。

幹細胞には、IPS細胞(人口多能性細胞)、ES細胞(胚性幹細胞)、体性幹細胞があり、こうした医療に使われているのは、現在では体性幹細胞のみです。幹細胞というのは、何度も分裂し、色々な細胞に変化するという特徴があり、新しい細胞に分化したり、血管を新生させたりします。人間の失われた臓器や組織を作り出す、再生医療の核となる、重要な細胞であるといえるのです。ですから、バストに注入されると、バスト内で脂肪細胞にも血管にもなり、生着率が高くなるのです。

もちろんいくら生着率が高いとはいえ、完全ではなく、石灰化が起こることもあります。他にもコンデンスリッチ注入法など、さらに定着率を効率的にアップさせた脂肪注入法もありますが、やはり同様に100%安全というわけにはいきません。脂肪を吸引した部分の跡や不自然さなどの問題も多くみられます。バッグより安全だと言い切れないのが現状なのです。

手術を受ける前には、こうした最新機器・最新技術の整った病院を選び、術後のアフターケアも含めて、十分にカウンセリングを行うことが大切です。
(⇒豊胸手術に大切な病院選び
(⇒豊胸手術に大切なアフターケア

漏れやすいけど漏れても安心!?根強い人気の生理食塩水とは

豊胸手術の中でも、バッグ挿入法は一番人気が高いものですが、挿入するバッグには、大きく分けてシリコンバッグと生理食塩水バッグがあります。シリコンバッグの中にも色々な種類があり、現在では性能も高く、バッグの素材としてはこちらが主流となっています。

しかし、シリコンという人工物に抵抗のある方も多く、シリコンバッグより以前からある生理食塩水バッグにも根強い人気があります。生理食塩水というのは、体液と同じ浸透圧で、体液に理解組成の代用液です。本来は点滴や麻酔液を薄めるために使用されるものであり、身体への害が無いというのが大きな利点なのです。

生理食塩水バッグは数十年前にアメリカで開発されたもので、シリコン膜のバッグの中に生理食塩水を入れて膨らましたものです。シリコンの危険性の懸念から、シリコンバッグ同様禁止された時期もありましたが、すぐに安全性が認められました。今でも認可・不認可のものがありますが、米国マックギャン製のバッグが一番有名で、FDA(アメリカ食品薬品局)の認可・CEマーク取得・オーストラリア認可を受けており、一番信頼性が高いといえるでしょう。

生理食塩水のバッグは、空のバッグをバストに挿入後、生理食塩水をチューブで注入します。ですから、切開部分が少なくて済み、大きさや形を確認しながら注入出来るという利点があります。しかし、注入するためのバルブがあるため、そこから中身が流出しやすいという欠点もあります。とはいえ、生理食塩水は体内に吸収され、尿として体外に排出されるため、漏れても安心です。

また、生理食塩水バッグはシリコンバッグよりも固めで、見た目も不自然な場合が多いのがデメリットです。そして、寿命も短く、10年から15年程でしょう。破損するとすぐにしぼんでしまうため、見た目が明らかに変形してしまいますから、その点で早めの検診を受けることをおすすめします。

このように、素材的には安全性が高く安心ですが、除去や入れ替えが必須だということは、よく理解しておきましょう。そしてアフターサービスが万全で、信頼出来る病院を選ぶことが、生理食塩水バッグを挿入した際の最重要ポイントだといえるでしょう。

種類豊富なシリコンは豊胸手術の主役です!

豊胸手術といえば、まずバッグ挿入法が思い浮かぶと思います。豊胸手術の要と言っても良いでしょう。そして、挿入するバッグの素材として一番使われているのがシリコンです。もちろん人工物ですから、これまで問題も多く、1992年には、FDA(アメリカ食品医薬品局)によって、医学的懸念により、安全性の確認のため、使用禁止を受けました。その後2006年には再び認可され、次いでアメリカ医学研究所においても安全性が証明されたレポートが発表されました。

しかし、医療に適さないシリコン材料を使用していたとして、2000年にフランスのPIP社によるシリコンバッグの製造停止と回収がなされました。日本にも輸入されていたことで、シリコンバッグへの不信感は再び大きくなったのです。しかし、こういったシリコンバッグは例外で、現在では技術の発達により、かなり安全性が高まったといえます。

現在、シリコンの最新素材として主流なのは、コヒーシブシリコンです。もともとシリコンバッグが最も懸念されたのは、中身が流出し、身体に悪影響を及ぼさないかということでした。しかし、このコヒーシブシリコンは破れても中身が出ないバッグとして、その大きなデメリットを払拭したのです。そして、さらに硬いという欠点を改良したものが、ソフトコヒーシブシリコンです。コヒーシブの長所に加え、固いという短所をクリアした優等生であり、現在最も使用頻度の高いシリコンです。

そして、このコヒーシブシリコンを内容物として、3層構造で耐久性を追求したものとしてバイオセルバッグがあり、さらに4層構造にしたものにメモリージェルがあります。どちらも破れても中身が出ない安全性の高いバッグです。

こうしたシリコンの種類以外にも、バッグには種類があります。まず、「テクスチャードタイプ」と「スムースタイプ」です。前者は表面がザラザラで、拘縮が起こりにくいというメリットがありますが、挿入しにくいというデメリットがあり、反対に後者は表面がツルツルで拘縮は起こりやすいですが、挿入しやすいという特徴があります。

また、シリコンバッグには形にも種類があります。お椀型の「ラウンド型」と釣鐘型の「アナトミカル型」、左右非対称の「アシンメトリー型」の3種類で、日本人の釣鐘型のバストには、ラウンド型が最も選択されています。

このようにシリコンバッグには様々な種類がありますが、挿入する部位にも3パターンあるのです。まずは「大胸筋下」で、見た目や感触が自然ですが、小胸筋から大胸筋を剥離するため、組織損傷などの身体へのダメージは大きいでしょう。次に「乳腺下」ですが、挿入はしやすいものの、バッグの形が見た目に表れやすく、感触も不自然となる場合があります。そして、この二つの中間にある「筋膜下」があり、これは両方の長所短所が少しずつカバーされている感じです。

つまり、素材・形状・挿入法と、シリコンバッグでは、かなり自分に合ったものが選べるといえます。しかし、いくら改良されたとはいえ、その安全性は未だ完璧とはいえず、術後のトラブルは後を絶ちません。そのことをよく理解し、十分に考え、カウンセリングを受けたうえで、手術にのぞむことが大切です。

プチ豊胸とはいえ気軽に受けるのは避けたいヒアルロン酸注入

理想通りのバストを手に入れることが出来る豊胸手術ですが、最新技術によって安全性が高まってきたとはいえ、身体にメスを入れる手術なのですから、当然100%確実ではありません。デメリットは必ずありますし、失敗や危険も数多くみられます。術後のダウンタイムやトラブルもとても心配ですね。
(⇒豊胸手術における最新技術
(⇒豊胸手術におけるデメリットとは

そこで、安全に気軽に出来る豊胸法として、プチ豊胸と呼ばれるヒアルロン酸注入法があります。これは、プチ整形などに使われるものより粒子の荒い、SUB-Q(サブキュー)というヒアルロン酸を、注射器でバストに注入するという豊胸法です。粒子の荒いヒアルロン酸を使うことで、効果を長持ちさせることが出来ます。

ヒアルロン酸というのは、本来身体の中にある成分ですから、ダメージや副作用が無いのが一番のメリットです。また、採血用と変わらない大きさの注射器で、バストの下から注射するだけなので、もちろん傷も付きません。施術後の見た目や感触も、豊胸手術を行った場合より自然なのも大きな利点でしょう。

さらに、希望の部分に注入することが出来るので、望みどおりの形や大きさに出来ます。施術も簡単なので、数十分程度で済み、翌日からは普段通りの生活が出来るため、忙しい女性には嬉しいですね。通院もダウンタイムもない豊胸手術はこのヒアルロン酸注入だけでしょう。

しかし、このヒアルロン酸注入にもデメリットがあります。まずひとつは、いくら粒子の荒いヒアルロン酸を注入するとはいえ、体内に吸収されてしまうため、その効果は2年ほどだとされています。しかし実際のところは、1年持てば良しといった感じでしょう。ちなみに吸収されたヒアルロン酸は、少しづつ分解され、水分となって体外に排出されるので心配は要りません。

また、注入の仕方によっては、固くなったりしこりが出来たり、ひどいとデコボコになってしまうというトラブルもあります。これは医者の技量によってかなり違ってくるものです。ヒアルロン酸注入を行っている病院は数多くありますが、設備だけでなく、ヒアルロン酸の質、医者の技術なども、事前によく調べておきましょう。安全性を求めてプチ豊胸を選んでも、後遺症があっては意味がありませんね。

他の豊胸方法よりは、かなり安全で気軽に出来るヒアルロン酸注入ですが、それでもトラブルはあるということを良く理解しておきましょう。事前によく病院を選び、医師とのカウンセリングを十分にすることが大切なのです。

人気の豊胸手術、脂肪注入法の最新技術はすごい!

豊胸手術には、バッグを挿入する方法がありますが、人口のバッグを体内に入れることには抵抗のある方も多いと思います。思いのままのバストを手に入れることは出来ますが、拘縮やバッグの破損などへの不安感や、異物を入れていることへの違和感に悩まされる人も少なくありません。身体にメスを入れる手術ですから、心身ともに傷が残る可能性も覚悟しなければなりませんね。

そこで最近では、バッグ挿入法と並んで脂肪注入法による豊胸手術が人気です。自分の腹や脚から脂肪を吸引し、それをバストに注入するという方法です。気になる部分の痩身効果もあり、何より自分の脂肪を注入するのですから拘縮の心配もありません。注射器で注入するため、傷が残らないのも大きなメリットです。しかし、定着しなかった脂肪が石灰化し、さまざまな弊害を起こすことに大きな問題がありました。

しかし、最新技術の発達により、そういった問題を大幅に軽減した方法も現れたのです。それが「幹細胞脂肪注入」です。吸引した脂肪の半分から、幹細胞だけを抽出し、もう半分の脂肪に混ぜて注入する方法です。幹細胞というのは、いろいろな細胞に変化し、分裂を繰り返して増殖する働きがあるので、注入された幹細胞は、脂肪細胞にも血管細胞にもなります。そのため、注入先のバストで脂肪は増殖し、血管によって生着を促進するのです。ですから往来の脂肪注入法に比べて定着率はアップし、石灰化もかなり軽減されました。
(⇒豊胸手術の最新技術

しかし、それでも石灰化は起こる場合がありますし、この方法では吸引した半分の脂肪しか注入出来ないため、希望通りのバストアップに必要なだけの脂肪を注入するには、倍の脂肪を吸引する必要があり、痩せている人はもちろん、身体へのダメージも大きくなります。そこでさらに改良されたのが「コンデンスリッチ注入」です。

この方法では、吸引した脂肪から、専用のウェイトフィルターによって、外気に触れずに遠心分離に掛け、死活・老化細胞などの不純物を除去します。良質で新鮮な脂肪だけを注入出来るため、生着率が大幅にアップしたのです。その結果、石灰化の危険性もほとんど無くなりました。また、外気に触れずに処理を行えることで、感染症の危険性も軽減されました。

もちろん幹細胞脂肪注入とは違い、新鮮で濃縮した脂肪を注入するので、吸引した脂肪量を無駄なく注入出来るため、身体へのダメージも少なくて済みます。また、生着率が高いことから、バストアップ効果も持続出来るという大きなメリットがあるのです。

このように、最新の脂肪注入法というのは、かなり安全性も高まり、効果も期待出来るようになりました。しかし、それでも100%安全というわけにはいきません。石灰化の可能性もゼロではありませんし、バッグ挿入法ほどの大きさや形は望めない場合もあります。また、吸引部の跡が不自然などの問題も少なくありません。豊胸手術を受ける前には、十分なカウンセリングと病院選びをすることが必要なのです

バストの形も人それぞれ?豊胸手術に望むバストもそれぞれです

女性にとってバストは重要です。ですから、形や大きさに対するコンプレックスも大きく、悩みを持つ方も少なくありません。最近では豊胸手術を受ける人も多いですが、それは大きくするばかりではなく、垂れたバストにハリを戻したいとか、理想の形のバストにしたいといった目的で受ける方も大勢いらっしゃいます。

バストの形も人それぞれで色々ありますが、大きく分けると6種類に分類されます。1つ目は四角型です。いわゆるペタンコの扁平胸でトップとアンダーの差が小さいタイプです。2つ目はおわん型です。おわんを伏せたような形で、小さめで、左右が離れ気味の日本女性に多く見られるタイプです。3つ目は半球型です。ふっくら丸い理想的な形で、胸の高さと底辺がほぼ同じ長さです。

4つ目は円錐型です。上に突き出るように尖った形で、セクシーで理想的なバストです。胸の底辺より高さが高いタイプです。5つ目は釣鐘型です。大きめで下垂しやすい雫型で、円錐型より乳首が下がっているタイプです。6つ目は三角型です。横から見て三角で厚みが無く、垂れた感じです。胸の底辺に比べて高さが低く、乳首が上向きなタイプです。

このように大きく分けただけでも6種類ですが、実際は一人一人大きさも形も違うわけですから、抱える悩みも、理想の形も、本当に数えきれないほどあるといって良いでしょう。こうしたバストの形は、大胸筋を鍛えたり、ブラジャーで矯正することで、かなりカバーすることが出来ますが、やはり理想的な形にしたいのであれば、豊胸手術に勝るものはないといえます。

豊胸手術では、バッグ挿入法でも脂肪注入でも、大きさに限らず形を整えることが出来ます。また、乳房を釣り上げる美容整形もありますし、ヒアルロン酸注入など、手軽に出来るプチ豊胸でも形の改善は出来るでしょう。

もちろん手術ですから、リスクもあり、全く安全なものではありませんが、バストに対するコンプレックスが大きく、それが原因で前向きになれないのであれば、こうした豊胸手術によって、バストの形を改善するのも良いかもしれません。ただし、後悔をしないよう、受ける前にメリット・デメリットを十分に考えてみる必要があります。
(⇒豊胸手術におけるメリット
(⇒豊胸手術におけるデメリット

意外に多い陥没乳頭は手術でキチンと治しましょう

女性のバストの悩みは大きさだけではありません。見た目の美しさに対しての悩みも色々あるのです。その中のひとつに、乳頭や乳輪の大きさ・形・色などの悩みがあります。中でも良くあるのが陥没乳頭です。バストに比べて乳頭の発達が不十分である場合に起こるといわれていますが、乳頭が乳輪に埋もれてしまっている状態です。

先に突き出ていないため、見た目に美しくないうえ、陥没部分にバイ菌がつきやすく、乳頭周囲炎(乳管や乳腺の炎症)を起こしやすいのです。さらに、授乳の際に障害があるので、治さねばなりません。

この陥没乳頭は、軽度であればマッサージなどの刺激や搾乳機などの吸引によって治りますが、それでも治らない重度なものには手術が必要です。この手術は乳管を傷つけないよう乳頭を引き上げるものです。

具体的には、乳頭周囲を何か所か切開をし、繊維の引きつれを丁寧に剥がしながら乳腺を傷つけないよう乳頭を引き上げます。そして乳頭が突出した状態で乳頭の付け根を糸で固定し、縫合します。この状態が固定されるよう、しばらく器具で固定し、キャップで保護して終了です。

手術時間は30~1時間程で、1週間で抜糸、1カ月ほどで完治します。入院は不要で、手術当日から普段通りの生活が出来ます。費用は病院によって違いはありますが、30~40万円ほどでしょう。術後は抜糸の他、数回通院する必要があります。

この手術を受けるにあたって大事なのは、乳管を傷つけないようにすることです。乳管が切れてしまうと、授乳が出来なくなってしまうので、乳管をつなげる再手術を受けることになってしまいます。そうならないよう、医師の技術を確認してから受けましょう。

また、術後は何かと不安も多いものです。乳腺炎などの定期検診も行ってくれるような、アフターケアが整った病院を選ぶことも重要です。時間も短い手術ですから、簡単に考えがちですが、乳管は女性にとって大切なものです。決して傷つけないで済むように、慎重にカウンセリングを行って、納得をしたうえで受けるようにしましょう。

バストの美容整形で美しく!豊胸だけでないバストの手術とは

美容整形は、今や多くの女性が前向きになるために活用されているものとなっています。目・鼻・口元・フェイスラインなどの顔の整形はもちろん、しみ・たるみ・しわなどのアンチエイジングや痩身、レーザー脱毛、プチ整形など、女性にとって魅力的なものがたくさんありますね。

そしてその美容整形の一つとして、バストの美容整形があります。その最も有名なものとしては、豊胸手術がありますね。主にはシリコンバッグ挿入や脂肪注入による豊胸や、ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸などがあり、大変に人気があるものです。

しかし、バストの悩みには、小さいというだけでなく、様々なものがあります。女性にとってバストはシンボルでもありますから、大きさだけでなく、美しさにもこだわりが大きいのもうなずけますね。ですから、バストの美容整形は豊胸手術に限りません。

では、他にどんなものがあるかといえば、まず「バスト形成」です。これは、大きくするのではなく、垂れたバストを吊り上げるものです。授乳や加齢で垂れてしまったバストをリフトアップし、若々しいバストにしてくれます。

他には乳頭や乳輪の美容整形があります。まず「乳頭・乳輪形成」といって、乳頭が埋まっている場合に、改善するものです。また、「乳頭・乳輪縮小」といって、乳頭・乳輪を小さく整えるものや、「乳頭・乳輪美白」といって、乳頭・乳輪の黒ずみを除去するものもあります。また他には、乳頭・乳輪にあるブツブツ(モンゴメリー線)を除去するといったものもあります。

このように、女性には人には言えないバストに関する様々な悩みがあり、それを改善してくれる美容整形があるのです。もちろん身体にメスを入れるものもあり、どれもが100%安全ではありませんが、こうした整形で前向きに人生を考えられるようになるのであれば、その効果は大変大きく有意義なものかもしれません。
(⇒豊胸手術における失敗

しかし、どんな美容整形においても、必ず事前にしっかり病院を選び、カウンセリングを十分に行って、後悔の無いように受けることが大切です。

日本でも海外でも芸能人の豊胸手術は当たり前!?

美しさへの意識が強い韓国では、整形と同様、豊胸手術を受ける人はとても多いですね。それは、美しくあり続けなければならない芸能人にもいえることです。豊胸率の高い韓国のシンガーや女優さんは、かなり多くの人が手術を受けているといわれています。また、韓国に限らず、ハリウッドスターを始めとする海外の有名なシンガーや女優さん方も豊胸手術をしたとみられる方々が大勢います。

有名なのが、人気抜群のビヨンセやクリスティーナ・アギレラ、ジャネット・ジャクソンなどの女性シンガーですが、その他、ハリウッド女優の多くに疑惑が持たれています。日本でも、叶姉妹を筆頭に、ほしのあきなどが有名ですね。グラビアアイドルなどでは、豊胸手術は、もはやほとんどの人が受けているといわれています。

ここで、海外と日本の違いはというと、海外の芸能人は、人気絶頂の時に整形や豊胸手術を受け、さらに美を高めていますが、日本の場合は、人気の出る前、または人気が落ちた時に手術を受ける芸能人が多かったのです。

これは、やはりまだ日本では、整形や豊胸手術が当たり前とはなっておらず、隠れてするといったイメージがあるからでしょう。しかし、最近では豊胸手術を受ける女性も増え、芸能人においても、AKB48のメンバーが豊胸しているのはよく挙げられるところですし、一番新しいところでは、人気女優の上戸彩が豊胸したといわれていますね。これは、日本でも豊胸手術の認知度が上がってきたためだといえるのではないでしょうか。

このように、皆が憧れるキレイな芸能人も、それぞれがさらに美しくありたいと豊胸手術を受けています。バストの小さい女性が悩み、大きくしたいと思うのは当然ですね。しかし、いくら多くの芸能人が受けているからといっても、豊胸手術は決して100%安全なものではありません後遺症や、バストの不自然さなどのリスクも頭に入れ、十分な病院選びとカウンセリングをしてから行うようにしなければならないでしょう。

豊胸するならやっぱり韓国?費用と技術のプラスとマイナスは!?

日本でも最近では豊胸手術を受ける女性も増え、罪悪感や後ろめたさといったものを持つこともなくなりましが、さらにオープンなのは、なんといっても韓国でしょう。韓国では整形手術や豊胸手術が盛んで、多くの女性が気軽に受けているのが実情です。その背景には、韓国人の美への意識の高さが大きく関係しているといえます。

美しくあることが良い事であるという意識の強い韓国では、卒業・入学・就職といった人生での転機において、整形や豊胸をする女性が数多くいます。特に面接などの前には、当たり前のように受ける人も多く、こうした転機や記念日のお祝いに、プレゼントとして豊胸手術を贈ることも珍しくありません。

こうした気軽に受けるイメージからか、韓国での豊胸手術を受ける際には、日本の病院ほどのカウンセリングが行われない場合も多く、説明が不十分である病院もあります。ですから、技術や経験が高い医師が多くても、手術後にトラブルとなることも多いのです。特に、後遺症に対しての説明が少ないのが目立つでしょう。

しかし、何といっても費用が安いため、日本からも多くの女性が豊胸手術のため、韓国を訪れます。韓国までの旅費を込みにしても、日本で受けるよりもかなり安いのです。整形外科の数も大変多く、ガイドブックにも「日本語OK」と書かれてある病院があるほど、近年、日本から整形や豊胸のために韓国へ行く女性は多く、そういった目的のツアーまで組まれているほどです。

では、韓国で豊胸手術するメリットとは一体なのでしょうか。まず費用の安さはもちろんですが、やはり手術が盛んな国なため、病院や医師が多く、経験や技術が豊富だということが挙げられます。また、旅行で数日間出掛けるという目的があるため、周囲の人に手術を受けたことを知られにくいということもあるでしょう。

そうしたメリットとは反対に、大きなデメリットもあります。豊胸手術はアフターケアがとても大切です。バッグを挿入した後に十分なマッサージなどを施さないと、カプセル拘縮が起きてしまいますし、また術後の傷跡の処置にも数週間掛かるものです。本来なら何度か通院して経過を診てもらうものですが、それが出来ないのは不安も大きいのではないでしょうか。身体を十分に休めることなく日本に帰って来なくてはならないのも、身体にはダメージがあるでしょう。

また、万が一医療ミスや、術後のトラブルなどがあった場合が大変です。保険は適応されないため、損害賠償請求をすることになりますが、もちろんその場合、韓国の裁判所に請求する事になります。距離も遠く、言葉も通じない場所でのこうした問題は、とても深刻でしょう。

このように、韓国で豊胸手術を受けるには、術後のトラブルにおいての覚悟も必要です。すぐに対処してもらえないのは、術後の身体にとって大きな不安と負担を抱えることになってしまいますから、安いからと気軽な気持ちで受けることは避けましょう。

2 / 212