光豊胸の方法と効果について

身体に優しい光豊胸の効き目はいかに?その実態を知りたい!

豊胸手術を受けるには、ダウンタイムや費用、手術や術後への不安などがあり、なかなか踏み出せないものだと思います。そこで最近人気なのが、ヒアルロン酸注入に代表されるプチ豊胸といわれる豊胸法です。身体にメスを入れることなく、安全性が高いプチ豊胸は、豊胸手術ほどの効果は望めなくても、安心して受けられるという最大のメリットがあるのです。

そうしたプチ豊胸の中でも、バストに光を当てるだけの光豊胸なら、さらに身体への副作用も無く安心です。光豊胸に使用する光豊胸機(IBE)は、遠赤外線から可視光線、近赤外線に至るまで、幅広い波長を持つ最新機械です。波長の長い新しい光である近赤外線をバストに当てることで、豊胸を促します。

この近赤外線というのは、太陽光線にも含まれる害の無いものであり、物体に吸収されやすいという特徴を持っています。これをバストに当てると、乳房内の組織液浸透圧を下げ、脂肪細胞のひとつひとつを活性化して膨張させ、体積を増やします。これが光豊胸のしくみなのです。

また、この光を当てることで、血液・リンパの流れが促進され、女性ホルモンを活発化してくれるため、豊胸においてダブルの効果があるのです。また、バストを支えているクーバー靭帯を強化してくれるため、バストアップとハリをもたせる効果もあります。そして、新陳代謝を活発にしてくれることから、バストの美肌効果も満点で、美しいバストに仕上げてくれるのです。

このように光豊胸では、身体に傷を付けずに、美しく自然に豊胸が出来るという大きなメリットがあります。しかし、脂肪細胞を膨張させて豊胸する為、もともと乳房内の脂肪が少ない人には効果が薄いでしょう。また、一回光を当てただけでは、望み通りのサイズにはなりません。何回も通うことになります。

すぐに効果が出ないことと、2カップ以上のサイズアップが出来ないのが、この光豊胸の最大のデメリットだと言えるでしょう。また、豊胸効果も数カ月しか持続しない場合もあります。徐々にバストアップしていくので、持続期間も長めな印象を受けますが、実際にはあまり長い効果は期待出来ないことが多いのです。

また、費用の面では、豊胸手術に比べると格段に安いイメージがありますが、一回の施術に約1万円が相場です。大体10回ほど通わないと効果が出ないので、平均10万円掛かると思ってください。そして、効果が無くなり何回も受けるとなると、あまり安いとはいえないでしょう。

しかし、副作用のないことと、あらゆる効果が期待出来ることを考えると、安全性の高いこの光豊胸はおすすめかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加