様々なインプラントの種類について

種類豊富なインプラントで自分に合った豊胸手術を

豊胸手術には、大きく分けてバッグ挿入法と脂肪注入法がありますが、このバッグを挿入することをインプラントと呼びます。豊胸手術をお考えになった方なら、耳にされたことのある名前だと思います。このインプラントも大きく分けると、生理食塩水バッグシリコンバッグに分かれ、さらにバッグの形や素材、挿入場所や挿入法も色々あります

生理食塩水の特徴は、何といってもバッグの中身が流出しても身体に害がないという安心感でしょう。そして、バッグを入れてから中身を注入する為、入れながら形や大きさを調整出来ます。しかし、バッグが破損しやすいという欠点があります。シリコンジェルは中身が人工物であるという不安感がありますが、コヒ―シブシリコンなどの中身が流出しにくいものが開発され、さらに3重構造のコーティング膜のものなど、流出の危険が軽減されました。

バッグの形にはお椀型であるラウンド型と、釣鐘型であるアナトミカル型の2つが主流で、タレやハリが足りない日本人のバストには、ラウンド型が適しているといわれます。また、表面素材にも2種類あり、ツルツルのスムースタイプとザラザラのテクスチャードタイプがあります。スムースタイプは挿入しやすいものの、拘縮が起きやすいのが欠点です、テクスチャードタイプは挿入しにくいですが、周りの組織との適合性が良く、拘縮が起こりにくい長所があります。

また、インプラントの挿入場所も主に2通りあります。乳腺下と大胸筋下です。もともと乳腺が発達していて、授乳などでタレやハリが気になる場合に適しています。身体への負担は少ないですが、バッグの形が外に出やすいという欠点があります。大胸筋下は、乳腺の発達していない人向けですが、大胸筋と小胸筋を剥がして挿入する為、組織に傷が付くなど身体へのダメージが大きいのが欠点です。しかし筋肉の下に入れるため、見た目や感触の良さはこちらが圧倒的に自然です。

そして、挿入する際の切開場所もまた2通りで、脇の下とバストの下 があります。今では傷跡が目立たない脇の下から入れる場合がほとんどで、最新の挿入機器として、「The Keller Funnel」があります。非接触により、完全滅菌で挿入が行えるこの器具により、さらに傷も小さくて済むようになりました。

このように、インプラントのバッグや挿入方法は様々で、技術の発達によりかなり危険性も軽減されましたが、やはり大きなデメリットとして、拘縮やバッグの破損は免れません。人工物への拒絶反応としての拘縮や、寿命などによる破損は、ほとんどの場合に起こるものだと思って下さい。そして、そうした場合のバッグの取り出しも、決して簡単なものではないことも、よく知っておきましょう。

バッグは周りの組織と癒着してしまうため、取り出すには、高い技術を要します。組織を傷つけないように取り出さねばなりませんし、それには再び身体にメスを入れ、傷を付けることになるのです。重なる手術は、身体へのダメージもかなり大きいとお考えください。

インプラントは、理想通りの形・大きさのバストをすぐに手に入れられるという嬉しい豊胸手術ですが、こうした危険性もよく理解したうえで、信頼出来る病院・医師を選んで行いましょう。
(⇒豊胸手術に大切な病院選び

このエントリーをはてなブックマークに追加