ハイブリッド豊胸とは

バッグ挿入+脂肪注入!?ハイブリッド豊胸で自然な仕上がりを!

女性らしい豊かなバストは誰もが憧れるものです。特に、痩せていてバストの小さい女性にとっては、美しいバストラインはとても魅力的でしょう。バストにコンプレックスを持っている方には、一般的に痩せ型の人が多い傾向があります。

しかし、痩せ型の人が豊胸手術をする場合、バッグ挿入法だとバストだけが強調されてしまい、不自然になったり、バッグの輪郭がくっきりわかってしまう場合があります。また、脂肪注入法においても、吸引できる脂肪が少なく、身体への負担も大きいうえに、思い通りのバストアップが出来ません。

そこで、そういった痩せ型の女性に最適な豊胸手術として生まれたのがハイブリッド豊胸です。このハイブリッド豊胸というのは、バッグ挿入法と脂肪注入法を合わせたものです。挿入したシリコンバッグの輪郭が目立つ部分に脂肪を注入して、自然な仕上がりにする豊胸法なのです。

まず乳腺下にシリコンバッグを挿入し、輪郭が目立ったり不自然な場合に、部分的に脂肪を注入します。注入する脂肪は、定着率の高い脂肪幹細胞で、自分のお腹や脚から吸引した脂肪から脂肪幹細胞を抽出して行います。豊かなバストに憧れる痩せ型の女性にとっては、大変嬉しい豊胸手術ですね。

しかし、二つの手術法を合わせたものですから、こうした良い部分だけでなく、両方の手術におけるデメリットも併せ持つことを理解しましょう。バッグを挿入した場合の拘縮や破損、脂肪を注入した場合の石灰化によるしこりや壊死といった問題を、両方抱えることになります。
(⇒豊胸手術によるデメリットとは

見た目が自然で魅力的なバストを手に入れても、術後の危険や不安が大きくては前向きになれませんね。ですから、手術を受ける前には、医師との十分なカウンセリングを行い、ある程度のデメリットも覚悟しましょう。その上で、それでもバストが小さいことによるコンプレックスが大きいのであれば、こうした豊胸手術を受けるのも良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加