ホルモン注射の効果と危険性

ホルモン注射は効果がある?その安全性も知りたい!

豊胸手術といえるかどうかは微妙ですが、ホルモン注射によって豊胸をする方法もあります。文字通り女性ホルモンを注射するだけです。女性ホルモンは乳腺の働きを活発にしてくれるため、その乳腺を保護する脂肪がしっかりつき、バストが大きくなります。また、バストだけでなく、全身が女性らしい身体つきになるのです。

しかし、ホルモン注射をしたからといって、急激にバストアップをすることは出来ません。効果も人それぞれですが、継続して行ううちに、徐々に大きくなっていくのです。もちろん継続を止めてしまえばまた戻ってしまうので、打ち続けなければいけないという面倒さがあります。また、乳がんや心筋梗塞などの副作用も出やすいことから、最近では病院でも避ける傾向にある豊胸法です。

どちらかというとホルモン注射は、豊胸目的というよりは、ニューハーフや性同一性障害も持つ人への専門的な治療に活用されるものです。また、更年期の治療などにも役立っています。

もちろん注射を打つだけですし、女性ホルモンを活発にすることで、他にも様々な効果が期待出来ます。ストレスや不規則な生活で乱れたホルモンを整えることで、貧血・肌荒れ・生理不順などが解消されるでしょう。しかし、副作用が大きいホルモン注射を受け続けることは、決して身体に良いとはいえません。

もし女性ホルモンを補うのであれば、食生活やサプリメントで補うのが一番です。そして、希望通りの豊胸を望むのであれば、バッグ挿入・脂肪注入・ヒアルロン酸などの豊胸手術を受けた方が効果はあります。もしホルモン注射を選ぶのであれば、その危険性も良く理解し、医師との十分な相談の元、行うようにください。

このエントリーをはてなブックマークに追加