脂肪注入法による豊胸手術

人気の豊胸手術、脂肪注入法の最新技術はすごい!

豊胸手術には、バッグを挿入する方法がありますが、人口のバッグを体内に入れることには抵抗のある方も多いと思います。思いのままのバストを手に入れることは出来ますが、拘縮やバッグの破損などへの不安感や、異物を入れていることへの違和感に悩まされる人も少なくありません。身体にメスを入れる手術ですから、心身ともに傷が残る可能性も覚悟しなければなりませんね。

そこで最近では、バッグ挿入法と並んで脂肪注入法による豊胸手術が人気です。自分の腹や脚から脂肪を吸引し、それをバストに注入するという方法です。気になる部分の痩身効果もあり、何より自分の脂肪を注入するのですから拘縮の心配もありません。注射器で注入するため、傷が残らないのも大きなメリットです。しかし、定着しなかった脂肪が石灰化し、さまざまな弊害を起こすことに大きな問題がありました。

しかし、最新技術の発達により、そういった問題を大幅に軽減した方法も現れたのです。それが「幹細胞脂肪注入」です。吸引した脂肪の半分から、幹細胞だけを抽出し、もう半分の脂肪に混ぜて注入する方法です。幹細胞というのは、いろいろな細胞に変化し、分裂を繰り返して増殖する働きがあるので、注入された幹細胞は、脂肪細胞にも血管細胞にもなります。そのため、注入先のバストで脂肪は増殖し、血管によって生着を促進するのです。ですから往来の脂肪注入法に比べて定着率はアップし、石灰化もかなり軽減されました。
(⇒豊胸手術の最新技術

しかし、それでも石灰化は起こる場合がありますし、この方法では吸引した半分の脂肪しか注入出来ないため、希望通りのバストアップに必要なだけの脂肪を注入するには、倍の脂肪を吸引する必要があり、痩せている人はもちろん、身体へのダメージも大きくなります。そこでさらに改良されたのが「コンデンスリッチ注入」です。

この方法では、吸引した脂肪から、専用のウェイトフィルターによって、外気に触れずに遠心分離に掛け、死活・老化細胞などの不純物を除去します。良質で新鮮な脂肪だけを注入出来るため、生着率が大幅にアップしたのです。その結果、石灰化の危険性もほとんど無くなりました。また、外気に触れずに処理を行えることで、感染症の危険性も軽減されました。

もちろん幹細胞脂肪注入とは違い、新鮮で濃縮した脂肪を注入するので、吸引した脂肪量を無駄なく注入出来るため、身体へのダメージも少なくて済みます。また、生着率が高いことから、バストアップ効果も持続出来るという大きなメリットがあるのです。

このように、最新の脂肪注入法というのは、かなり安全性も高まり、効果も期待出来るようになりました。しかし、それでも100%安全というわけにはいきません。石灰化の可能性もゼロではありませんし、バッグ挿入法ほどの大きさや形は望めない場合もあります。また、吸引部の跡が不自然などの問題も少なくありません。豊胸手術を受ける前には、十分なカウンセリングと病院選びをすることが必要なのです

このエントリーをはてなブックマークに追加