豊胸手術を受ける芸能人の増加

日本でも海外でも芸能人の豊胸手術は当たり前!?

美しさへの意識が強い韓国では、整形と同様、豊胸手術を受ける人はとても多いですね。それは、美しくあり続けなければならない芸能人にもいえることです。豊胸率の高い韓国のシンガーや女優さんは、かなり多くの人が手術を受けているといわれています。また、韓国に限らず、ハリウッドスターを始めとする海外の有名なシンガーや女優さん方も豊胸手術をしたとみられる方々が大勢います。

有名なのが、人気抜群のビヨンセやクリスティーナ・アギレラ、ジャネット・ジャクソンなどの女性シンガーですが、その他、ハリウッド女優の多くに疑惑が持たれています。日本でも、叶姉妹を筆頭に、ほしのあきなどが有名ですね。グラビアアイドルなどでは、豊胸手術は、もはやほとんどの人が受けているといわれています。

ここで、海外と日本の違いはというと、海外の芸能人は、人気絶頂の時に整形や豊胸手術を受け、さらに美を高めていますが、日本の場合は、人気の出る前、または人気が落ちた時に手術を受ける芸能人が多かったのです。

これは、やはりまだ日本では、整形や豊胸手術が当たり前とはなっておらず、隠れてするといったイメージがあるからでしょう。しかし、最近では豊胸手術を受ける女性も増え、芸能人においても、AKB48のメンバーが豊胸しているのはよく挙げられるところですし、一番新しいところでは、人気女優の上戸彩が豊胸したといわれていますね。これは、日本でも豊胸手術の認知度が上がってきたためだといえるのではないでしょうか。

このように、皆が憧れるキレイな芸能人も、それぞれがさらに美しくありたいと豊胸手術を受けています。バストの小さい女性が悩み、大きくしたいと思うのは当然ですね。しかし、いくら多くの芸能人が受けているからといっても、豊胸手術は決して100%安全なものではありません後遺症や、バストの不自然さなどのリスクも頭に入れ、十分な病院選びとカウンセリングをしてから行うようにしなければならないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加