豊胸手術の平均費用と信頼性について

費用の差は技術の差?豊胸手術は値段より中身が重要

バストを大きくするには、豊胸手術に勝るものはありません。小さいバストで悩む女性にとっては、多少のリスクはあっても、前向きになるために必要な場合があります。しかし、リスクだけでなく、豊胸手術には高額な費用も掛かります。これも大変気になるところではないでしょうか。

豊胸手術といっても、その種類によって費用ももちろん違います。まずバッグ挿入法の場合では、生理食塩水バッグ挿入の場合は、平均70万円ほど、シリコンバッグでは平均80万~100万円ほどです。シリコンバッグの場合は、最新のソフトコヒ―シブバッグやエンジェルバッグなどだと高額になるため、このように費用にも開きがあるのです。

次に、脂肪注入法の場合ですが、ごく普通の手術の場合ですと、脂肪吸引に平均30~40万円、脂肪注入に30~40万円ほどで、大体平均50万円ほどです。しかし、最新の脂肪幹細胞注入法やコンデンスリッチ豊胸では、技術料が掛かるため、脂肪注入と併せて平均100万~150万ほど掛かります。これも注入法による技術の違いで開きがあります。

そしてヒアルロン酸注入の場合は、1ccあたりのヒアルロン酸の量で費用が設定されていて、大体5000円ほどです。1カップアップするのには、だいたいの目安で方胸50ccが必要なので、両胸で100cc、つまり平均50万ほど掛かります。

もちろんこれらはあくまで平均です。病院によって価格は驚くほど違うので、色々な病院をよく比較検討する必要があります。それは、この価格にアフターサービスが含まれているのかいないのかによって、費用の高い安いよりも信頼性の高い低いが分るからです。あらかじめアフターサービスも保証している病院は、それだけ技術に自信があるといえます。

また、実際に手術を受けてから、あれやこれやと追加料金が掛かる場合もあります。手術を受ける前に、こうした細かい費用についてもよくカウンセリングを行うことが大切です。豊胸手術は身体にも心にも大きな不安や負担が掛かるものですから、せめて費用の面でのトラブルは避けたいところですね。

費用の違いは、その病院の設備や技術によって違ってきます。同じ手術を受けるなら、少しでも安い所で受けたい気持ちはわかりますが、値段の違いが技術や信頼性の差であるとしたら、単に費用の安さで決めるのは危険です。幾つかの病院でよくカウンセリングをし、納得した上で病院を選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加