コンデンスリッチ豊胸とは

脂肪注入の最先端コンデンスリッチで安全安心な豊胸を

豊胸手術はしたいけれど、人口バッグを挿入するのに抵抗や不安のある方にとって、自分の脂肪を注入出来る脂肪注入法はとても魅力的だと思います。しかし、往来の脂肪注入や脂肪幹細胞注入では、定着率も低く、生着しなかった脂肪が石灰化し、しこりや壊死を発生させてしまう危険がありました。もちろん生着しない脂肪が多ければ、豊胸効果も少なくなってしまいます。

しかし、最近医療の発達によって、約80%の脂肪定着率を可能にしたコンデンスリッチ豊胸法というものが開発されました。これは、採取した脂肪を外気に触れずに遠心分離し、死活・老化細胞などの不純物を除去してバストに注入する方法です。このコンデンス(濃縮)技術で生成された新鮮なコンデンスリッチファット(濃縮脂肪細胞)だけをバストに注入するため、高い定着率を実現出来るようになったのです。

この濃縮技術は、ウェイトフィルターによるもので、吸引した脂肪に圧力を加えることによって、死活細胞だけでなく老化細胞まで取り除き、通常の遠心分離より強く健全な細胞のみを抽出出来ます。さらにフィルター内で外気に触れずにプロセスを行えることで、感染症の危険も削減されました。現在このコンデンスリッチファット(CRF)を抽出する機器(LIPOMAX-SC)は、FDAの認可を受けた唯一の技術であり、「日本医療脂肪幹細胞研究会CRF協会」に認可を受けた医師のみが施術可能です。

このコンデンスリッチ豊胸では、吸引した脂肪を最大限に活かせるため、身体への負担も軽く、ダウンタイムも短縮されました。そして定着率のアップによって、しこりや壊死の危険性がかなり無くなり、豊胸効果も半永久的とされています。そしてこの濃縮技術により、施術時間も往来の脂肪幹細胞の半分以下となり、約2時間半で可能となりました。
(⇒豊胸手術における施術時間

このように、最先端の脂肪注入法では、安全性も効果もかなり高くなったため、バッグを除去してコンデンスリッチ豊胸を受け直す方もいらっしゃいます。しかし、いくら安全性が高まったとはいえ、100%万全というわけではありませんし、この先何年後かの効果はまだわかりません。まずは機器や医師の認可をよく確認して病院を選び、十分なカウンセリングを受けてから臨むようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加