豊胸手術

なんといってもイソフラボンはバストアップには欠かせない栄養素です

バストアップ効果というと、まず一番に思いつく成分にイソフラボンがあるのではないでしょうか。女性ホルモンを補ってくれる成分として、さまざまな化粧品や健康食品に利用されているので、ご存知の方も多いでしょう。イソフラボンというのは、大豆や葛などのマメ科の植物に主に含まれる天然フラボノイド成分です。

配糖体であるイソフラボンは、体内に摂り込まれると、腸において糖が分離して吸収されます。ひとくちにイソフラボンといっても、色々な種類があるのです。このイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た構造をしていて、同様の働きをしてくれますが、その種類によっては、効用が現れない人もいるため、誰にでも同じような効き目があるとは限りません。

イソフラボンで一番有名なのは大豆イソフラボンですね。女性ホルモンの働きをしてくれるので、女性らしい身体つき=バストアップに効果があり、肌にハリとつやを与えてくれます。また、女性特有の更年期障害や骨粗鬆症、乳がんなどの抑制にも効果があるため、女性には欠かせない栄養素なのです。

また、女性ホルモンを活発にすることで、乳腺が発達し、バストの脂肪が増え、バストアップをすることが出来ます。これが、イソフラボンがバストアップ効果で名高い最大の理由なのです。

イソフラボンは、その他にも血行を促進したり、善玉コレステロールを増やし、脂質代謝を活発にするといった効果があり、バストアップだけに限らず、美容と健康に大きな働きをする頼もしい栄養素です。

イソフラボンを豊富に含む食べ物はもちろん大豆ですが、大豆を使った味噌・醤油・豆腐・豆乳・納豆などが代表的です。どれも日本人の食卓には欠かせないものばかりなので、毎日キチンと食事を摂っていれば、十分に補えます。忙しくて食事を作れない方でも、納豆や豆腐ならそのまま食べられますし、豆乳を毎日飲む習慣を付けるだけでも効果が高いでしょう。
(⇒バストアップに効果的な大豆製品

サプリメントなどで過剰に摂取するまでもなく、食べ物から十分にイソフラボンを摂って、バストアップはもちろん、女性に嬉しい効果を期待しましょう。

お肌のためだけじゃない!?コラーゲンはバストアップにも強力です

バストアップに欠かせない栄養素といえばタンパク質ですね。そしてそのタンパク質の20~30%を占める成分として、コラーゲンがあります。お肌をプルプルに保つという効果があって、化粧品や健康食品などでよく目にされていることだと思います。そしてこのコラーゲンは、タンパク質の中でもバストアップにひときわ効果を発揮しているのです。

コラーゲンというのは、人の真皮・靭帯・腱・骨・軟骨などを構成・形成しています。そして細胞と細胞をくっつけて繋げる働きがあります。細胞に働きかけ、活性化してくれるので、肌の真皮部分に存在するコラーゲンでは、肌を支え、弾力を生みます。これが肌をプルプルにする秘密なのです。もちろんこうした肌に水分・ハリ・つや・弾力を与える働きによって、バストアップ効果も抜群です。

また、靭帯に存在するコラーゲンでは、バストの大胸筋・乳腺・脂肪を支えるクーパー靭帯の強化に働きかけ、バストアップに大きな役割を果たします。クーパー靭帯は、コラーゲン線維の組織の束ですから、コラーゲンを十分に摂ることで、切断などを防止し、バストをしっかりキープしてくれるでしょう。

他にもコラーゲンは、細胞と細胞のつなぎ目ですから、関節をスムースにする働きがありますし、細胞の活性化によって、身体を若く保つ働きがあります。バランスの良い食事によって、体内で合成出来ますが、その際にビタミンCを必要とするので、一緒に摂ると効果的です。

コラーゲンを豊富に含む食べ物としては、鶏肉・牛すじ・豚肉・ゼラチン・ゼリー・ふかひれ・えいひれ・アナゴ・うなぎ・あわび・さんま・サバなどがあります。動物性の食品に多く含まれるといって良いでしょう。

食事や加齢によって体内での合成力が衰え、コラーゲンが不足すると、しみ・しわ・たるみ・関節、骨の痛みといった症状があらわれます。女性にとっては大変深刻な悩みですね。ですから、日頃からコラーゲンたっぷりの食事を心掛け、いつまでも若々しく、ハリのあるバストを保ちましょう。

姿勢を正してバストアップ効果を最大限に活かしましょう!

バストアップを自分で実践するためには、食事や運動などの方法がありますが、常に気を付けたいのが姿勢です。実は、姿勢はバストアップと大きく関わりがあるのです。姿勢が悪いというと、まず浮かぶのは猫背ではないでしょうか。猫背だと、胸郭が歪み、左右のバランスも悪くなるため、バストも左右がアンバランスになり、美しいバストを維持出来ません。
(⇒バストアップのための食事
(⇒バストアップのための運動

また、何より猫背によって大胸筋が縮んだ状態が続けば、大胸筋が衰えてバストは下垂し、ハリもなくなってしまいます。こうした骨の歪みや筋肉の収縮は、血流を妨げ、血行不良の原因にもなります。もちろんバストの血流が悪ければ、栄養も行き届かなくなり、乳腺も衰えてしまいます。つまりバストの脂肪も減り、小さくなってしまうのです。

さらに、こうした血行不良によって、女性ホルモンの分泌も低下してしまうため、バストにとってはますます悪影響を及ぼしてしまうでしょう。ですから、バストアップをするには、まず姿勢を正すことから始めることが大切です。第一に、背筋を伸ばし胸を張りましょう。背中とお尻とかかとが一直線になった状態が理想です。普段から常に意識を持って、気付いたらすぐに姿勢を正しましょう。

正しい姿勢を保つ事で、大胸筋が鍛えられ、バストにハリを与え、キレイな形を保つ事が出来ます。また、腹筋などの筋肉も強化されるため、内臓の働きも活発になり、基礎代謝もアップするでしょう。そうすれば女性ホルモンの分泌も活発化し、さらにバストアップ効果が上がるというわけです。

バストが小さいと、どうしてもそれを隠そうと猫背になりがちです。しかし、バストアップを目指すのであれば、食事や運動などのバストアップ法の実践と共に、普段の姿勢を正しくし、その効果を最大限に活かせるようにすることが大切なのです。

大胸筋の役目は手術だけじゃない!?豊胸には欠かせない筋肉です

豊胸に興味をお持ちの方であれば、「大胸筋」という名前をお聞きになったことがあると思います。豊胸手術でバッグを入れる際にも、乳腺下に入れる方法と、大胸筋下に入れる方法があります。ある程度乳腺が発達し、バストに脂肪がある人は乳腺下にバッグを入れますが、痩せ形で、バストに脂肪が少ない人には、大胸筋下に入れる方法が適しています。

筋肉の下にバッグを入れるので、バッグの輪郭が外に出にくく、感触も筋肉に触れるので自然です。しかし、大胸筋と小胸筋を]R離して入れるため、かなりの痛みがあるのと、組織が破損しやすいという欠点があります。

この大胸筋というのは、バストを支えている胸の筋肉です。豊胸手術の時だけでなく、バストアップにはとても大切な筋肉なのです。姿勢が悪かったり、授乳後であったり、年齢に伴ってこの大胸筋が緩むと、バストが垂れたり、ハリが無くなったりしてしまいます。

ですから、この大胸筋を鍛えることによって、バストアップをすることが出来ます。具体的に大胸筋を鍛える方法としては、まず腕立て伏せがあります。5回ほどで良いので毎日続けて行いましょう。腕立てがキツイ方は、膝を立てた状態や、テーブルに手を付いた状態で行ってみましょう。

また、代表的な運動としては、胸の前で両手を併せて肘を張り、両手のひらを強く押しつけます。この状態を5秒ほどキープしてゆっくり緩めましょう。これも5回ほど行って下さい。他には、ダンベル体操も効果的です。ダンベルを両手に持ち、前かがみになって腕をゆっくり水平になるまで持ち上げます。これも5~10回出来れば最適です。

こうした運動によって大胸筋を鍛えることで、バストの垂れを防ぎ、ハリを保つことが出来ます。豊胸手術で身体に傷を付けてしまう前に、まずはこの大胸筋を鍛えてみてはいかがでしょう。毎日無理なく出来る運動ですし、何より家で気軽に出来ます。
(⇒自分で簡単に出来る豊胸法

もちろん普段から猫背にならぬよう、姿勢を正しく保つことも、大胸筋を緩めないためには大切です。生活習慣や食生活の改善に加えて、大胸筋を鍛えることは、自然に安全にバストアップが出来る最強の豊胸法でしょう。

ホルモン注射は効果がある?その安全性も知りたい!

豊胸手術といえるかどうかは微妙ですが、ホルモン注射によって豊胸をする方法もあります。文字通り女性ホルモンを注射するだけです。女性ホルモンは乳腺の働きを活発にしてくれるため、その乳腺を保護する脂肪がしっかりつき、バストが大きくなります。また、バストだけでなく、全身が女性らしい身体つきになるのです。

しかし、ホルモン注射をしたからといって、急激にバストアップをすることは出来ません。効果も人それぞれですが、継続して行ううちに、徐々に大きくなっていくのです。もちろん継続を止めてしまえばまた戻ってしまうので、打ち続けなければいけないという面倒さがあります。また、乳がんや心筋梗塞などの副作用も出やすいことから、最近では病院でも避ける傾向にある豊胸法です。

どちらかというとホルモン注射は、豊胸目的というよりは、ニューハーフや性同一性障害も持つ人への専門的な治療に活用されるものです。また、更年期の治療などにも役立っています。

もちろん注射を打つだけですし、女性ホルモンを活発にすることで、他にも様々な効果が期待出来ます。ストレスや不規則な生活で乱れたホルモンを整えることで、貧血・肌荒れ・生理不順などが解消されるでしょう。しかし、副作用が大きいホルモン注射を受け続けることは、決して身体に良いとはいえません。

もし女性ホルモンを補うのであれば、食生活やサプリメントで補うのが一番です。そして、希望通りの豊胸を望むのであれば、バッグ挿入・脂肪注入・ヒアルロン酸などの豊胸手術を受けた方が効果はあります。もしホルモン注射を選ぶのであれば、その危険性も良く理解し、医師との十分な相談の元、行うようにください。

筋トレ+ストレッチの運動で魅力的なバストを手に入れよう!

運動によってバストアップを図るには、大胸筋を鍛えることが第一の目的ですが、それには筋トレとストレッチがおすすめです。大胸筋を鍛える運動で一番有名なのは、バストの前で両手を合わせ肘を張り、両手のひらを押し合うものですね。簡単ですし、いつでもどこでも思い立った時にすぐ出来ます。出来れば肩幅位に足を広げて立って、押し合った状態で5秒程キープすると、より効果的です。少なくとも5回は繰り返しましょう。
(⇒バストアップに効果的な筋トレ法
(⇒バストアップに効果的なストレッチ法

そして、やはり腕立て伏せも良いですね。ただ腕立て伏せは女性にとってキツイものですから、無理な場合は、机の上に手を付いて行ったり、または膝をついた状態で行ってはいかがでしょう。楽に出来ると思います。これも少なくとも5回ほどしてください。また、このように大胸筋を鍛えるだけでなく、縮んだ大胸筋を伸ばすことでも、バストの脂肪を活発化してくれます。さらに、バスト周りのリンパや血液の流れも良くなり、バストアップに繋がります。ですから、筋トレと併せてストレッチも加ればさらに効果的でしょう。

効果的なストレッチとしては、両腕を頭の後ろで組み、右肘を左手で引っ張って右脇を伸ばします。そして次は逆に左肘を右手で引っ張って左脇を伸ばします。これを交互に5回ずつ行ってください。また、肩甲骨を後ろに寄せるストレッチや、仰向けに寝て腕を軽く広げ、バストを広げるように上に突き上げて深呼吸するといったストレッチもあります。どれも簡単に自宅で出来るものばかりなので、お風呂上りなど、血行の良いリラックスタイムに習慣付けてみてください。

こうした筋トレとストレッチによる運動を毎日続けることで、バストにハリを与え、脂肪を活発化することでバストアップが出来ます。目に見えて表れる効果ではないので、諦めて3日坊主にならないことが大切です。人工的なバストを作るのではなく、自分のバストをアップさせることをしてみませんか。不自然に大きなバストを作るより、見た目にもずっと魅力的だと思いますよ。

人口バッグは種類も豊富!よく選べば安全で理想のバストが?

憧れの大きなバストのもとになる人口バッグにも、今は様々な種類があります。バッグが破損しても、中身が吸収される生理食塩水のバッグも根強い人気ですが、一番主流なのがシリコンバッグでしょう。生理食塩水と違って、破損すればもちろん身体には害がありますが、最新技術によって、そのリスクが格段に軽減されているからです。

そのシリコンにも種類が色々有りますが、中身が流出しないという点で優れているのがコヒーシブシリコンです。バッグが破れても外部に漏れないこのシリコンバッグは、固くてバレやすいという点が解消され、ソフトコヒーシブシリコンが出来ました。また、3層構造で耐久性がバッチリなバイオセル、4層構造のメモリージェルなど、シリコンの欠点である破損のリスクをかなり払拭しています。そして、こうしたシリコンバッグは、その丈夫な安全性に加え、感触の自然さも追求し、かなり柔らかくなっています。

また、バッグには形も大きく分けると2種類あります。お椀型のラウンド型と、釣鐘型のアナトミカル型で、ハリがなく垂れ気味な日本人のバストには、ラウンド型が適しています。他にも、左右非対称のアシンメトリー型などがあり、自分のバストの形に合わせて選ぶことが出来ます。

そして表面素材にも2通りあります。ツルツルのスムースタイプとザラザラのテクスチャードタイプです。スムースタイプは挿入しやすいのですが、拘縮が起こりやすいので、十分なマッサージが必要になります。それに比べてテクスチャードタイプは、挿入はしにくいものの、周りの組織との適合性が良く、拘縮が起きにくいためマッサージが不要です。拘縮はバッグ挿入法の大きなリスクですから、今はテクスチャードタイプが人気です。

このように、最新の技術によって、シリコンバッグもかなりな進歩を遂げています。女性の願いを叶えるべく、どんどん改良されているというわけです。しかし、どんなに改良されようと、人工物を身体に入れるということを忘れてはなりません。理想のバストを手に入れた喜びで、術後の痛みも乗り切れるでしょうか。また、様々なリスクや後遺症も乗り切れる覚悟があるでしょうか。

バッグの除去は簡単じゃない!リスクも考えたうえで豊胸手術を

人口バッグを挿入して豊胸手術を受けた方にとって、一番の心配は、いずれまたバッグを取り出さなくてはならないということではないでしょうか。豊胸バッグの寿命は、約10年といわれています。最新のシリコンバッグでは、高性能なものが多く、寿命も延びてはいますが、実は単に寿命に限らず、バッグの除去を行う方も大勢いらっしゃいます。

その原因としては、バッグの破損や変形、また、ズレやリップリング(しわ・ねじれ・ひずみ)などがあります。もちろん仕上がりに満足出来なくて除去される方も少なくありません。また、バッグ挿入の際の最大のトラブルである拘縮がひどく、炎症が治まらなかったり、見た目が不自然になってしまった場合にもバッグ除去が余儀なくされてしまいます。

このようなバストのトラブルだけでなく、人工物を身体に入れているという不安感や異物感に悩まされたり、がん検診が受けられない、バレるのが心配といった、精神的な重圧や嫌悪感からも、バッグ除去を決心する場合もあります。

バッグ除去と一言で言っても、周囲の繊維と癒着したバッグを取り出すには、残留物をキレイに取り除くのに高い技術と丁寧な手術が必要になります。簡単に済むと説明を受ける場合は多いのですが、そういう病院では、逆に綺麗に取り出してくれるのか不安な部分がありますね。

ちなみにカプセル拘縮によってバッグ除去する場合は、周囲と癒着した被膜が、乳腺などを傷つけないよう、被膜のカプセルは除去せず、バッグのみ取り出します。残ったカプセルは徐々に吸収され、自然になくなっていきます。例外として、あまりに拘縮による炎症がひどかったり、バッグの入れ替えのために必要な場合は、カプセルの除去もやむを得ません。

バッグ除去の方法としては、脇下か、破損・変形のひどい場合は乳房下を切開し、取り出します。つまり、再び挿入部分と別の場所を切開することになります。これは女性にとって心身ともにかなり負担が大きいものではないでしょうか。そして除去手術後は、もちろんハレや痛みがあります。挿入した時ほどの痛みはないにしろ、身体にメスを入れるのですから、やはり痛みもあれば、ダウンタイムも十分に必要があるので注意しましょう。

また、バッグ除去後のバストは委縮しがちといわれていますので、サイズダウンや変形の可能性もゼロではないことも覚悟をしておかねばなりません。バッグはいつかは除去しなければならないこと、そして、気に入らなければ除去すれば良いという簡単なものではないことをよく理解しましょう。そうしたリスクも考えたうえで、豊胸をされることが必要でしょう。

大胸筋を鍛える運動で目に見える豊胸効果を!家で出来る豊胸運動とは

バストアップのためには、生活習慣や食生活の改善も効果的ですが、もうひとつダイレクトに抜群の効果があるのが運動です。バストは大胸筋によって支えられていますから、この大胸筋を鍛える運動によって、バストアップが出来るのです。また、筋トレをすることでバストの血行を良くすることも、女性ホルモンの活発化に繋がり、さらなる豊胸効果があります
(⇒バランスの取れた食事が豊胸にかかせない理由

具体的に大胸筋を鍛える運動としては、両手を胸の前で合わせ、両手のひらを強く押しつけ合います。息を吐きながら押し付けた状態を5秒間キープしましょう。これを一日5回ほど行ってください。また、椅子に座って肩幅に足を開き、両腕を頭の後ろで組み、両肘を開いて頭を後ろにそらし、胸を突き出します。この状態を10秒間キープしましょう。これも5回ほど行ってください。

これらの運動の他に、大胸筋を鍛える運動としては、腕立て伏せがあります。一日10回ほどが理想ですが、腕立て伏せはキツイという方は、膝をついた状態で行ったり、テーブルなどに手を付いて行ってみてはいかがでしょう。それでも毎日10回ほど行えば、十分に効果が期待出来ます。

また、ダンベル体操も効果的です。前かがみの状態で、両手が水平になるまでゆっくりと両手に持ったダンベルを持ち上げます。これを10回ほど行いましょう。出来れば、息を吐きながら持ち上げ、持ち上げた状態を10秒程キープすれば、より効果的です。ダンベルは水の入ったペットボトルなどでも代用できますから、手軽に出来るでしょう。

これらの運動は、どれもテレビを観ながらでも、気軽に行えるものばかりです。毎晩お風呂上りや寝る前など、決まった時間に行うようにすれば、習慣付けることも出来るでしょう。何よりも毎日続けることで、豊胸効果はアップします。生活習慣や食事によっての豊胸法よりも、見に見えて効果があるので、やりがいもあると思います。豊胸手術を考える前に、家で手軽に出来る豊胸法として、運動はかなりおすすめです。

ヒアルロン酸SUB-Q注入のプチ豊胸でバストアップはいかが?

豊胸手術をお考えになったことのある方でも、「SUB-Q(サブ・キュー)」という単語はあまり聞いたことがないのではないでしょうか。これは、プチ豊胸に使われるヒアルロン酸の名前です。バッグ挿入法脂肪注入法による豊胸手術は、身体に傷を付けますし、様々なリスクがあって、なかなか踏み切れない方も多いと思います。しかし、ヒアルロン酸を注入するだけのプチ豊胸であれば、バストの小さい方にとって魅力的な豊胸法ですね。

もともとヒアルロン酸というのは、人間の身体の皮膚や細胞に含まれている物質なので、安全性が高く、アレルギーを起こす心配もありません。しかもバスト、主に脇の付け根に細い針で注射をするだけなので、バッグを入れるような切開はもちろん、脂肪注入程の傷も残りません。施術時間も30~40分程度で、当日から普段通りの生活が可能です。豊胸手術としては極めて手軽で、まさにプチ豊胸といわれるのに相応しいでしょう。

このヒアルロン酸注入に現在使用されているのがSUB-Qです。SUB-Qは、正式には「マクロレンVRF30」というヒアルロン酸の一種です。顔のプチ整形に使われているヒアルロン酸に比べて粒子が10倍ほどの荒いもので、そのため身体への吸収率が遅く、効果が長続きする特徴があります。ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまい、豊胸効果も1年程しか持たないというのが欠点でしたが、このSUB-Qなら、往来のヒアルロン酸の2~3倍持続可能なのです。

このSUB-Q注入は、一回の注入で1~2カップほどのサイズアップしか出来なく、豊胸手術に比べて大きさには限界があります。しかし、部分的に注入出来ることから、望みどおりのバストデザインに調整が可能です。大きさだけでなく、形の美しさによって魅力的なバストが作れるというわけです。

現在ほとんどの医療機関で使用されているSUB-Qは、スウェーデンのQ-MED社の製品であり、FDA(アメリカ食品医薬品局)の公認を受けている純正品です。その品質と安全性の高さもこのSUB-Qの魅力でしょう。憧れの豊かで美しいバストを即手に入れたいという場合は、豊胸手術よりも安全で手軽なSUB-Q注入も考慮に入れてみてはいかがでしょうか。