豊胸手術

脂肪を再生させれば生着率もアップ!最先端の豊胸手術とは

豊胸手術のひとつに、脂肪注入法がありますが、これに再生医療を施したものとして、脂肪幹細胞移植があります。脂肪注入法というのは、バッグ挿入法のように人工物を身体に入れることによる不安やリスクがなく、仕上がりも自然です。自分の脂肪を入れるので安心ですね。

しかし、脂肪というのは、血管から栄養分をもらい生きています。取り出したままの脂肪は血管が惹きはがされた状態なので、そのまま注入しても、すぐに再生されないまま死んでしまいます。そこで、脂肪を再生させ、注入後に高い生着率を上げる方法が脂肪幹細胞移植なのです。

脂肪にくっついている脂肪幹細胞は、新しい細胞に変化したり、血液を新生する働きがあります。この細胞を注入することで、脂肪を分化し、血管となってバストに生着してくれるのです。この脂肪幹細胞を培養移植する方法としては、生体内培養と生体外培養があります。

生体内培養の方法は、まず吸引した脂肪から遠心分離機によって不純物を除去し、濃縮された健全な脂肪幹細胞を抽出します。また、採取した血液から繊維芽細胞や血小板などの成長因子を抽出します。この2つと残りの脂肪を分散させてバストに注入し、バスト内で成長・生着させるのです。

生体外培養の方法は、少量の脂肪から脂肪幹細胞を、そして血液から成長因子を取り出し、約1カ月培養します。培養が確認出来たら、脂肪を吸引し、培養した脂肪幹細胞を加えてバストに注入します。つまり、脂肪幹細胞と脂肪を注入してから、バスト内で培養する方法と、培養させた脂肪幹細胞を脂肪に加えて注入するという方法の2つが、再生による豊胸手術というものなのです。

生体内培養の場合は、脂肪を吸引してすぐに注入出来るため、施術は一日で済みますし、異物混入のリスクも少なくて済みます。しかし、分散させて注入するためには高い技術を必要とします。生体外培養の場合は、脂肪の培養を確認してから注入出来る安心はありますが、培養するのに日にちが掛かることと、培養の為の無菌室等の設備を必要とします。

どちらにしろ、再生技術による豊胸手術は、往来の脂肪注入法とは違い、注入した脂肪の生着率が非常に高いため、石灰化のリスクはかなり軽減され、またバストのサイズダウンも少なくなりました。何より自分の脂肪による自然さと安心感は、バッグ挿入に比べてはるかに良いといえるでしょう。まだまだ未知の部分は大きいものの、再生による豊胸手術は、豊胸手術に迷う女性にとって、選択の余地が十分にあるものではないでしょうか。

バッグ挿入による拘縮・・リスクの大きさは理想のバストより大きい?

バッグ挿入法によるリスクの中でも、一番大きな、そして一番頻繁に起こる問題がカプセル拘縮です。豊胸手術に興味のある方でしたら、必ず目にする言葉ですね。まずこのカプセル拘縮がどんなものかというと、身体にシリコンバックという異物を入れたことへの拒絶反応です。

身体に異物が入ると、免疫反応によって、異物を排除させようとします。しかし排除出来ないため、他の器官に影響しないよう、周囲に繊維の膜を作って小さくしようと圧迫するのです。このバッグの周りに出来た膜が厚く固くなることを被膜拘縮といい、カプセル状に閉じ込める様子から、カプセル拘縮と呼ばれています。

本来バッグの周りには空間を持って、バッグが自然な動きを出来るように挿入します。しかし、この拘縮が起きるとバッグが動けなくなり、しかも固く張った状態で、見た目にもボールが入っているような不自然さになってしまいます。この不自然なバストによって、豊胸手術をしたとバレる人もかなりいます。もちろん見た目だけでなく、ハレや痛みも伴う場合もあり、身体にもダメージを与えます。

この拘縮を防ぐには術後のマッサージしかありません。もしくは、表面がザラザラのテクスチャードタイプのバッグなら、拘縮が起こらないため、マッサージ不要とされています。しかし、どちらの場合にしろ、拘縮の可能性はゼロにはならないでしょう。異物を入れる限り、多かれ少なかれ、健康な身体なら当然に起こる反応なのです。ひどくなければ幸いだったと思うしかありません。
(⇒術後のアフターケアについて

ではもしひどかったら・・・残念ながらバッグの取り出ししかないでしょう。つまり再手術です。再び身体にメスを入れ、身体に大きな負担を掛けることになるのです。しかも一度大きくしたバストをまたぺちゃんこにするのは、精神的にもかなりな苦痛ではないでしょうか。もちろんそこまでひどい拘縮は稀ですし、バッグやアフターケアの最新技術によって拘縮自体も軽減されています。しかし、自分がどちらになるかはやってみなければわからないのです。
(⇒バッグ除去の難しさについて

大切な自分の身体を、そんな賭けに委ねる覚悟と勇気はあるでしょうか。私なら絶対にそうしたリスクを背負いたくはありません。

エステでちょっとリッチに効果的なバストアップはいかが?

女性にとって、美しくなりたいと願う気持ちは誰にでもあるものです。そこで人気なのがエステです。今や、脱毛や痩身を始め、あらゆるメニューのエステがあり、多くの方が、一度は通ったことがあるのではないでしょうか。もちろんエステには、バストアップを目的としたものもたくさんあります。プチ豊胸でも、針を使用せずヒアルロン酸を注入する器具は、このエステの部類に入ります。

バストアップのためのエステとして一番多いのが、特殊な光を照射するものです。一般に光豊胸といわれていますが、特殊な光によってバストを支えるクーパー靭帯を整え、またバストの細胞を膨張しやすくします。血流や女性ホルモンを促進することからもバストアップに効果があるのです。

他には、EMSといって、低周波や高周波の電気的刺激を与えることで大胸筋を鍛えるものがあります。これは運動したのと同様の効果を与え、大胸筋を強化することでバストのリフトアップをすることが出来るのです。また、器具によって引き上げたり、手で行うマッサージも、エステの基本でしょう。乳腺を刺激して女性ホルモンの分泌を促したり、リンパや血液の流れを良くし、新陳代謝を活発にする効果があります。
(⇒マッサージがバストアップに効果がある理由

そして、これもエステには欠かせないパックがあります。バストアップには、ワインや海藻のパックがよく使用されます。バストにハリとつやを与えるために、他のものとセットで行われることが多いでしょう。これらのエステでのバストアップメニューは、豊胸手術のように大きなサイズアップは望めませんが、何回か通って続けることで、ハリのあるバストに、そしてその結果、バストのサイズアップにも繋げることが出来るのです。

自分で行う食事療法や運動、マッサージなどではなかなか効果が上がらない場合には、お金と時間は掛かるものの、こうしたエステでのバストアップに通うのも良いかもしれません。エステでこうしたメニューをしてもらうのは気持ちが良く、リラックス出来ることからも、バストアップ効果が期待出来るのではないでしょうか。

規則正しい生活は健康だけでなく実はバストアップの基本でもあった!

「バランスの取れた食事」、「十分な睡眠」、「適度な運動」は健康のための3大要素ですが、実はこれはそのままバストアップのための条件に当てはまるのです。この3つを整えて、規則正しい生活をすることこそ、最大の豊胸法といっても過言ではないでしょう。バストアップに効く栄養素や運動はもちろん、早寝早起きで十分に睡眠を取ることも、バストアップには大きな影響があるのです。
(⇒バストアップのための食事療法
(⇒バストアップに効く筋トレ・ストレッチ

それは、女性ホルモンの分泌に、睡眠が深く関係しているためです。女性ホルモンは、夜寝ている間に分泌が活発になりますから、寝不足だったり夜更かしだったりすると、てきめんに乱れてしまうのです。もちろん、食生活の乱れやストレスなどでも多大な影響がありますから、この健康のための3大要素がとても重要になってくるのです。

女性ホルモンの分泌が活発になると、乳腺が発達し、それを保護しているバストの脂肪も増えます。つまりバストにボリュームが出るというわけです。単純に女性らしい体つきを促すという点でも、バストアップに効果がありますが、それだけではないのですね。
(⇒女性ホルモンとバストアップの関係

また、規則正しい生活によって、血液やリンパの流れが良くなり、新陳代謝が活発になれば、さらなるバストアップ効果が望めるといって良いでしょう。考えてみてください。バストだって身体の一部なのですから、身体が健康になれば、同時にハリもボリュームも出てきます。バストだけを手術などで不自然に大きくするよりも、はるかに魅力的な身体になると思いませんか。人工的なバストが、健康でハリのある自然なバストに勝るとは到底思えません。

もしも自分を魅力的に見せるためにバストアップを望んでいるのであれば、ただ単に胸を大きくすることが本当に魅力アップに繋がるのかを、もう一度考えてみてはいかがでしょうか。もしかしたら、逆に魅力が半減したり、見た目だけでなく精神的にもマイナスを抱える結果になるかもしれません。それよりも、規則正しい生活によって、健康的な身体とバストを手に入れるというのはどうでしょう。

豊胸手術での壊死は必然!?最新技術での軽減に期待大です

豊胸手術の中でも、脂肪注入法というのは、体内に異物を入れたり、身体にメスを入れることなく豊胸が出来るため、人気が高まりつつある方法です。さらに脂肪注入によって、気になる部分の痩身が出来ることも、人気のひとつとなっているでしょう。

しかし、この脂肪注入法にも、やはりリスクはあります。それは、注入した細胞のうち、生着しなかったものが壊死してしまうということです。壊死というのは、体内の細胞が何らかの原因によって破壊され、死んでしまうため、機能を失うことであり、一般的に怖いイメージがあると思いますが、豊胸手術において起こる壊死は、それほど重大な問題にはなりません。

壊死した脂肪組織の周りで慢性的な炎症が起きると、痛みやハレが生じ、対処が必要となりますが、基本的に壊死した脂肪自体はやがて吸収されてしまうため、特に処置は必要としないのが普通です。しかし、吸収されてしまうために、その分バストが小さくなってしまうという問題はあります。これはこの豊胸法においての大きなデメリットでしょう。

また、壊死や石灰化によってしこりになった部分は、乳がんと誤診されやすく、乳がんの早期発見が出来なかったり、検診を怠りがちになるなどの間接的な問題もあります。出来れば豊胸手術をした病院で定期検診を受けられるかどうかを確認しておくのが良いでしょう。

では、このような壊死を防ぐことは出来ないのでしょうか。最近の脂肪注入法では、最新技術の発達により、往来のように抽出した脂肪をそのまま注入するのではなく、半分の脂肪から脂肪幹細胞を取り出し、残りの脂肪と混ぜて注入する方法や、ウェイトフィルターで濃縮し生成された新鮮なコンデンスリッチファットだけを注入する方法が開発され、壊死のリスクをかなり軽減することが可能となりました。

ですから、もし脂肪注入法での豊胸手術をお考えの方でしたら、是非こうした最新技術を取り入れたものをおすすめします。特にコンデンスリッチ法は、現在では最も生着率が高いので、壊死の危険性もかなり少なく、そのためバストの大きさも保たれます。ただ、ちゃんとした資格を持たずにこうした看板を掲げている病院もありますので、「FDA承認の機器の導入」や、「CRF協会の認可を受けた医師が行なっているか」などを、よく確認したうえで、こうした技術を持つ病院を選ぶことが大切です。

費用の差は技術の差?豊胸手術は値段より中身が重要

バストを大きくするには、豊胸手術に勝るものはありません。小さいバストで悩む女性にとっては、多少のリスクはあっても、前向きになるために必要な場合があります。しかし、リスクだけでなく、豊胸手術には高額な費用も掛かります。これも大変気になるところではないでしょうか。

豊胸手術といっても、その種類によって費用ももちろん違います。まずバッグ挿入法の場合では、生理食塩水バッグ挿入の場合は、平均70万円ほど、シリコンバッグでは平均80万~100万円ほどです。シリコンバッグの場合は、最新のソフトコヒ―シブバッグやエンジェルバッグなどだと高額になるため、このように費用にも開きがあるのです。

次に、脂肪注入法の場合ですが、ごく普通の手術の場合ですと、脂肪吸引に平均30~40万円、脂肪注入に30~40万円ほどで、大体平均50万円ほどです。しかし、最新の脂肪幹細胞注入法やコンデンスリッチ豊胸では、技術料が掛かるため、脂肪注入と併せて平均100万~150万ほど掛かります。これも注入法による技術の違いで開きがあります。

そしてヒアルロン酸注入の場合は、1ccあたりのヒアルロン酸の量で費用が設定されていて、大体5000円ほどです。1カップアップするのには、だいたいの目安で方胸50ccが必要なので、両胸で100cc、つまり平均50万ほど掛かります。

もちろんこれらはあくまで平均です。病院によって価格は驚くほど違うので、色々な病院をよく比較検討する必要があります。それは、この価格にアフターサービスが含まれているのかいないのかによって、費用の高い安いよりも信頼性の高い低いが分るからです。あらかじめアフターサービスも保証している病院は、それだけ技術に自信があるといえます。

また、実際に手術を受けてから、あれやこれやと追加料金が掛かる場合もあります。手術を受ける前に、こうした細かい費用についてもよくカウンセリングを行うことが大切です。豊胸手術は身体にも心にも大きな不安や負担が掛かるものですから、せめて費用の面でのトラブルは避けたいところですね。

費用の違いは、その病院の設備や技術によって違ってきます。同じ手術を受けるなら、少しでも安い所で受けたい気持ちはわかりますが、値段の違いが技術や信頼性の差であるとしたら、単に費用の安さで決めるのは危険です。幾つかの病院でよくカウンセリングをし、納得した上で病院を選びましょう。

そのバストに豊胸手術は本当に必要?デメリットも考慮に入れた決断を

女性なら誰でも、豊かで美しいバストに憧れるものです。特に、バストが小さい女性にとって、水着や洋服をセクシーに着こなしている女性は羨ましく、コンプレックスを抱えている方は多いものです。小さいだけでなく、垂れているとか、形が悪いとか、バストに不満や悩みを持っている女性は多く、しかもそうした悩みは本人にとってかなり深刻な問題であったりするのです。

そこで、最近では美容整形の人気と同時に、豊胸手術を受ける女性もかなり増えました。豊胸手術というのは、もともとは乳がんなどで乳房を摘出した人の乳房再建術が始まりでしたが、今ではもっぱらバストを大きくしたり、垂れを改善したりといったことを目的として受ける方が圧倒的です。

では、豊胸手術を受けるほどのバストの小ささや形というのは、どの位を基準にしているのでしょうか。バストの大きさや形の理想は人によって様々です。大きい人には大きい人なりに、可愛い服が着られないなどの悩みを持っていたりするものです。つまり、豊胸手術の必要性があるかどうかは、まさに本人次第ということです。

豊胸手術には、高額な費用と完治までの期間が掛かりますし、手術、また手術後の安全面での不安も大きいものです。しかも手術にはかなりの危険性とデメリットがあることを忘れてはいけません。
(⇒豊胸手術におけるデメリットとは

例えばバッグ挿入法においては、バッグの破損や劣化、カプセル拘縮と言ったものがあります。バッグが破損してシリコンが流出すれば、細胞に損傷をきたし、痛みや炎症が起こりますし、カプセル拘縮もひどくなれば同様です。つまり、ほとんどの場合がバッグの除去や入れ替えが必要となるのです。

脂肪注入法においても、脂肪の生着率が悪く、石灰化が起これば治療が必要となりますし、安全なヒアルロン酸注入法でさえ、効果が長く持たないため、何度も注入を繰り返さねばならないのです。

今は、ソフトコヒ―シブシリコンなどの中身の漏れないバッグや、表面がザラザラしたテクスチャードタイプによって、カプセル拘縮を起こりにくくしたバッグなどが開発されていますし、脂肪の生着率を上げたコンデンスリッチ法などで、脂肪注入による石灰化が起こりにくくもなっています。

しかし、それでも完璧に後遺症や失敗が無くなったわけではないのです。それでも受ける必要性があるのかを良く考え、前向きになるためにも必要だと感じるのであれば、事前に十分なカウンセリングをした上で受けるようにしましょう。

ストレス解消でバストアップの大敵をやっつけよう!

現代人にとって、ストレスは大きな敵です。うつ病やPTSD(心的外傷後ストレス障害)など、ストレスによる精神的な病気は、大変多いものとなっています。そして、こうしたストレスは、実はバストアップの大きな妨げにもなっているのです。

ストレスを感じると、自律神経が乱れ、その結果女性ホルモンの分泌も乱れます。自律神経は、脳下垂体の視床下部によって調整されていますが、ストレスを受けると、交感神経が優位になり、心身ともに緊張状態になります。すると、女性ホルモンの分泌が低下してしまいます。バストアップは女性ホルモンの分泌によってなされるものですから、女性ホルモンの低下によって当然妨げられてしまうのです。

女性ホルモンの乱れは、バストアップを妨げる以外にも、生理不順・生理痛・PMS(月経前症候群)・ニキビ・肌荒れといった症状を引き起こします。ですから、ストレスを解消し、心身ともにリラックスさせ、副交感神経を優位にしなければなりません。では、ストレス解消をするにはどうしたら良いのでしょうか。

ストレス解消の一番の方法は、原因を解消することです。しかし、それが無くならないからこそストレスとなっているわけですね。ですから、ストレスを緩和することが大切です。それにはまず、食事・睡眠・運動の3つが最も重要でしょう。「好きなものを食べる」、「ぐっすり眠る」、「散歩をする」などは、一番多く実践されるストレス解消法ではないでしょうか。

その他には、お風呂・音楽、映画鑑賞・スポーツ・おしゃべり・ショッピングなど、とにかく好きなことをして楽しむ時間を持つことが一番です。また、楽しむだけでなく、実は思いっきり泣くことも、ストレス解消になるのです。ですから、一晩とことん落ち込んで泣いてみるとか、悲しい映画や本で泣いてみるのも、意外にスッキリするかもしれません。

現代人は、仕事・家庭・学校において、対人関係などなどの様々なトラブルによって、多大なストレスを抱えています。その人の性格によるところが大きいものですが、出来るだけ受け止めずに流してしまうことも大切です。そして、受け止めた時は出来るだけポジティブに考えましょう。ストレスはなるべく溜めず、溜まったら上手に解消することで、バストアップにも効果が現れるでしょう。

あなたは異物感に耐えられる!?想像を超えるバッグ挿入の不安感

バッグを入れれば理想の形・大きさの胸が出来上がります。しかし、まず一番に考えていただきたいのが、異物を身体の中に埋め込むという行為です。自分の身体の中に人工物が入っているのをご想像下さい。私自身、棘や骨が刺さっているというだけでダメな人間です。とても耐えられるものではありません。たとえ痛みは無くとも、身体の中に人工物が入っているという異物感はかなりな心理的圧迫になるのではないではないでしょうか。
(⇒バッグ挿入による異物感

実際、この異物感に耐えられない人はかなりいらっしゃるようです。覚悟はしていても、息苦しさを感じたり、不安感を感じたりと、負担の大きさを訴える場合も多く、中にはそのためにバッグの取り出しを考える人もいるほどです。さらに、周囲の組織に負担が掛かったり、拘縮を起こしたり、バッグが変形や劣化した場合など、トラブルが起これば異物感はもっとアップするでしょう。
(⇒バッグ拘縮によるリスクについて

そして忘れてはならないのが、バッグには寿命があるということです。異物感の不安に再手術への不安がプラスされます。もともとバストに対する相当な精神のマイナスがあり、幸せを願って手術を受ける人がほとんどです。それなのに、実際に受けてみると、バッグの存在がどうしても気になる、後遺症などのトラブルもある、また痛みと傷を増やして取り出しや取り換えをしなければいけない・・・と、幸せに浸るどころかマイナスの気持ちが募る場合も少なくないのです。

豊胸手術を受けた人に自殺率が高いというデータがありますが、こうした異物感に伴う不安感も、その原因の一部になっているのではと考えられます。性格上、自分はダメかもしれないと少しでも思ったら、絶対に止めた方が良いでしょう。だからといって、他の豊胸手術法でもある程度の違和感や不安感は拭えません。異物を入れなきゃ大丈夫だと安易に考えないようにしてください。

もちろんバッグを入れても全く平気な人もいらっしゃいます。思い通りのバストになって、前向きに幸せに過ごしている人もたくさんいるのです。つまり、全ては自分の性格と覚悟、気持ちの切り替えが必要だということですね。

ダンベル体操による運動でさらなるバストアップ効果を!

大胸筋を鍛える筋トレやストレッチによって、運動によるバストアップをすることは効果的です。そして、そのどっちの運動効果も期待出来るものとして、ダンベル体操があります。大胸筋を鍛え、さらにバスト周りの血行やリンパの流れを良くしてくれますし、その結果、バストの脂肪も活発化され、ハリが出るだけでなく、ボリュームアップも期待出来るのです。
(⇒バストアップに効果的なダンベル体操

ダンベル体操と言っても、極めてシンプルで、しかも無理なく出来るものです。足を肩幅位に広げて立ち、両手にダンベルを持って少し前かがみになります。腕をまっすぐにして、両腕が水平になるまで持ち上げましょう。ただこれだけの動作です。簡単ですね。ゆっくりと持ち上げて、持ち上げた状態で5秒程キープするようにすればさらに効果的です。これを10回ほど繰り返して行うだけで十分です。

また、同様に両手にダンベルを持ち、腕を伸ばして今度は前に持ち上げます。胸の高さまで持ち上げたら、そのまま左右に腕を広げましょう。バストに力が入るよう意識して、広げた状態で5秒程キープすればさらに効果的です。これも10回ほど行えば十分です。どちらの体操も、息を吐きながらダンベルを持ち上げて、吸いながら元にもどすと、より効果的です。

ダンベル自体も、今は100円均一のお店でも買えますし、無ければ中身の入った350mlのペットボトルなどでも代用出来ます。自宅でテレビを観ながらでも出来る体操ですから、毎日無理せず続けてみてください。通常の筋トレやストレッチだけでなく、このように重荷を加えての運動も、大胸筋を鍛えるのに効率が良く、バストアップ効果もより期待が出来るのです。

こうした運動によるバストアップは、長期間続けることによって効果が表れます。諦めずに続けることが大切なのです。さらに食事療法と併せることで、その効果も早く、大きくなるでしょう。手術などでバストに細工を施すのではなく、自分のバストを大きくするという発想を、まず持ってください。どちらの胸が魅力的かは一目瞭然です。