豊胸手術

女性の味方イソフラボンを大豆製品で!効果的にバストアップを

バランスの取れた食事が健康と美容に良いのはもちろんですが、嬉しい事に、バストアップにもとても効果があります。バストアップを願う人にとって、効果的な栄養素を豊富に摂ることは、手術やエステ、グッズになどに頼らず出来る最良のバストアップ法なのです。

そして、そのバストアップに効果的な栄養素を含む食べ物として、大豆製品があります。畑のお肉といわれる大豆は、昔から健康に良いとされ、日本では日々の食卓にたっぷり取り入れられてきました。タンパク質やビタミンB群が豊富に含まれているため、身体を作るうえでとても大切な栄養素なのです。

これらの栄養素の働きによって、筋肉や血液に作用し、新陳代謝を活発にすることで、皮膚にもハリを与え、バストアップに効果を発揮します。しかし、大豆製品がバストアップに効果的なのには、さらに秘密があります。大豆はポリフェノールの一種であるイソフラボンという成分を含んでいます。このイソフラボンは植物性エストロゲンといい、女性ホルモンと似た働きをするのです

女性ホルモンというのは、女性らしい身体つきにしてくれるのはもちろん、乳腺を発達させることでバストの脂肪を増やすため、バストを大きくしてくれます。また、肌のコラーゲンの量を保ってくれる働きから、水分とハリをキープしてくれるので、バストにもハリを与えてくれます。つまり、2重のバストアップ効果があるというわけです。

さらに、他にもこのエストロゲンには、骨からのカルシウム溶出を抑制することによって、骨を丈夫にしてくれる働きや、コレステロールを低下する働き、また自律神経を整えてくれる働きなど、女性にとって必要な働きがとても多いものなのです。

また、イソフラボンはポリフェノールの一種ですから、抗酸化作用も抜群で、健康面でも高い効果があります。残念ながら、このエストロゲンは多量に含まれているわけではないうえに、人によってその効果には差があります。しかし、長期的に摂ることで、必ずプラスに働くでしょう。

大豆製品としては、大豆・小豆・納豆・豆腐・枝豆・グリンピース・豆乳・味噌・醤油などがあります。どれも和食には欠かせないものばかりですから、昔ながらの食卓を見直してみるのも良いでしょう。時間が無く、外食に頼りがちな方でしたら、納豆や豆腐、豆乳といったそのまま摂れる食品を日々の食時にプラスしてみてはいかがでしょうか。

しっかり選んでしっかり着けて、ブラジャーでバストアップを!

小さなバストに悩む女性にとって、少しでもバストを大きく見せたいと願うのは当然ですね。そこで大切なのがブラジャーです。ブラジャーは誰でも普通に着けているものですが、これをしっかり選んでしっかり着けるだけで、バストの見た目は格段に違ってくるのです。

それには、まず一番大事なのが、自分に合ったサイズを選ぶことです。これは、単にアンダーとトップを測れば良いというわけではありません。バストの形も人それぞれなので、カップの形やベルト、ストラップにおいても、自分の形や大きさに合ったものを選ぶ必要があるのです。それにはやはり専門店の店員さんに相談するのが一番ですね。ちょっと高額にはなりますが、オーダーで作ってもらえば尚良いでしょう。

ブラジャーは、単にバストを支えるだけでなく、形を作り、バストアップさせてくれる効果もあります。小さ過ぎても大き過ぎてもバストダウンの原因となってしまうので気を付けましょう。逆に言えば、キチンとしたブラジャーを選んで、キチンと着けていれば、バストをしっかり支え、形を整えてくれるばかりか、バストアップ効果も十分に期待出来るのです。

見た目にバストを大きく、魅力的に見せるには、バストに谷間を作り、パッドやカップによってボリュームアップをすることです。それには、背中やサイドの肉もしっかり寄せて、カップに入れましょう。背中や脇に流れた肉は、本来バストのお肉です。遠慮なくバストに持ってくることで、段々元に戻ってサイズアップしていきます。見た目を整えるだけでなく、実際にサイズアップ出来るというわけなのです。

高い補正下着などを買わなくても、通常より少し高いオーダー下着や、専門店で選んだ下着を正しく着けるだけで、バストアップが出来るのです。効果を考えれば、ブラジャーは、価値あるバストアップグッズといえるのではないでしょうか。本来のバストを整えて、さらに魅力的にバストアップをしてみましょう。
(⇒バストアップに効果的な補正下着

また、自然鉱物による波動エネルギーを利用した、バストアップブラジャーなるものもあります。マイナスイオンなどのエネルギーで細胞を活性化する働きにより、バスト全体と乳腺を刺激し、血行と新陳代謝を促進します。着けているだけでバストアップ出来るという、とても嬉しいブラジャーですね。自分に合ったブラジャー効果に加えて、こんなブラジャーも試してみる価値はあるかもしれません。

サイトマップ

ページ 1 of 4 : 次のページ

投稿

ズレは見た目に最悪!出来れば避けたい防止法

豊胸手術で一番多いのはシリコンバッグを挿入する方法ですが、これをプロテーゼ法といいます。そしてこのプロテーゼ法の最大のデメリットは、バッグの寿命により、10年ほどで必ず取り出し、または交換をしなくてはならないことです。つまり、入れる時から再手術が決定されているというわけですね。しかし、もちろんその前に破損などのトラブルがあれば、その都度再手術が必要となります。

そうしたトラブルのうち、見た目にも再手術を余儀なくされるのが、バッグのズレです。ズレにも色々ありますが、まずよくあるのが左右のバッグのズレです。拘縮などでどちらかのバッグが上方に押し上げられたりすると、左右のバストの位置がずれ、アンバランスになってしまいます。見た目にも大変不自然で、ズレがひどければ、洋服を着ていてもわかってしまうでしょう。

もうひとつよくあるケースは、本来の乳房のアンダーバストと、バッグのアンダーバストのズレです。これも拘縮が原因の場合が多いでしょう。こうなると、アンダーバストにくっきり段差が出来てしまい、バッグが入っていることが一目瞭然です。洋服の上からならごまかせるでしょうが、下着や水着では見えてしまいますし、裸になればかなり見た目は悪いでしょう。

こうしたバッグのズレは、拘縮が原因の場合が多いのですが、手術法によっても多少違ってきます。挿入場所でいえば、乳腺下に入れた場合よりは、大胸筋下や筋膜下(乳腺と大胸筋の間にある筋膜の間)に入れた場合の方がバッグの形も出にくく、ズレも起こりにくいでしょう。また、バッグの種類においても、表面がツルツルのスムースタイプよりは、ザラザラのテクスチャードタイプの方がズレにくいとされています。

また、術後のアフターケアによってもズレを防ぐことは出来ます。まず直後においては、しっかり固定し、安静にすることが大切です。バッグの周りには空間が作ってありますが、この時しっかりと固定し安静にしていないと、その空間に血液や体液が溜まり血腫となって、拘縮の原因になるとともに、ズレの原因になるのです。

そしてその後も、拘縮が起きないよう、しっかりマッサージを続けることが大切です。手術後に出来た血腫や拘縮は、一度なってしまうと戻らないので治療が必要になってしまいます。ズレの原因にならないよう、手術後のアフターケアはとても大事だといえます。

もうひとつ豊胸後に大切なのが、サイズの合ったブラジャーを正しく身に着けるということです。豊胸していなくても、自分に合ったブラジャーはとても大切ですが、豊胸したバストにとっては、ズレを防ぐためにも重要になります。専門家の居るお店でサイズや形に合ったブラジャーを選んでもらうのが良いでしょう。

せっかく美しいバストに豊胸しても、ズレによって見た目に醜くなってしまったら台無しですし、ひどければ再手術を受けることになってしまいます。バッグのズレが起きないよう、術後にしっかりとケアをしましょう。

姿勢の良さは肩甲骨にも好影響!バスト周りを正してバストアップを

バストアップには、良い姿勢を保つという生活習慣が大切になってきます。猫背はバストに重要な大胸筋を緩め、バストの垂れを生じさせるばかりか、血流も悪くなって、乳腺や脂肪の活発化を妨げてしまうのです。また、骨が歪むことで、血行ばかりでなく、ホルモンの分泌も悪くしてしまうことからも、バストには悪影響となります。

バストアップには大胸筋を鍛えることが大切ですが、姿勢を正すことで、自然に大胸筋が鍛えられ、バストアップされるのです。しかし、大胸筋ばかりでなく、実は鎖骨から肩にかけては小胸筋もバストを支えています。そして、この小胸筋と繋がっているのが肩甲骨であり、まさに胸周りの筋肉を支える役割を果たしています。ですから、この肩甲骨が年齢や生活習慣によって歪むと、姿勢も悪くなるばかりでなく、バストも小さくなってしまうのです。

このように、大胸筋と同様に、肩甲骨もバストアップのためには大変重要となってきます。肩甲骨を柔らかく、緩んだ状態を保つことで、血行や代謝が良くなり、バストアップに繋がるのです。それには左右の肩甲骨を寄せるなどのストレッチが効果的ですが、やはり何と言っても、姿勢を正すことが、何より肩甲骨を良い状態に保ってくれるのです。

背筋をまっすぐに伸ばし、胸を張った正しい姿勢は、バスト周りの筋肉を良い状態に保ち、バストをしっかり支えてくれます。するとバストにハリが生まれ、自然なバストアップが出来るのです。食事や運動などの生活習慣に気を配りながら、さらに正しい姿勢を意識することで、見た目にも美しいとは言えないに猫背を改善し、バストの垂れを防ぎ、健康的なバストアップをしてみましょう。
(⇒バストアップに効果的な食生活
(⇒バルトアップに効果的な運動

豊胸手術の人気の秘密は?大きなメリットを期待出来る魅力とは

バストに悩む女性にとって、大きく美しいバストを手に入れる近道として、豊胸手術は大変人気があります。数ある豊胸法・バストアップ法の中でも一番人気が高いのは何故でしょう。それは、すぐに希望通りのバストを手に入れられるという、最大のメリットがあるためです。

バストアップ体操やサプリメント、豊胸クリームなどのグッズでは、効果があらわれるまでに長期間を要する上に、効果が確実に出るとは限りません。しかも、毎日の地道な努力が必要となります。さらに年齢が高くなるにつれて、こうした方法では効果が期待出来ないのが現状です。

その点、豊胸手術には、確実にバストアップが出来るという最強のメリットがあります。大きさはもちろん、形や感触なども希望通りのバストにすることが出来るのです。まさに夢のようではないでしょうか。しかも、手術を受けたその日から理想のバストを手に入れられるのです。つまり、時間と労力が不要な理想的豊胸法だといっても過言ではありません。

豊胸手術にも大きく分けて3つの方法があります。まず「バッグ挿入法」においては、希望通りの大きさ・形・感触のバストに出来るという最大のメリットがあります。しかも、バッグが破損しない限り、その効果は持続します。バッグの寿命は約10年程といわれていますから、その長い効果も大きなメリットでしょう。

次に「脂肪注入法」ですが、これはバックと違って、自分の脂肪を注入するため、身体からの拒絶反応も無く、定着しやすいのが最大のメリットです。身体にメスを入れなくて良いのも大きな魅力でしょう。そして、お腹や脚など、自分の気になる部分から脂肪を吸引出来るため、痩身効果があるのも嬉しいですね。

そして、「ヒアルロン酸注入法」ですが、これは身体の成分でもあるヒアルロン酸を注射器で挿入するだけのプチ豊胸です。最も安全で安心だといえるでしょう。もちろん傷も付きません。これは最大のメリットだといえますね。

このように、豊胸手術には、それぞれの方法においてメリットがあります。しかし、手術というからには、もちろん身体にメスを入れるものもあります。危険を孕んでいるという大きなデメリットがあることも忘れてはいけません。その上で、自分に合った豊胸手術を選び、医師とよく相談して行うことが大切です。

バストの悩みは女性にとって深刻です。こうした悩みを取り除き、自信を持って前向きになれるのであれば、それが豊胸手術の何よりのメリットとなります。後で後悔しないよう、よく考えたうえで受けるのであれば、豊胸手術の効果を活かすのも良い選択かもしれません。

その情報は正確!?頼りになる豊胸ブログの落とし穴

豊胸を望む女性にとって、豊胸手術すぐに理想のバストを手に入れることが出来る夢のような豊胸法ですが、いくら大勢の人が受けているからといって、全く安全というわけではありません。手術を受けるのが怖かったり、手術について不安があったりするのは当たり前でしょう。そんな時、心強いのは経験者の声ですね。

しかし、そうそう身近に豊胸手術を受けた人がいるわけではないので、生の体験談を聞くことは出来ません。そこで参考になるのが豊胸手術を受けた人の体験談ブログです。豊胸手術には、疑問に思うことや心配に思うことがたくさんありますから、手術を受けてからのリアルな経験・経過を体験者の声で知ることが出来るのは心強いですね。

まずは手術がどんな状態で行われ、どれほどの痛みや時間が掛かるのか、術後、日を追っての回復状態や、ダウンタイムの期間はどれほどなのか、また費用はどれくらい掛かるのかといった具体的な疑問を、ブロガ―の生の声によって解消することが出来るでしょう。何より、どこの病院で受けて良かったか、悪かったかといった病院の口コミも非常に貴重な参考になると思います。

もちろん手術前後の経験だけでなく、その後の経過も体験ブログによって知ることが出来ます。手術後何年か経ってからのバストの状態や傷跡の状態、豊胸したことがバレたりはしないのか、また、手術を受けて良かったと思っているのか、それとも後悔しているのかといった、医師とのカウンセリングでは分らない事実を知ることが出来るのです。
(⇒豊胸手術後に後悔を感じる失敗

しかし、もちろんこうしたブログはネット上に存在するだけで、実際は誰が書いたものかもわかりません。知り合いの経験者に話を聞くのとは、信頼性が全く違うことをよく理解しておいてください。中には写真付きなどで、詳しく書かれているブログもあり、信憑性の高いものもありますが、全部が真実であるとは限らないのです。

その人の目的や気持ちが表われるブログでは、公平な判断も欠けている場合が多いですし、もしかしたら実際の経験談ではない場合だってあるでしょう。より多くの情報を集め、疑問や不安を解消するのに、豊胸ブログを活用することはとても効率が良く、役立つものですが、情報の正確性の判断を誤らないようにし、頭から信用してしまわぬよう気を付けましょう。

日本でも海外でも芸能人の豊胸手術は当たり前!?

美しさへの意識が強い韓国では、整形と同様、豊胸手術を受ける人はとても多いですね。それは、美しくあり続けなければならない芸能人にもいえることです。豊胸率の高い韓国のシンガーや女優さんは、かなり多くの人が手術を受けているといわれています。また、韓国に限らず、ハリウッドスターを始めとする海外の有名なシンガーや女優さん方も豊胸手術をしたとみられる方々が大勢います。

有名なのが、人気抜群のビヨンセやクリスティーナ・アギレラ、ジャネット・ジャクソンなどの女性シンガーですが、その他、ハリウッド女優の多くに疑惑が持たれています。日本でも、叶姉妹を筆頭に、ほしのあきなどが有名ですね。グラビアアイドルなどでは、豊胸手術は、もはやほとんどの人が受けているといわれています。

ここで、海外と日本の違いはというと、海外の芸能人は、人気絶頂の時に整形や豊胸手術を受け、さらに美を高めていますが、日本の場合は、人気の出る前、または人気が落ちた時に手術を受ける芸能人が多かったのです。

これは、やはりまだ日本では、整形や豊胸手術が当たり前とはなっておらず、隠れてするといったイメージがあるからでしょう。しかし、最近では豊胸手術を受ける女性も増え、芸能人においても、AKB48のメンバーが豊胸しているのはよく挙げられるところですし、一番新しいところでは、人気女優の上戸彩が豊胸したといわれていますね。これは、日本でも豊胸手術の認知度が上がってきたためだといえるのではないでしょうか。

このように、皆が憧れるキレイな芸能人も、それぞれがさらに美しくありたいと豊胸手術を受けています。バストの小さい女性が悩み、大きくしたいと思うのは当然ですね。しかし、いくら多くの芸能人が受けているからといっても、豊胸手術は決して100%安全なものではありません後遺症や、バストの不自然さなどのリスクも頭に入れ、十分な病院選びとカウンセリングをしてから行うようにしなければならないでしょう。

バストアップクリームで効果をプラス!効率アップを期待しましょう

バストが小さい悩みを持つ女性は多いものですが、やはり豊胸手術には躊躇しますよね。自分でバストアップが出来たら、それに越したことはありません。バストアップに効く食事や運動、サプリやマッサージなどでも、ある程度の効果は得られますが、もう少し目に見える変化が欲しいなと思ったら、バストアップグッズを利用してみるのも良いでしょう。

その中でも、効果が高く人気があるのはバストアップクリームです。バストに塗るだけで効果があるのですから、人気が高いのもうなずけますね。このバストアップクリームには、主に3つの働きがあります。一つは脂肪増殖効果です。バストに脂肪を蓄積してくれる働きです。成分としては、主にボルフィリンが配合されています。もう一つは女性ホルモンの活発化効果です。これは、同時に細胞の活性化の働きも果たしています。主な成分としては、女性ホルモンの分泌には欠かせないプエラリア・フラボノイド、また細胞を活性化するキサントンなどです。

そしてもう一つは美肌効果です。バストにハリとつやを与えてくれる働きです。成分としては、多糖体・ビタミン・ミネラルなどがあります。また、他にもローズマリーを代表とするハーブ類、スクワランなどがよく使用されています。どれも肌の細胞を活性化してくれる成分ばかりですね。十分に効果が期待出来るでしょう。

このように、バストアップクリームは、直接バストの脂肪を増やす他、女性ホルモンによって乳腺を発達させることからも脂肪を増やしてくれます。それに加え、肌を活性化してハリを与えるため、より効果的なバストアップを実現するのです。また、バストを支える皮膚にこのクリームを塗ることで、バストを支え、形作る皮膚の力が増大し、ダイレクトなバストアップ効果もあるでしょう。

大きなサイズアップは望めないかもしれませんが、バストにハリとつやを与えるバストケアとして、バストアップクリームはとても効果的だと思います。さらに、塗る時にマッサージをすることで、ダブルのバストアップ効果が期待出来るでしょう。マッサージは、リンパの流れや血行をよくするため、バスト周りの発達に欠かせません。それにクリームの働きをプラスすることによって、効果も倍増するのです。

自分で出来るバストアップ法の一つとして、バストアップクリームは十分に試してみる価値があるでしょう。お風呂上りにマッサージと共に、リラックスしながら使用してみるのはいかがですか。

豊胸するならやっぱり韓国?費用と技術のプラスとマイナスは!?

日本でも最近では豊胸手術を受ける女性も増え、罪悪感や後ろめたさといったものを持つこともなくなりましが、さらにオープンなのは、なんといっても韓国でしょう。韓国では整形手術や豊胸手術が盛んで、多くの女性が気軽に受けているのが実情です。その背景には、韓国人の美への意識の高さが大きく関係しているといえます。

美しくあることが良い事であるという意識の強い韓国では、卒業・入学・就職といった人生での転機において、整形や豊胸をする女性が数多くいます。特に面接などの前には、当たり前のように受ける人も多く、こうした転機や記念日のお祝いに、プレゼントとして豊胸手術を贈ることも珍しくありません。

こうした気軽に受けるイメージからか、韓国での豊胸手術を受ける際には、日本の病院ほどのカウンセリングが行われない場合も多く、説明が不十分である病院もあります。ですから、技術や経験が高い医師が多くても、手術後にトラブルとなることも多いのです。特に、後遺症に対しての説明が少ないのが目立つでしょう。

しかし、何といっても費用が安いため、日本からも多くの女性が豊胸手術のため、韓国を訪れます。韓国までの旅費を込みにしても、日本で受けるよりもかなり安いのです。整形外科の数も大変多く、ガイドブックにも「日本語OK」と書かれてある病院があるほど、近年、日本から整形や豊胸のために韓国へ行く女性は多く、そういった目的のツアーまで組まれているほどです。

では、韓国で豊胸手術するメリットとは一体なのでしょうか。まず費用の安さはもちろんですが、やはり手術が盛んな国なため、病院や医師が多く、経験や技術が豊富だということが挙げられます。また、旅行で数日間出掛けるという目的があるため、周囲の人に手術を受けたことを知られにくいということもあるでしょう。

そうしたメリットとは反対に、大きなデメリットもあります。豊胸手術はアフターケアがとても大切です。バッグを挿入した後に十分なマッサージなどを施さないと、カプセル拘縮が起きてしまいますし、また術後の傷跡の処置にも数週間掛かるものです。本来なら何度か通院して経過を診てもらうものですが、それが出来ないのは不安も大きいのではないでしょうか。身体を十分に休めることなく日本に帰って来なくてはならないのも、身体にはダメージがあるでしょう。

また、万が一医療ミスや、術後のトラブルなどがあった場合が大変です。保険は適応されないため、損害賠償請求をすることになりますが、もちろんその場合、韓国の裁判所に請求する事になります。距離も遠く、言葉も通じない場所でのこうした問題は、とても深刻でしょう。

このように、韓国で豊胸手術を受けるには、術後のトラブルにおいての覚悟も必要です。すぐに対処してもらえないのは、術後の身体にとって大きな不安と負担を抱えることになってしまいますから、安いからと気軽な気持ちで受けることは避けましょう。

18 / 19« 先頭...10...1516171819