豊胸手術

頻度は低くてもゼロじゃない!?感覚麻痺は豊胸手術のリスクです

バッグ挿入法による豊胸手術においては、異物を身体に埋め込むというものなので、身体に様々な悪影響が出ることは免れません。被膜拘縮を起こしたり、炎症を起こしたりといったリスクはかなりな確率で起こるので、皆様も御承知のことかと思います。こうした後遺症は、さらに見た目や感触の不自然さ、痛みやハレといった二次的な弊害をも招きます。

このような頻繁に起こるリスクの他にも、頻度は少ないものの、女性にとっては重大な後遺症として、感覚麻痺があります。広い範囲で完全知覚麻痺を起していない限りは、ほとんどの場合、時間が経てば感覚が戻るものですが、中には数カ月以上、もしくはずっと戻らない場合もあるのです。

感覚麻痺の起こる部分は主に乳頭から外側にかけての皮膚ですが、広範囲な場合には、胸・脇・腕などの皮膚感覚がマヒする場合もあり、かなり深刻なリスクだといえるでしょう。では、こうした感覚麻痺はなぜ起こるのでしょうか。

人口バッグを挿入する際には、バッグが中で動くことが出来るように、周りに空間を作ります。この時、一部の細かい神経を切断するのです。これらは時間が経てば元通りに感覚も戻りますが、この時大事な神経を傷つけてしまったり、神経が上手く戻らなかったりすると、感覚麻痺がおこるのです。

また、大胸筋下に挿入する場合、大胸筋を]R離する際に、肩から胸にかけての広い範囲の組織を傷付けることになります。この時にも細かい神経や血管を切断することになりますが、]R離範囲が広すぎたり、医師の技術が足りなかったりすると、やはり同じように大事な血管が傷付いてしまい、広い範囲で感覚麻痺が起こることがあるのです。

さらに、術後に感染症などを起こしたり、経過が悪かったりした場合にも、感覚麻痺を起す確立が高いとされています。バストの感覚が鈍くなってしまうのは、女性にとってショックなことだと思います。稀にしか起こりませんし、ほとんどがゆっくりと回復していくものですが、治る確証がないのはとても不安ですね。

豊胸手術には、やってみなければわからないような、様々なリスクが存在します。決して身体に良いものではないことをよく理解し、熟練した医師を選んで手術を受けることが大切なのです。

バストの美容整形で美しく!豊胸だけでないバストの手術とは

美容整形は、今や多くの女性が前向きになるために活用されているものとなっています。目・鼻・口元・フェイスラインなどの顔の整形はもちろん、しみ・たるみ・しわなどのアンチエイジングや痩身、レーザー脱毛、プチ整形など、女性にとって魅力的なものがたくさんありますね。

そしてその美容整形の一つとして、バストの美容整形があります。その最も有名なものとしては、豊胸手術がありますね。主にはシリコンバッグ挿入や脂肪注入による豊胸や、ヒアルロン酸注入によるプチ豊胸などがあり、大変に人気があるものです。

しかし、バストの悩みには、小さいというだけでなく、様々なものがあります。女性にとってバストはシンボルでもありますから、大きさだけでなく、美しさにもこだわりが大きいのもうなずけますね。ですから、バストの美容整形は豊胸手術に限りません。

では、他にどんなものがあるかといえば、まず「バスト形成」です。これは、大きくするのではなく、垂れたバストを吊り上げるものです。授乳や加齢で垂れてしまったバストをリフトアップし、若々しいバストにしてくれます。

他には乳頭や乳輪の美容整形があります。まず「乳頭・乳輪形成」といって、乳頭が埋まっている場合に、改善するものです。また、「乳頭・乳輪縮小」といって、乳頭・乳輪を小さく整えるものや、「乳頭・乳輪美白」といって、乳頭・乳輪の黒ずみを除去するものもあります。また他には、乳頭・乳輪にあるブツブツ(モンゴメリー線)を除去するといったものもあります。

このように、女性には人には言えないバストに関する様々な悩みがあり、それを改善してくれる美容整形があるのです。もちろん身体にメスを入れるものもあり、どれもが100%安全ではありませんが、こうした整形で前向きに人生を考えられるようになるのであれば、その効果は大変大きく有意義なものかもしれません。
(⇒豊胸手術における失敗

しかし、どんな美容整形においても、必ず事前にしっかり病院を選び、カウンセリングを十分に行って、後悔の無いように受けることが大切です。

バストアップに不可欠な動物性タンパク質は上手に摂りましょう!

美容と健康に良いとされる食べ物はたくさんありますが、その中でも、乳製品や大豆製品などは必ず名前が挙がる食品ですね。それは、何といってもタンパク質を豊富に含んでいるからです。タンパク質というのは、筋肉や血液を作る働きをする栄養素であり、人の身体には無くてはならないものなのです。
(⇒乳製品におけるバストアップ効果
(⇒大豆製品におけるバストアップ効果

ひとくちにタンパク質といっても、タンパク質には「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」があります。動物性タンパク質は主に肉類・魚類・乳製品・たまごなどに含まれており、植物性タンパク質は主に大豆などの豆類・玄米などの穀類に含まれています。

もともと日本人は動物性タンパク質より、植物性タンパク質の摂取の割合が多かったのですが、欧米化の食生活の影響によって、近年では肉食中心の動物性タンパク質を多く摂るようになりました。そのため、欧米女性のボリュームある体型の日本女性も増えてきています。

動物性タンパク質は、筋肉や血液を作る働きによって、バストを支える大胸筋を強化し、バスト自身にもハリをもたせることによって、バストアップをしてくれます。しかし、植物性タンパク質とは違って、コレステロールが上がりやすく、脂肪分も多いため、摂り過ぎると肥満を招いてしまいます。出来ればバスト以外に脂肪を蓄えてしまわないよう、運動を併用して、肥満防止を心掛けることも大切になってきます。

ですから、バストアップをしたいからと動物性タンパク質を過剰に摂り過ぎるのはよくありません。あくまでも動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく摂ることで、より高い効果を発揮することが出来ますし、まして痩せ気味でない限りは、出来るだけ植物性タンパク質を中心に摂ることをおすすめします。

もちろん痩せ気味であったり、体力が衰えていたり、貧血気味である場合には、動物性タンパク質を多めに摂るのが良いでしょう。カロリーが気になる方でしたら、魚類・鶏のささみ・ヨーグルトなどを中心に摂るようにすれば、動物性でも高タンパクで低脂肪です。日本人に合った食生活を見直しながら、毎日の食事に積極的に取り入れていくのが理想だといえるでしょう。

いきなりのボリュームアップから理想のバストアップを作る補正下着

バストの小さい女性にとっては、胸の開いた服をセクシーに着こなすことは大きな夢ですね。豊胸手術を考える女性の大半が、男性に魅力的に見せたいという理由からだと思います。しかし、豊胸手術で手に入れたバストは、実際の見た目や感触が、どうしても不自然であり、それが男性に受け入れらるかどうかは疑問です。そこで、まずは補正下着によって、服を着た状態でのバストアップから始めてみてはいかがでしょうか。

バストアップ用の補正下着には、ブラジャーの他、ニッパーやバストアップシェイパーなどがありますが、どれもお腹や背中、ウエストのお肉をしっかりバストに集めてくれる頼もしい味方です。集められる肉というのは、本来バストから流れてしまったものが大半なので、こうして本来の場所を教えてあげることで、実際に肉が移動し、バストアップが出来るのです。
(⇒バストアップ用ブラジャー
(⇒バストアップ用ニッパー

周りの気になる部分を引き締めて、バストにボリュームアップ、リフトアップをすることが出来ますから、見た目にかなりなサイズアップが出来、憧れの谷間も作れます。背筋も伸び、姿勢が良くなる効果もあるため、かなり魅力的で美しい外見を手に入れることが出来るでしょう。今は有名下着メーカーなどでも数多く販売もしていますから、デザインも品質も良いものが多くて嬉しいですね。

こうした補正下着は、自分のサイズと形に合ったものを正しく着用することが大切です。ですから、出来れば専門店でキチンと選んでもらい、正しいつけ方をレクチャーしてもらいましょう。下着としては多少高額にはなりますが、豊胸手術やエステに通うことを考えたら、比べものにもなりません。それで、憧れのバストを手に入れるのであれば安いものでしょう。

しかも、バストに手を加えることなく、いきなりサイズアップが出来るだけでなく、段々自分のバストを理想に近づけてくれるのですから、とてもおすすめだといえます。服を脱いだ時に不自然なバストをさらすより、多少小さくても、自然のバストで居た方が絶対に不安も心配もないと思いませんか。水着や下着姿用のバストアップ用パットだってあるのですから、わざわざバストの中にバッグなどを入れる必要はないのではないでしょうか。

人気の豊胸手術にもデメリットが!?その隠れた危険性とは?

理想的なバストが一瞬にして手に入るというメリットから、人気の高い豊胸手術ですが、もちろんメリットばかりではありません。身体にメスを入れる手術の場合は特に、身体への負担や危険が大きいのが事実です。それは豊胸手術における最大のデメリットであるといえましょう。メリット同様、手術方法によってデメリットも違ってきます。

まず「バッグ挿入法」においては、まずバッグを入れる際に、脇の下、もしくは乳房の下を切開します。まさに身体にメスを入れるものであり、もちろん人によっては傷がなかなか治らなかったり、傷跡が残ってしまう場合もあります。これは、女性にとってかなり大きなデメリットでしょう。

さらに、異物を挿入することによって、身体が拒絶反応を起こし、バッグの周りに膜を作って押し出そうとします。するとバッグが硬く膨らんで硬縮状態になり、胸が張ったり、ひどいとバッグを除去しなければなりません。また、バッグの異物感が気になったり、見た目や感触の不自然さから、バレはしないかと心配になったりと、精神的なダメージが大きくなってしまう場合もあります。

次に「脂肪注入法」ですが、自分の脂肪を注入しても、実際に生着してくれるのは半分ほどの脂肪だといわれています。すると、残りの脂肪にカルシウムが沈着して石灰化し、壊死を起こしてしまうという大きなデメリットがあります。こうなると、しこりが出来てしまったり、乳がんを誤診される場合もあります。また、脂肪を吸引した部分の不自然さや傷も大きなデメリットとなることも多いのです。

そして「ヒアルロン酸注入法」においては、身体的なデメリットはほとんど無い優等生ですが、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうため、その効果は数か月だといわれています。繰り返し施術を受けに行かねばならないため、結果、時間と費用がかかってしまうというデメリットがあります。

このように、人気の豊胸手術にも、身体に悪影響を及ぼすデメリットがたくさんあります。決して気軽に受けるものではないのです。それぞれの手術方法のデメリットを良く知り、医師とよく相談したうえで決めることが大切です。後で後悔しないよう、まずは十分な知識を得て、信頼出来る病院を選びましょう。

基本はオッケーでも稀に起こるトラブルも考えたい豊胸手術後の授乳

女性には、一生のうちに出産という一大イベントがありますね。しかし、その前に豊胸手術を受けた方にとっては、通常よりも何かと不安に思うことは多いのではないでしょうか。その中でも最も心配されるのが授乳に関してです。豊胸手術をしたバストから母乳をあげるのですから、安全面でも非常に心配なことだと思います。では、豊胸手術によって、授乳にどんな影響があるのでしょうか。

基本的には、よほどのことが無い限り、影響はありません。母乳は乳腺が傷付いていなければ、正常に母乳が作られ、授乳することが出来るのです。特に、脂肪注入法ヒアルロン酸注入法では、体内にある物を入れるだけですから、トラブルはほとんどありません。問題はバッグ挿入法となりますが、これも大胸筋下に入れる場合には、乳腺には触れないので、授乳に対する安全性は高いといえます。しかし、乳腺下に入れる場合は、多少影響があるでしょう。また、どちらの場合も、手術時には、稀に乳腺を傷付けてしまうこともありますし、術後の強いマッサージによって傷付けてしまうこともあるのです。バッグの除去によっても乳腺を傷付けることはよくあります。ですから、全く安全というわけにはいきません。

また、バッグの圧迫によってが母乳が出にくい場合もあり、反対に母乳による乳腺の圧迫によって、バッグが破損するといった問題も少ないですがあるのが事実です。もちろんバッグが破損して中身が出てしまうと授乳は出来ません。コヒーシブシリコンなどのバッグであれば中身が出なくて大丈夫だといわれていますが、実際には母乳への影響が心配なので、やはりやめた方が良いでしょう。バッグの交換なども、授乳中は出来ず、授乳後まで待つことになります。

他に問題としては、母乳のせいで胸が張っているのか、バッグの拘縮を起こしているかが自分ではわかりにくいということがあります。実際、豊胸手術をした後の授乳時においては、拘縮や乳腺炎が起きやすいものです。十分に気を付ける必要があるでしょう。そしてもう一つの問題として、バストの変形があります。授乳後は、誰でも多少はバストがたるんだりしぼんだりするため、その影響があらわれると、授乳後に形が変わってしまう恐れもあるのです。

このように、基本的には授乳に影響がないとされる豊胸手術ですが、中には稀に母乳が出にくかったり、授乳後のバストに影響が出る場合もありますので、出産を考えている女性であれば、手術を受ける前に、そういったことも十分に理解しておく必要があるでしょう。

生着率アップの注入法も、それを活かせる医師の技量次第!?

自分のお腹や脚から脂肪を吸引して、それをバストに吸引するのが脂肪注入による豊胸手術です。しかし、吸引した脂肪をそのままバストに吸入しても、ほとんどが生着せずに死んでしまうか、もしくは吸収されてしまい、豊胸の効果が台無しです。しかも何より、壊死や石灰化を引き起こして身体にも悪影響を及ぼしてしまいます。それでは意味が無いので、現在では最新技術によって、生着率がぐんと上がる方法が取られています。
(⇒脂肪中による壊死について

そして、その代表ともいえるのがコンデンスリッチファット豊胸です。これは、取り出した脂肪から死活・老化細胞や不純物を除去し、健康で新鮮なコンデンスリッチファット(濃縮脂肪細胞)だけを注入する方法です。このコンデンスリッチファットの抽出は、FDA(アメリカ食品医薬品局)承認のLIPOMAX-SCという専用のウェイトフィルターで、圧力を加えて遠心分離して行います。そして、「日本医療脂肪幹細胞研究会CRF協会」に認可を受けた医師のみが施術可能です。

つまり、この施術を行うには、専用機器と認定医が必要だということです。くれぐれもその辺を確認して受けるべきですね。かなり高い生着率が期待出来るため、石灰化やしこりを防ぎ、持続率も長くなる手術です。どうせ受けるのなら、信頼出来る病院で受けましょう。

この他にも生着率を上げる方法として、脂肪幹細胞注入法があります。これは取り出した脂肪の一部から幹細胞を抽出し、残りの脂肪と混ぜて注入する方法です。幹細胞というのは色々な細胞に変化する性質があるので、注入先のバストで増殖し、血管にもなって生着を促進していきます。再生医療の要となっている細胞だけに、その効果は絶大だといえるでしょう。

今までは取りだした脂肪の半分から細胞幹を抽出し、残りの半分と混ぜて注入していましたが、今は少量の脂肪から細胞幹を抽出して、生体内・生体外で培養して移植する方法も取られており、さらなる効率アップが期待されるところです。でもこの方法をするには、それに見合った設備と医師が必要となります。

こうした生着率アップのための技術にも、信頼ある医師であることが必要ですが、何より実際に注入する際には、バストの形や状態を見ながら丁寧に確実に注入していく必要があります。注入する量や、入れ方によっては、固くなったりいびつになったりと、トラブルも多いものです。どんなに良い脂肪を注入しても、注入の仕方で失敗しては台無しですよね。経験豊富で技術の高い医師を選ばねばなりせんが、これは実際のところ難しい問題です。とにかく大事な身体を委ねるのですから、後で後悔しても遅いことをお忘れなく。

ローションを塗るだけで簡単・効果的にバストアップを

バストを大きくしたい女性が多いのと同じように、バストアップグッズも数多くありますが、中でもクリームやローションは、塗るだけでバストアップが期待出来るという人気のグッズです。成分や効果はほとんど同じですが、ローションはクリームより塗りやすく、浸透するのが早いのでベタつきがありません。付け心地の好みによりますが、浸透率の高さでは、ローションの方が優れているといえるでしょう。
(⇒バストアップクリームの効果

ローションのバストアップ効果において最も大きなものは、脂肪細胞を増殖・分化させ、バストに脂肪を蓄積する効果です。脂肪が増えることでバストがボリュームアップします。これは主に、ハナスゲ根エキスである「ボルフェリン」という成分の働きによります。また、女性ホルモンを活発化させることで、乳腺を発達させ、乳腺を守る脂肪を増やす効果があります。これは、キグリア・プエラリアミリフィカ・ザクロエキス・豆乳発酵エキスなどの成分による働きです。
(⇒プエラリアミリフィカのバストアップ効果

その他にも、コエンザイムQ10・トコフェロール・アロエベラエキス・クロレラエキスなどや、ビタミン・ミネラル・多糖体など、多くの成分の働きによって、バストアップ効果を増したり、さらに美白・美肌効果も十分に期待出来ます。新陳代謝を高め、血行を良くする働きは、細胞を活性化する効果によって、バストにハリを与えてくれるでしょう。

バストアップローションは、エステなどでも利用されているように、マッサージしながら塗りこむことで、より高い効果を発揮出来ます。お風呂上りなど、血行の良い時などに、マッサージをしながら続けてみましょう。リラックス効果も手伝って、高いバストアップ効果が期待出来そうですね。自分で出来るバストアップの味方として、是非マッサージと共に加えて欲しいバストアップグッズです。
(⇒バストアップに効果的なマッサージ法

豊胸手術の最大のデメリット?異物感の克服は大変です!

豊胸手術で一番行われているのが、シリコンバッグを挿入するプロテーゼという方法です。最近は安全性が高く、感触も自然に近付いた高性能のシリコンバッグが開発されていて、比較的気軽に手術を受ける方も増えてきました。しかし、豊胸手術は決して簡単で安全なものではありません。リスクはたくさんあるのです。

バッグを挿入した場合にも、見た目や体調において様々なトラブルがありますが、その中でも多くの方が感じるデメリットが「異物感」です。体内に異物を埋め込むのですから、これは当たり前に感じることなのですが、いくら理解はしていても、実際に、常に異物を抱えているという感覚は、なかなか慣れないものです。

本来あるはずのないものがあることで、時間が経つにつれ、バッグは周囲の組織に負担を掛けるようになります。すると異物感がさらに増す場合があります。また、バッグが劣化した場合なども、変形などによって異物感を感じることもあります。こうした異物感は、人によっては息苦しいと表現される場合も多く、その負担の大きさがよくわかります。

また、感触が自然のバストにくらべ固いことでも、異物感を感じる方は多いでしょう。さらに、異物への拒絶反応として被膜拘縮が起こると、バストは固くなり、さらに感触は不自然となり、異物感は増してしまいます。

バッグを挿入した時点で、寿命が来たら取り出さなくてはならないということは確定します。つまり、手術を受けた時点で再手術への不安を抱えることになります。ただでさえ、手術後は身体や仕上がりに対する不安は大きいものですから、何も問題がなくても、精神的負担はかなり掛かることになります。

そのうえ、バッグに対する異物感が取れなければ、かなりなプレッシャーとなるのはお分かりだと思います。気になる方にとっては耐えがたいものとなり、バッグの摘出を考える方も多くいらっしゃいます。もちろん、こうした異物感をほとんど感じることなく、仕上がりに満足していらっしゃる方もたくさんいらっしゃるので、人それぞれです。

自分の性格によって、「もしかしたらダメなのでは・・」と思うのであれば、やはり止めた方が良いでしょう。または、脂肪注入法など、他の方法を考えてみてはいかがでしょうか。

バッグよりはまし!?脂肪注入法もデメリットはどんぐりの背比べ

豊胸手術において、バッグ挿入法と並ぶ方法に脂肪注入法があります。これはそもそも乳房の再建を目的とした再生医療から生まれた方法であり、安全性でいえば、バッグ挿入法よりも高いかもしれません。バストに挿入するのが人工物でなく、自分の脂肪だという安心感があるからです。自分の気になる部分から脂肪を吸引するので、痩身を望む人には一石二鳥だといえるでしょう。

しかし、安全性が高いとは言っても、バッグに比べれば・・と、いうことです。手術にはリスクが付き物であり、この脂肪注入においても例外ではありません。一番多いリスクとしては、生着出来なかった脂肪が壊死を引き起こすことでしょう。そしてそれを軽減する為に、再生医療である脂肪幹細胞注入法が生まれました。

幹細胞は、色々な細胞に変化し、分裂を繰り返して増殖するので、人間の失われた臓器や組織を作り出す再生医療の核となるものです。ですから、抽出した脂肪の半分からこの幹細胞を取り出して、残りの脂肪と混ぜてバストに挿入することで、バストで血管を新生し、増殖していきます。つまり生着率が高くなるわけです。ただこの方法だと、注入する2倍の脂肪を吸引しなくてはならないので、現在では少量の脂肪から幹細胞を取り出し培養する方法も取られ、さらに生着率を上げています。

そして、脂肪注入法の最新医療として、今最も行われているのがコンデンスリッチ法でしょうか。取りだした脂肪を専用のウェイトフィルターにかけ、圧力による遠心分離によって、死活・老化細胞・不純物を除去することで、良質で新鮮な脂肪のみに濃縮されます。ですから定着率もグンと高く、持続率もアップするのです。外気に触れずに濃縮するため、感染症の軽減にも効果があります。

こうしてみると、じゃあ問題ないんじゃないの・・と、お思いになるかもしれませんが、これはあくまでも生着率が高まったというだけで、100%になったというわけではありません。壊死した脂肪が石灰化するリスクは無くなってはいないのです。いくら人工物ではないとはいえ、他の部分から取った脂肪をバストに入れるわけですから、もとと同じの状態になるわけはありません。しこりや炎症の後遺症は多かれ少なかれ起こるでしょう。

感触や見た目は自然かもしれませんし、レントゲンなどでも写らないため、豊胸だとバレる心配は、バッグ挿入に比べればかなり低いでしょう。でも脂肪吸引というもうひと過程を経なければなりませんし、せっかく注入した脂肪が吸収されて持続しない場合も考えると、バッグ挿入法とどっこいどっこいなのではないかと思ってしまいます。

17 / 19« 先頭...10...1516171819