バストアップクリームの働きと効果

バストアップクリームで効果をプラス!効率アップを期待しましょう

バストが小さい悩みを持つ女性は多いものですが、やはり豊胸手術には躊躇しますよね。自分でバストアップが出来たら、それに越したことはありません。バストアップに効く食事や運動、サプリやマッサージなどでも、ある程度の効果は得られますが、もう少し目に見える変化が欲しいなと思ったら、バストアップグッズを利用してみるのも良いでしょう。

その中でも、効果が高く人気があるのはバストアップクリームです。バストに塗るだけで効果があるのですから、人気が高いのもうなずけますね。このバストアップクリームには、主に3つの働きがあります。一つは脂肪増殖効果です。バストに脂肪を蓄積してくれる働きです。成分としては、主にボルフィリンが配合されています。もう一つは女性ホルモンの活発化効果です。これは、同時に細胞の活性化の働きも果たしています。主な成分としては、女性ホルモンの分泌には欠かせないプエラリア・フラボノイド、また細胞を活性化するキサントンなどです。

そしてもう一つは美肌効果です。バストにハリとつやを与えてくれる働きです。成分としては、多糖体・ビタミン・ミネラルなどがあります。また、他にもローズマリーを代表とするハーブ類、スクワランなどがよく使用されています。どれも肌の細胞を活性化してくれる成分ばかりですね。十分に効果が期待出来るでしょう。

このように、バストアップクリームは、直接バストの脂肪を増やす他、女性ホルモンによって乳腺を発達させることからも脂肪を増やしてくれます。それに加え、肌を活性化してハリを与えるため、より効果的なバストアップを実現するのです。また、バストを支える皮膚にこのクリームを塗ることで、バストを支え、形作る皮膚の力が増大し、ダイレクトなバストアップ効果もあるでしょう。

大きなサイズアップは望めないかもしれませんが、バストにハリとつやを与えるバストケアとして、バストアップクリームはとても効果的だと思います。さらに、塗る時にマッサージをすることで、ダブルのバストアップ効果が期待出来るでしょう。マッサージは、リンパの流れや血行をよくするため、バスト周りの発達に欠かせません。それにクリームの働きをプラスすることによって、効果も倍増するのです。

自分で出来るバストアップ法の一つとして、バストアップクリームは十分に試してみる価値があるでしょう。お風呂上りにマッサージと共に、リラックスしながら使用してみるのはいかがですか。

このエントリーをはてなブックマークに追加