ビタミンEの作用とバストアップ効果

ビタミンEの抗酸化作用でハリを与え、バストアップを図ろう

タンパク質の成分であるアミノ酸と並んで、バストアップに効果的とされる栄養素にビタミン類がありますが、その中でもビタミンEは欠かせません。ビタミンEというのは、脂溶性ビタミンの一種で、老化の原因となる過酸化脂質という物質を抑制してくれることから、老化防止に役立ちます。

この抗酸化作用と新陳代謝を促進する働きから、若返りの効果があるとされています。ですから、バストにもハリを与え、バストアップに効果があるのです。さらに、活性酸素を除去し、身体を守ってくれることから、生活習慣病予防にも効果的とされています。

また、ビタミンEは女性ホルモンを整えてくれる働きもあり、女性ホルモンの分泌を促進してくれるので、乳腺を活発化させ、バストの脂肪を増やしてくれることからも、バストアップ効果が期待出来るでしょう。毛細血管を広げ、血液の流れを良くすることでも、バストアップの手助けをしてくれます。ビタミンEが不足すると、血行不良や冷えを引き起こしてしまうので、女性は特に、積極的に摂りたい栄養素ですね。

ビタミンEを豊富に含む食べ物としては、アーモンド・かぼちゃ・ピーナッツ・玄米・にんにく・ニラ・緑茶・植物油などがあります。熱に弱い成分なので、生で摂るのが理想です。また、ビタミンCと一緒に摂ると抗酸化作用が高まり、より効果的です。

一番良いのは、タンパク質や他のビタミンと共に、バランス良く摂ることです。毎日の食生活の中に、このビタミンEを上手に取入れながら、栄養バランスの取れた食事によって、健康的にバストアップをしてみましょう。過剰摂取は血液が固まりやすくなるという弊害もありますので、サプリメントなどからの摂り過ぎは避け、食べ物から摂るのがおすすめです。
(⇒バストアップに大切な食生活

このエントリーをはてなブックマークに追加