大豆製品のバストアップ効果について

女性の味方イソフラボンを大豆製品で!効果的にバストアップを

バランスの取れた食事が健康と美容に良いのはもちろんですが、嬉しい事に、バストアップにもとても効果があります。バストアップを願う人にとって、効果的な栄養素を豊富に摂ることは、手術やエステ、グッズになどに頼らず出来る最良のバストアップ法なのです。

そして、そのバストアップに効果的な栄養素を含む食べ物として、大豆製品があります。畑のお肉といわれる大豆は、昔から健康に良いとされ、日本では日々の食卓にたっぷり取り入れられてきました。タンパク質やビタミンB群が豊富に含まれているため、身体を作るうえでとても大切な栄養素なのです。

これらの栄養素の働きによって、筋肉や血液に作用し、新陳代謝を活発にすることで、皮膚にもハリを与え、バストアップに効果を発揮します。しかし、大豆製品がバストアップに効果的なのには、さらに秘密があります。大豆はポリフェノールの一種であるイソフラボンという成分を含んでいます。このイソフラボンは植物性エストロゲンといい、女性ホルモンと似た働きをするのです

女性ホルモンというのは、女性らしい身体つきにしてくれるのはもちろん、乳腺を発達させることでバストの脂肪を増やすため、バストを大きくしてくれます。また、肌のコラーゲンの量を保ってくれる働きから、水分とハリをキープしてくれるので、バストにもハリを与えてくれます。つまり、2重のバストアップ効果があるというわけです。

さらに、他にもこのエストロゲンには、骨からのカルシウム溶出を抑制することによって、骨を丈夫にしてくれる働きや、コレステロールを低下する働き、また自律神経を整えてくれる働きなど、女性にとって必要な働きがとても多いものなのです。

また、イソフラボンはポリフェノールの一種ですから、抗酸化作用も抜群で、健康面でも高い効果があります。残念ながら、このエストロゲンは多量に含まれているわけではないうえに、人によってその効果には差があります。しかし、長期的に摂ることで、必ずプラスに働くでしょう。

大豆製品としては、大豆・小豆・納豆・豆腐・枝豆・グリンピース・豆乳・味噌・醤油などがあります。どれも和食には欠かせないものばかりですから、昔ながらの食卓を見直してみるのも良いでしょう。時間が無く、外食に頼りがちな方でしたら、納豆や豆腐、豆乳といったそのまま摂れる食品を日々の食時にプラスしてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加