バストアップに効果的なタンパク質の働き

タンパク質でバストアップ!?ホルモンの分泌アップがその秘密です

女性なら誰しも,大きくて美しいバストに憧れるものですね。胸の小ささに悩む女性は多く、本人にとっては深刻なコンプレックスになっている場合もあります。しかし、豊胸手術などはリスクも高く、費用も掛かります。そこまでは考えられないという方が多いのではないでしょうか。

もし自分で効果的なバストアップが出来るのであれば、それは何より理想ですね。実は食べ物によってもバストアップは可能なのです。バランスの取れた食生活をすることが健康に良いのはいうまでもありませんが、バストアップにも効果を発揮するのです。

そして、その中でも最も効果的とされる栄養素が「タンパク質」です。タンパク質というのはアミノ酸で構成されたもので、3大栄養素のひとつでもあります。筋肉・血・骨を作る働きがあり、また、ホルモンの分泌を促進します。人間の身体に欠かせない栄養素なのです。

筋肉や血をつくる働きによっても、もちろんバストアップに効果がありますが、女性ホルモンの分泌を促進する働きによっても大きな効果があります。バストというのは、90%に脂肪と10%の乳腺から出来ていて、乳腺が発達することで、それを保護する脂肪が増え、大きくなります。ですから、乳腺を刺激し発達させる女性ホルモンを摂ることで、バストアップすることが出来るのです。

では、このタンパク質を摂るには、何を食べれば良いのでしょうか。まずタンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質があり、動物性タンパク質が豊富な食べ物には乳製品・肉類・魚類・たまごなどがあります。そして植物性タンパク質が豊富な食べ物には大豆製品・ナッツ類などがあります。どれも食べやすいものが多く、毎日の食生活に取入れやすいですね。

中でも大豆は、イソフラボンという、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分を含み、バストアップに大変効果的とされています。また、良質のタンパク質を豊富に含むヨーグルトもバストアップの代表的な食べ物とされています。本来、動物性タンパク質と植物性タンパク質は、バランスよく摂るのが基本ですが、肥満が気になる方でしたら、植物性タンパク質を中心に摂るのが良いでしょう。

大豆製品であれば、豆乳・豆腐・納豆などは、そのまま食べられますし、乳製品も牛乳・ヨーグルト・チーズなどは、そのまま食べられますね。しかも毎日習慣付けて食べられるものばかりです。肉・魚・たまごも手軽に調理して食べられる食材ですね。

タンパク質はこうしたバストアップ効果だけでなく、身体を健康に保つためにも大切です。不足すると体力の低下や貧血を招きます。健康的にバストアップが出来る有能な栄養素ですから、毎日の食生活に積極的に取り入れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加