バストアップできる食べ物・栄養

記事一覧

ビタミンB6の力でバストアップを効果的に!美しいハリを手に入れよう

バランスの取れた食生活によってバストアップは期待出来ますが、特に有効な栄養素を積極的に摂ることで、その効果は上がります。バストアップに欠かせない栄養素としては、まずタンパク質が挙げられますが、そのタンパク質の代謝を高め、エネルギーを作る働きをする成分として、「ビタミンB6」があります。
(⇒バストアップに大切な食生活

このビタミンB6は、その他にも皮膚や粘膜の健康を維持する働きや、脂質の代謝を高める働きがあるので、バストにハリと美しさを与えるのに欠かせない栄養素なのです。しかも、女性ホルモンであるエストロゲンの代謝にも欠かせなく、活性化・分泌促進をしてくれます。エストロゲンの分泌が促進されると、乳腺が発達し、バストに脂肪が付くことからも、バストアップ効果が期待出来るでしょう。

このビタミンB6は、水溶性のビタミンであり、腸内細菌によって体内でも生成されるものです。一日の上限摂取量が約100mgとされていますので、あまり摂りすぎてもよくありません。特に、ビタミンB群は、お互いに助け合って機能を効果的に発揮しますので、B6だけ大量に摂れば良いというわけではなく、ビタミンB群をバランス良く摂ることが大切でしょう。

ビタミンB6を豊富に含む食べ物としては、バナナ・小麦胚芽・大豆・さつまいも・鶏肉・レバー・イワシ・マグロ・卵などがあります。比較的いろいろな食品に含まれているので、バランスの良い食事を心掛けていれば、不足するものではないでしょう。また、B群は全体的に熱に弱い成分でもあるので、調理に工夫すると良いかもしれません。

ビタミンB6が不足すると、口内炎や貧血の原因にもなるので、女性は豊富に摂ると良いですね。基本はバランスの取れた食事で十分ですが、不足してるなと思ったら、プラスこうした食べ物を意識的に摂るようにしましょう。健康的なバストアップ効果が発揮出来るでしょう。

ビタミンEの抗酸化作用でハリを与え、バストアップを図ろう

タンパク質の成分であるアミノ酸と並んで、バストアップに効果的とされる栄養素にビタミン類がありますが、その中でもビタミンEは欠かせません。ビタミンEというのは、脂溶性ビタミンの一種で、老化の原因となる過酸化脂質という物質を抑制してくれることから、老化防止に役立ちます。

この抗酸化作用と新陳代謝を促進する働きから、若返りの効果があるとされています。ですから、バストにもハリを与え、バストアップに効果があるのです。さらに、活性酸素を除去し、身体を守ってくれることから、生活習慣病予防にも効果的とされています。

また、ビタミンEは女性ホルモンを整えてくれる働きもあり、女性ホルモンの分泌を促進してくれるので、乳腺を活発化させ、バストの脂肪を増やしてくれることからも、バストアップ効果が期待出来るでしょう。毛細血管を広げ、血液の流れを良くすることでも、バストアップの手助けをしてくれます。ビタミンEが不足すると、血行不良や冷えを引き起こしてしまうので、女性は特に、積極的に摂りたい栄養素ですね。

ビタミンEを豊富に含む食べ物としては、アーモンド・かぼちゃ・ピーナッツ・玄米・にんにく・ニラ・緑茶・植物油などがあります。熱に弱い成分なので、生で摂るのが理想です。また、ビタミンCと一緒に摂ると抗酸化作用が高まり、より効果的です。

一番良いのは、タンパク質や他のビタミンと共に、バランス良く摂ることです。毎日の食生活の中に、このビタミンEを上手に取入れながら、栄養バランスの取れた食事によって、健康的にバストアップをしてみましょう。過剰摂取は血液が固まりやすくなるという弊害もありますので、サプリメントなどからの摂り過ぎは避け、食べ物から摂るのがおすすめです。
(⇒バストアップに大切な食生活

目に良いだけじゃない!ビタミンAはバストアップにも強い味方です

バストアップに効果的な食べ物には、大豆やキャベツといった代表選手がありますね。しかし、その他にも様々な栄養素が、バストアップに効果があるのです。そのひとつにビタミン類がありますが、中でもビタミンAは、バストアップだけでなく、バストにハリとつやを与えてくれます。

ビタミンAというのは脂溶性ビタミンで、レチノールやβカロチンなどを含みますが、肌や粘膜を正常に保つ働きがあります。レチノールには老化防止効果も期待されていますし、βカロチンは粘膜や皮膚の抵抗力を高めます。つまり、バストアップに加えて、バストの美肌効果があるというわけです。

ビタミンAを豊富に含む食べ物には、レバー・ピーマン・バター・チーズ・ウナギなどがありますが、中でもチーズには、緑黄色野菜より豊富に含まれています。そのまま手軽に食べられるものでもあるのでおすすめです。また、体内でビタミンAに変わるカロチンにも、もちろん同様の効果がありますが、このカロチンを豊富に含む食べ物には、ニンジン・かぼちゃ・ほうれん草・ニラなどがあります。ビタミンAは、油を使って調理することで、身体への吸収が良くなりますので、炒めたり揚げたりといった調理法で効果もアップします。

目に良いとか、皮膚に良いということで有名なビタミンAですが、肌にハリを持たせる効果から、実はバストアップにも効果的なのです。バランスの取れた食事を摂っていれば、それで必要量は摂取出来ているものですが、少し意識して、積極的にこうした食べ物をとることによって、身体の健康はもちろん、望みのバストアップが期待出来るでしょう。
(⇒バストアップに大切な食生活

リスクの多い豊胸手術などに頼らず、こうした栄養素をバランスよく摂り、食べ物によるバストアップを試してみてはいかがでしょうか。健康的に自然で美しいバストを手に入れましょう。

アミノ酸はバストアップの強い味方!たくさん取り入れて美容と健康を

バストアップに欠かせない栄養素として、タンパク質がありますが、そのたんぱく質を作っている最小の成分として、アミノ酸があります。人間の身体の20%を占めるこのアミノ酸は、コラーゲンの原材料でもあり、新陳代謝を活発にし、脂肪細胞を活性化するため、老化予防としても知られるところです。

このアミノ酸は、タンパク質の働きでわかるように、人間の細胞やホルモンを形成する大切な栄養素であり、女性ホルモンを活性化することにより、乳腺を発達させ、バストの脂肪を増やします。それがバストアップのしくみなのです。

アミノ酸には多くの種類がありますが、そのうち体内で作ることが出来ないアミノ酸を必須アミノ酸と言い、食品から取り入れなくてはなりません。この9種類ある必須アミノ酸は、バストアップに効果的なのはもちろん、不足すると筋肉・血液・骨の合成に障害が出てしまうほど大切な栄養素なので、積極的に摂る必要があります。また、これらはバランスよく摂ることによってその働きを発揮します。

アミノ酸にもタンパク質同様、動物性と植物性があり、動物性は、主に牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品や魚介類に豊富に含まれ、植物性は、豆腐などの大豆食品・緑茶・アボカドなどに豊富に含まれています。必須アミノ酸では、「バリン」は大豆・鰹節・鶏肉、「イシン」は牛肉・レバー・ほうれん草、「イソロシン」は牛肉・鶏肉・鮭、「ヒスチジン」は鶏肉・魚・干物、「メチオニン」はのり・しらす・牛乳、「リジン」はあじ・レバー・卵、「フェニルアラトン」は肉・魚・卵、「トリプトファン」は牛乳・チーズ・小麦、「スレオニン」は大豆・しらす・まぐろなどに豊富に含まれます。

こうしたアミノ酸の栄養素は、普段バランスの良い食生活をしていれば、問題なく摂れているものですが、身体全体の体力低下時にはタンパク質を意識し、それぞれのパーツの効果を期待するのであれば、アミノ酸で細かく補うことで、効果的にバストアップにも繋がります。

豊胸手術などに頼る前に、アミノ酸を食品からたっぷり摂って、健康的で効果的なバストアップをしてみませんか。

タンパク質でバストアップ!?ホルモンの分泌アップがその秘密です

女性なら誰しも,大きくて美しいバストに憧れるものですね。胸の小ささに悩む女性は多く、本人にとっては深刻なコンプレックスになっている場合もあります。しかし、豊胸手術などはリスクも高く、費用も掛かります。そこまでは考えられないという方が多いのではないでしょうか。

もし自分で効果的なバストアップが出来るのであれば、それは何より理想ですね。実は食べ物によってもバストアップは可能なのです。バランスの取れた食生活をすることが健康に良いのはいうまでもありませんが、バストアップにも効果を発揮するのです。

そして、その中でも最も効果的とされる栄養素が「タンパク質」です。タンパク質というのはアミノ酸で構成されたもので、3大栄養素のひとつでもあります。筋肉・血・骨を作る働きがあり、また、ホルモンの分泌を促進します。人間の身体に欠かせない栄養素なのです。

筋肉や血をつくる働きによっても、もちろんバストアップに効果がありますが、女性ホルモンの分泌を促進する働きによっても大きな効果があります。バストというのは、90%に脂肪と10%の乳腺から出来ていて、乳腺が発達することで、それを保護する脂肪が増え、大きくなります。ですから、乳腺を刺激し発達させる女性ホルモンを摂ることで、バストアップすることが出来るのです。

では、このタンパク質を摂るには、何を食べれば良いのでしょうか。まずタンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質があり、動物性タンパク質が豊富な食べ物には乳製品・肉類・魚類・たまごなどがあります。そして植物性タンパク質が豊富な食べ物には大豆製品・ナッツ類などがあります。どれも食べやすいものが多く、毎日の食生活に取入れやすいですね。

中でも大豆は、イソフラボンという、女性ホルモンのエストロゲンに似た成分を含み、バストアップに大変効果的とされています。また、良質のタンパク質を豊富に含むヨーグルトもバストアップの代表的な食べ物とされています。本来、動物性タンパク質と植物性タンパク質は、バランスよく摂るのが基本ですが、肥満が気になる方でしたら、植物性タンパク質を中心に摂るのが良いでしょう。

大豆製品であれば、豆乳・豆腐・納豆などは、そのまま食べられますし、乳製品も牛乳・ヨーグルト・チーズなどは、そのまま食べられますね。しかも毎日習慣付けて食べられるものばかりです。肉・魚・たまごも手軽に調理して食べられる食材ですね。

タンパク質はこうしたバストアップ効果だけでなく、身体を健康に保つためにも大切です。不足すると体力の低下や貧血を招きます。健康的にバストアップが出来る有能な栄養素ですから、毎日の食生活に積極的に取り入れましょう。

キャベツでバストアップ出来るのは本当!?

バストアップに効く食べ物には、大豆製品や乳製品が一番に挙げられますが、最近ではキャベツの名前もよく挙げられますね。これは、タレントさんがキャベツを一日一個食べてバストアップに成功したというテレビ番組が放送されてからです。では、実際にキャベツは本当にバストアップに効くのでしょうか。

キャベツがバストアップに良いとされるのは、キャベツに含まれるボロンという成分であることは有名です。このボロンという成分は、ホウ素の元素であり、身体に必要なミネラルでもあります。ボロンは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を活発化することによって、乳腺を発達させ、バストの脂肪を増やしてサイズアップをしてくれるのです。
(⇒ミネラルがバストアップに効果的な理由

ですから、結果的にはキャベツがバストアップに良いというのは事実でしょう。しかし、実際には一日一個のキャベツを毎日食べるのは無理ですし、同じ成分でも効く人と効かない人の差は大きいものです。それに、キャベツだけ食べれば良いというわけではなく、バストアップの基本はバランスの良い食事です。無理に大量にキャベツを食べることはおすすめ出来ません。

しかし、キャベツには、他にも植物繊維・ビタミンC・カルシウムなども豊富に含まれていて、栄養価が高いのは事実ですし、そういった栄養素からもバストアップ効果は期待出来ます。バランスの取れた食事にキャベツを取り入れることは、美容と健康にとても良い事だと思います。また、キャベツは生で食べないとボロンの効果が無いといわれますが、実際生ではそうそう食べられるものではありません。あまり意識せず、料理に利用して摂るのが良いでしょう。
(⇒バストアップに効果的なビタミンC
(⇒バストアップに効果的なカルシウム

何にせよ、バストアップに良いからとその食品だけ食べても身体に良くありませんし、効果も半減してしまいます。無理なく、様々な栄養素とともに、キャベツもたっぷり摂るという方法はいかがでしょうか。

女性ホルモンを補う植物性タンパク質で健康的にバストアップを

タンパク質というのは、筋肉や血液を作る働きがあり、人間にとってとても大切な栄養素のひとつです。このタンパク質には「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」がありますが、この2つをバランスよく摂ることで、より高い効果を発揮します。そして、このタンパク質は、バストアップにも大変な効果があることでも知られています。
(⇒タンパク質がバストアップに効果的な理由

動物性タンパク質というのは、主に肉類・魚類・卵・乳製品などに多く含まれ、筋肉や血液を作る働きによって、バストの大胸筋を強化し、バスト自体にハリを与えることで、バストアップの働きをしてくれます。しかし、脂肪分が多いことと、コレステロールが上がりがちなため、取り過ぎると肥満の原因になってしまうのです。

そこでおすすめなのが植物性タンパク質です。動物性タンパク質同様、筋肉や血液に作用する働きの他、女性ホルモンを活発化する働きが強いため、乳腺の働きを活発にし、バストの脂肪を増やす働きもあります。さらにコレステロールを低下させる作用もあるため、肥満になりにくく、健康にも良いといえるでしょう。

この植物性タンパク質を多く含む食品は、大豆・豆腐・納豆・味噌・醤油などの大豆製品や、グリンピースなどの豆類、玄米などの穀類、とうもろこしなどがあります。特に、大豆には植物性エストロゲンであるイソフラボンが含まれており、これが女性ホルモンと似た働きをすることから、さらにバストアップ効果が高いとされています。

もちろん基本は動物性と植物性をどちらもバランス良く摂るのが理想ですが、特に肥満が気になる方には、植物性タンパク質でのバストアップを心掛けるのが良いでしょう。逆に、痩せ気味で体力の無い方や、貧血気味の方でしたら、動物性タンパク質を多めに取ることで、より健康的にバストアップが期待出来ます。

どちらにしろ、バストアップ効果があるからと過剰に摂る必要は無く、まずはバランスの取れた食生活を心掛けることが第一です。本来日本人の食生活においては、良質のタンパク質が豊富に含まれているものです。欧米化の肉食中心の食事を見直し、昔ながらの日本の食卓をお手本に、健康的なバストアップをしてみましょう。

バストアップに不可欠な動物性タンパク質は上手に摂りましょう!

美容と健康に良いとされる食べ物はたくさんありますが、その中でも、乳製品や大豆製品などは必ず名前が挙がる食品ですね。それは、何といってもタンパク質を豊富に含んでいるからです。タンパク質というのは、筋肉や血液を作る働きをする栄養素であり、人の身体には無くてはならないものなのです。
(⇒乳製品におけるバストアップ効果
(⇒大豆製品におけるバストアップ効果

ひとくちにタンパク質といっても、タンパク質には「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」があります。動物性タンパク質は主に肉類・魚類・乳製品・たまごなどに含まれており、植物性タンパク質は主に大豆などの豆類・玄米などの穀類に含まれています。

もともと日本人は動物性タンパク質より、植物性タンパク質の摂取の割合が多かったのですが、欧米化の食生活の影響によって、近年では肉食中心の動物性タンパク質を多く摂るようになりました。そのため、欧米女性のボリュームある体型の日本女性も増えてきています。

動物性タンパク質は、筋肉や血液を作る働きによって、バストを支える大胸筋を強化し、バスト自身にもハリをもたせることによって、バストアップをしてくれます。しかし、植物性タンパク質とは違って、コレステロールが上がりやすく、脂肪分も多いため、摂り過ぎると肥満を招いてしまいます。出来ればバスト以外に脂肪を蓄えてしまわないよう、運動を併用して、肥満防止を心掛けることも大切になってきます。

ですから、バストアップをしたいからと動物性タンパク質を過剰に摂り過ぎるのはよくありません。あくまでも動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく摂ることで、より高い効果を発揮することが出来ますし、まして痩せ気味でない限りは、出来るだけ植物性タンパク質を中心に摂ることをおすすめします。

もちろん痩せ気味であったり、体力が衰えていたり、貧血気味である場合には、動物性タンパク質を多めに摂るのが良いでしょう。カロリーが気になる方でしたら、魚類・鶏のささみ・ヨーグルトなどを中心に摂るようにすれば、動物性でも高タンパクで低脂肪です。日本人に合った食生活を見直しながら、毎日の食事に積極的に取り入れていくのが理想だといえるでしょう。

女性の味方イソフラボンを大豆製品で!効果的にバストアップを

バランスの取れた食事が健康と美容に良いのはもちろんですが、嬉しい事に、バストアップにもとても効果があります。バストアップを願う人にとって、効果的な栄養素を豊富に摂ることは、手術やエステ、グッズになどに頼らず出来る最良のバストアップ法なのです。

そして、そのバストアップに効果的な栄養素を含む食べ物として、大豆製品があります。畑のお肉といわれる大豆は、昔から健康に良いとされ、日本では日々の食卓にたっぷり取り入れられてきました。タンパク質やビタミンB群が豊富に含まれているため、身体を作るうえでとても大切な栄養素なのです。

これらの栄養素の働きによって、筋肉や血液に作用し、新陳代謝を活発にすることで、皮膚にもハリを与え、バストアップに効果を発揮します。しかし、大豆製品がバストアップに効果的なのには、さらに秘密があります。大豆はポリフェノールの一種であるイソフラボンという成分を含んでいます。このイソフラボンは植物性エストロゲンといい、女性ホルモンと似た働きをするのです

女性ホルモンというのは、女性らしい身体つきにしてくれるのはもちろん、乳腺を発達させることでバストの脂肪を増やすため、バストを大きくしてくれます。また、肌のコラーゲンの量を保ってくれる働きから、水分とハリをキープしてくれるので、バストにもハリを与えてくれます。つまり、2重のバストアップ効果があるというわけです。

さらに、他にもこのエストロゲンには、骨からのカルシウム溶出を抑制することによって、骨を丈夫にしてくれる働きや、コレステロールを低下する働き、また自律神経を整えてくれる働きなど、女性にとって必要な働きがとても多いものなのです。

また、イソフラボンはポリフェノールの一種ですから、抗酸化作用も抜群で、健康面でも高い効果があります。残念ながら、このエストロゲンは多量に含まれているわけではないうえに、人によってその効果には差があります。しかし、長期的に摂ることで、必ずプラスに働くでしょう。

大豆製品としては、大豆・小豆・納豆・豆腐・枝豆・グリンピース・豆乳・味噌・醤油などがあります。どれも和食には欠かせないものばかりですから、昔ながらの食卓を見直してみるのも良いでしょう。時間が無く、外食に頼りがちな方でしたら、納豆や豆腐、豆乳といったそのまま摂れる食品を日々の食時にプラスしてみてはいかがでしょうか。

カルシウムだけじゃない?乳製品はたんぱく質でバストアップ効果を!

バストアップに良いとされる食べ物はたくさんありますが、その中でも乳製品は特に効果的とされています。乳製品というのは、皆さんもよくご存知のように、カルシウムを豊富に含んでおり、骨や血液に作用し、成長や健康に欠かせない食品ですね。牛乳がその代表選手でしょう。
(⇒カルシウムがバストアップに効果的な理由

この乳製品が、実はバストアップにも大変効果があるのです。まずこのカルシウムの他に、乳製品にはビタミンも豊富に含まれています。この二つの栄養素の働きによって、肌や粘膜が丈夫に、そして健康的に保ってくれます。そして肌にハリをもたせる働きによって、バストアップ効果を発揮してくれるのです。

そしてもう一つ、バストアップに抜群の効果があるのがタンパク質です。乳製品にはタンパク質が豊富に含まれていますが、人間の身体に欠かせない栄養素のひとつですね。筋肉や血液を作る大事な働きがあります。もちろんバストの筋肉や血液にも作用し、ハリのあるバストを作ってくれます。

また、タンパク質は女性ホルモンの分泌を活発にしてくれる働きもあります。女性ホルモンが活発化すると、バストの乳腺が発達し、それを保護する脂肪が増えます。ですからバストアップするというわけです。

その他にも、乳製品には腸内環境を整える乳酸菌が含まれているので、便秘解消や肌荒れ防止など、女性には嬉しい効果があります。健康的にバストアップを目指すには欠かせない食品といえるでしょう。

乳製品にはチーズ・ヨーグルト・バター・牛乳などがありますが、どれも料理やデザートに利用出来るものばかりですし、もちろんそのまま食べられるので、毎日手軽に摂れるのではないでしょうか。毎日決まって習慣づけて摂るようにすれば、効果も持続するでしょう。

とはいえ、動物性たんぱく質であるため、バストアップに良いからといって、摂り過ぎれば肥満も引き起こしかねません。乳製品に限らず、偏って多量に摂るのではなく、栄養バランスを大切にしながら、上手に取り入れてみてください。

2 / 212