乳製品のバストアップ効果について

カルシウムだけじゃない?乳製品はたんぱく質でバストアップ効果を!

バストアップに良いとされる食べ物はたくさんありますが、その中でも乳製品は特に効果的とされています。乳製品というのは、皆さんもよくご存知のように、カルシウムを豊富に含んでおり、骨や血液に作用し、成長や健康に欠かせない食品ですね。牛乳がその代表選手でしょう。
(⇒カルシウムがバストアップに効果的な理由

この乳製品が、実はバストアップにも大変効果があるのです。まずこのカルシウムの他に、乳製品にはビタミンも豊富に含まれています。この二つの栄養素の働きによって、肌や粘膜が丈夫に、そして健康的に保ってくれます。そして肌にハリをもたせる働きによって、バストアップ効果を発揮してくれるのです。

そしてもう一つ、バストアップに抜群の効果があるのがタンパク質です。乳製品にはタンパク質が豊富に含まれていますが、人間の身体に欠かせない栄養素のひとつですね。筋肉や血液を作る大事な働きがあります。もちろんバストの筋肉や血液にも作用し、ハリのあるバストを作ってくれます。

また、タンパク質は女性ホルモンの分泌を活発にしてくれる働きもあります。女性ホルモンが活発化すると、バストの乳腺が発達し、それを保護する脂肪が増えます。ですからバストアップするというわけです。

その他にも、乳製品には腸内環境を整える乳酸菌が含まれているので、便秘解消や肌荒れ防止など、女性には嬉しい効果があります。健康的にバストアップを目指すには欠かせない食品といえるでしょう。

乳製品にはチーズ・ヨーグルト・バター・牛乳などがありますが、どれも料理やデザートに利用出来るものばかりですし、もちろんそのまま食べられるので、毎日手軽に摂れるのではないでしょうか。毎日決まって習慣づけて摂るようにすれば、効果も持続するでしょう。

とはいえ、動物性たんぱく質であるため、バストアップに良いからといって、摂り過ぎれば肥満も引き起こしかねません。乳製品に限らず、偏って多量に摂るのではなく、栄養バランスを大切にしながら、上手に取り入れてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加