カルシウムとバストアップの意外な関係

骨を丈夫にするだけじゃない?カルシウムはバストアップにも効果あり

骨を丈夫にし、背が伸びる栄養素として有名なカルシウムですが、実はバストアップにも効果があるとされています。カルシウム不足だとイライラするということをお聞きになったことがあるのではないでしょうか。ストレスのイライラは、女性ホルモンの分泌を低下させ、乳腺の働きを弱めるために、バストの脂肪が落ちてしまいます。カルシウムを豊富に摂ることでイライラを失くし、女性ホルモンの分泌を促進させることでバストアップが可能なのです。
(⇒ストレスが豊胸を妨げる理由

また、よく知られている通り、カルシウムは体内で最も多いミネラルで、骨や歯を作っています。約99%が骨や歯に存在し、残りの1%は血液や筋肉に存在します。骨や筋肉が強化されると、姿勢が良くなり、バストの筋肉も強くなることでバストアップ効果があります。さらに、血液凝固機能や心臓機能を高める働きによって、卵巣機能を高め、女性ホルモンの分泌を活発にすることでもバストアップ効果があるのです。その他にもカルシウムは、細胞分裂促進や、ホルモン分泌を促進するといった、バストアップには欠かせない働きがたくさんあるのです。
(⇒バストアップに効果的なミネラル

さらに、女性ホルモンのエストロゲンは、骨から溶け出すカルシウムを抑制する働きがあり、骨を保護しています。ですから、カルシウムを十分に摂って、骨を丈夫にすることで、エストロゲンの負担は減り、分泌量が増えるのです。結果、乳腺が発達し、バストに脂肪がついて、バストアップ効果が期待出来るでしょう。

カルシウムを豊富に含む食べ物は、植物性であれば海藻類・ゴマ・パセリ・小松菜・豆腐など、動物性であれば、チーズ・牛乳・小魚などがあります。このような食べ物から摂ったカルシウムは、小腸から吸収されて血中へ移動し、使う分以外は蓄積されますが、血中カルシウムは常に一定に保たねばならないため、不足すると骨は自分の身を削って補ってしまいます。ビタミンDと一緒に食べることで。吸収率がアップするので、効率よく摂るために、調理などの工夫をすると良いでしょう。

健康だけじゃなく、バストアップにも効果的なカルシウムは、毎日習慣付けてたっぷり摂りたい栄養素ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加