キャベツとバストアップ効果の実際

キャベツでバストアップ出来るのは本当!?

バストアップに効く食べ物には、大豆製品や乳製品が一番に挙げられますが、最近ではキャベツの名前もよく挙げられますね。これは、タレントさんがキャベツを一日一個食べてバストアップに成功したというテレビ番組が放送されてからです。では、実際にキャベツは本当にバストアップに効くのでしょうか。

キャベツがバストアップに良いとされるのは、キャベツに含まれるボロンという成分であることは有名です。このボロンという成分は、ホウ素の元素であり、身体に必要なミネラルでもあります。ボロンは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を活発化することによって、乳腺を発達させ、バストの脂肪を増やしてサイズアップをしてくれるのです。
(⇒ミネラルがバストアップに効果的な理由

ですから、結果的にはキャベツがバストアップに良いというのは事実でしょう。しかし、実際には一日一個のキャベツを毎日食べるのは無理ですし、同じ成分でも効く人と効かない人の差は大きいものです。それに、キャベツだけ食べれば良いというわけではなく、バストアップの基本はバランスの良い食事です。無理に大量にキャベツを食べることはおすすめ出来ません。

しかし、キャベツには、他にも植物繊維・ビタミンC・カルシウムなども豊富に含まれていて、栄養価が高いのは事実ですし、そういった栄養素からもバストアップ効果は期待出来ます。バランスの取れた食事にキャベツを取り入れることは、美容と健康にとても良い事だと思います。また、キャベツは生で食べないとボロンの効果が無いといわれますが、実際生ではそうそう食べられるものではありません。あまり意識せず、料理に利用して摂るのが良いでしょう。
(⇒バストアップに効果的なビタミンC
(⇒バストアップに効果的なカルシウム

何にせよ、バストアップに良いからとその食品だけ食べても身体に良くありませんし、効果も半減してしまいます。無理なく、様々な栄養素とともに、キャベツもたっぷり摂るという方法はいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加