アミノ酸の摂取とバストアップ効果

アミノ酸はバストアップの強い味方!たくさん取り入れて美容と健康を

バストアップに欠かせない栄養素として、タンパク質がありますが、そのたんぱく質を作っている最小の成分として、アミノ酸があります。人間の身体の20%を占めるこのアミノ酸は、コラーゲンの原材料でもあり、新陳代謝を活発にし、脂肪細胞を活性化するため、老化予防としても知られるところです。

このアミノ酸は、タンパク質の働きでわかるように、人間の細胞やホルモンを形成する大切な栄養素であり、女性ホルモンを活性化することにより、乳腺を発達させ、バストの脂肪を増やします。それがバストアップのしくみなのです。

アミノ酸には多くの種類がありますが、そのうち体内で作ることが出来ないアミノ酸を必須アミノ酸と言い、食品から取り入れなくてはなりません。この9種類ある必須アミノ酸は、バストアップに効果的なのはもちろん、不足すると筋肉・血液・骨の合成に障害が出てしまうほど大切な栄養素なので、積極的に摂る必要があります。また、これらはバランスよく摂ることによってその働きを発揮します。

アミノ酸にもタンパク質同様、動物性と植物性があり、動物性は、主に牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品や魚介類に豊富に含まれ、植物性は、豆腐などの大豆食品・緑茶・アボカドなどに豊富に含まれています。必須アミノ酸では、「バリン」は大豆・鰹節・鶏肉、「イシン」は牛肉・レバー・ほうれん草、「イソロシン」は牛肉・鶏肉・鮭、「ヒスチジン」は鶏肉・魚・干物、「メチオニン」はのり・しらす・牛乳、「リジン」はあじ・レバー・卵、「フェニルアラトン」は肉・魚・卵、「トリプトファン」は牛乳・チーズ・小麦、「スレオニン」は大豆・しらす・まぐろなどに豊富に含まれます。

こうしたアミノ酸の栄養素は、普段バランスの良い食生活をしていれば、問題なく摂れているものですが、身体全体の体力低下時にはタンパク質を意識し、それぞれのパーツの効果を期待するのであれば、アミノ酸で細かく補うことで、効果的にバストアップにも繋がります。

豊胸手術などに頼る前に、アミノ酸を食品からたっぷり摂って、健康的で効果的なバストアップをしてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加