バストアップできる食べ物・栄養

記事一覧

未知なるバストアップ効果が期待出来る!?フコイダンで美容と健康を

サプリメントや健康食品などで、最近よく耳にするフコイダンという成分を御存知でしょうか。がん・スキンケア・ボディケアなど、さまざまな用途に用いられている万能成分です。正常細胞には作用せず、がん細胞のみに作用し、死滅に導く働きから、がん治療への新しい道として注目を集めています。

フコイダンは硫酸化多糖類の一種であり、わかめや昆布などの海藻類にあるヌルヌル成分の正体です。海藻を外部からの細菌から守る役割をしている成分で、人間の体内においても、同様の働きを発揮し、免疫力をアップしてくれます。そうした細胞の活性化に効力があることから、しみやしわを防ぎ、肌にハリを持たせてくれるなど、若々しさを保ってくれる成分でもあります。化粧品や白髪染めによく使われていることでもよくお分かりになるかと思います。

こうした働きから、バストアップにも十分に効果的なフコイダンですが、他にもバストアップに効果的な役割を果たすことが出来ます。フコイダンには、バストアップに効果的なビタミン・ミネラルが豊富に含まれているばかりか、アルギニンという成分も含まれています。このアルギニンという成分は、脳下垂体を刺激し、成長ホルモンの分泌を促します。バストの乳腺は、この成長ホルモンによって増加し、活発化するので、バストに脂肪がつき、バストアップをしてくれるのです。

その他にもフコイダンには、筋肉に作用することから、バストアップに欠かせない大胸筋を強化してくれる働きもありますし、女性ホルモンの分泌を妨げるストレスの軽減作用もあることから、女性ホルモンの活発化によるバストアップ効果も期待出来るのです。
(⇒豊胸を妨げるストレス

実際には、具体的な成分や効果があまり明らかになっていないフコイダンですが、細胞への作用による様々な効果が期待されることは間違いありません。バストアップはもちろんのこと、健康と美容のために、サプリメントや健康食品によって取り入れたい成分でしょう。

プエラリアミリフィカは天然エストロゲン!バストアップで女性らしく

女性ホルモンは新陳代謝を活発にし、肌や髪にハリとツヤを与え、若々しさを保ってくれます。さらに、女性らしいボディラインを作ってくれる働きにより、バストアップには欠かせないものです。しかし、食生活やストレスなどで、その分泌が乱れたり、不足したりしがちです。そこで、体外から植物性エストロゲンを取り入れるのはいかがでしょう。
(⇒バストアップに重要なバランスの取れた食生活
(⇒ストレスがバストアップを妨げる話

女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きをする植物に、プエラリアミリフィカ(別名:ガウクルア)があります。タイ北部とミャンマー山岳地帯などの亜熱帯地域に自生するマメ科クズ属のプエラリアミリフィカは、大豆の40倍のイソフラボンを含む他、他の植物には含まれないプエラリン・クワクリンなどのイソフラボンの一種を含み、女性ホルモンとしての働きを発揮します。

特に、白い根っこの部分が乳腺を増やし活発にすることで、バストの脂肪を増やし、バストアップに抜群の効果があるのです。また、女性ホルモンの分泌を整え、促進してくれる働きにより、バストにもハリを与え、女性らしい魅力的なバストをキープしてくれます。

女性ホルモンであるエストロゲンが不足すると、自律神経の乱れ・生理不順・更年期障害・生理痛・骨粗鬆症など、女性に大敵な様々な症状が現れます。ですから、加齢やストレス、そして食生活などで不足するエストロゲンは、ダイレクトに働くプエラリアミリフィカによって補うことが大変効果的なのです。

このプエラリアミリフィカは、タイの原産地付近の住民である女性たちに古くから食され、その女性たちの肌やプロポーションがとても美しいということから研究が始まりました。現在では稀少植物として保護されており、製造・輸出の制限も厳しくなっています。日本でも正規のプエラリアミリフィカの製造・輸入は数少なく、似たような植物があることから、偽物も多く出回っています。

こうした偽物に注意をし、激安商品に惑わされないよう、純粋のプエラリアミリフィカを利用し、身体の内側からバストアップをしてみましょう。

なんといってもイソフラボンはバストアップには欠かせない栄養素です

バストアップ効果というと、まず一番に思いつく成分にイソフラボンがあるのではないでしょうか。女性ホルモンを補ってくれる成分として、さまざまな化粧品や健康食品に利用されているので、ご存知の方も多いでしょう。イソフラボンというのは、大豆や葛などのマメ科の植物に主に含まれる天然フラボノイド成分です。

配糖体であるイソフラボンは、体内に摂り込まれると、腸において糖が分離して吸収されます。ひとくちにイソフラボンといっても、色々な種類があるのです。このイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た構造をしていて、同様の働きをしてくれますが、その種類によっては、効用が現れない人もいるため、誰にでも同じような効き目があるとは限りません。

イソフラボンで一番有名なのは大豆イソフラボンですね。女性ホルモンの働きをしてくれるので、女性らしい身体つき=バストアップに効果があり、肌にハリとつやを与えてくれます。また、女性特有の更年期障害や骨粗鬆症、乳がんなどの抑制にも効果があるため、女性には欠かせない栄養素なのです。

また、女性ホルモンを活発にすることで、乳腺が発達し、バストの脂肪が増え、バストアップをすることが出来ます。これが、イソフラボンがバストアップ効果で名高い最大の理由なのです。

イソフラボンは、その他にも血行を促進したり、善玉コレステロールを増やし、脂質代謝を活発にするといった効果があり、バストアップだけに限らず、美容と健康に大きな働きをする頼もしい栄養素です。

イソフラボンを豊富に含む食べ物はもちろん大豆ですが、大豆を使った味噌・醤油・豆腐・豆乳・納豆などが代表的です。どれも日本人の食卓には欠かせないものばかりなので、毎日キチンと食事を摂っていれば、十分に補えます。忙しくて食事を作れない方でも、納豆や豆腐ならそのまま食べられますし、豆乳を毎日飲む習慣を付けるだけでも効果が高いでしょう。
(⇒バストアップに効果的な大豆製品

サプリメントなどで過剰に摂取するまでもなく、食べ物から十分にイソフラボンを摂って、バストアップはもちろん、女性に嬉しい効果を期待しましょう。

お肌のためだけじゃない!?コラーゲンはバストアップにも強力です

バストアップに欠かせない栄養素といえばタンパク質ですね。そしてそのタンパク質の20~30%を占める成分として、コラーゲンがあります。お肌をプルプルに保つという効果があって、化粧品や健康食品などでよく目にされていることだと思います。そしてこのコラーゲンは、タンパク質の中でもバストアップにひときわ効果を発揮しているのです。

コラーゲンというのは、人の真皮・靭帯・腱・骨・軟骨などを構成・形成しています。そして細胞と細胞をくっつけて繋げる働きがあります。細胞に働きかけ、活性化してくれるので、肌の真皮部分に存在するコラーゲンでは、肌を支え、弾力を生みます。これが肌をプルプルにする秘密なのです。もちろんこうした肌に水分・ハリ・つや・弾力を与える働きによって、バストアップ効果も抜群です。

また、靭帯に存在するコラーゲンでは、バストの大胸筋・乳腺・脂肪を支えるクーパー靭帯の強化に働きかけ、バストアップに大きな役割を果たします。クーパー靭帯は、コラーゲン線維の組織の束ですから、コラーゲンを十分に摂ることで、切断などを防止し、バストをしっかりキープしてくれるでしょう。

他にもコラーゲンは、細胞と細胞のつなぎ目ですから、関節をスムースにする働きがありますし、細胞の活性化によって、身体を若く保つ働きがあります。バランスの良い食事によって、体内で合成出来ますが、その際にビタミンCを必要とするので、一緒に摂ると効果的です。

コラーゲンを豊富に含む食べ物としては、鶏肉・牛すじ・豚肉・ゼラチン・ゼリー・ふかひれ・えいひれ・アナゴ・うなぎ・あわび・さんま・サバなどがあります。動物性の食品に多く含まれるといって良いでしょう。

食事や加齢によって体内での合成力が衰え、コラーゲンが不足すると、しみ・しわ・たるみ・関節、骨の痛みといった症状があらわれます。女性にとっては大変深刻な悩みですね。ですから、日頃からコラーゲンたっぷりの食事を心掛け、いつまでも若々しく、ハリのあるバストを保ちましょう。

大切なミネラルであるマグネシウムでハリのあるバストアップを!

ビタミン・ミネラルをバランスよく摂ることは、バストアップにとても効果があります。そしてそのミネラルのうち、大切な役割をするのがマグネシウムです。同じくミネラルの成分であるカルシウムと同様、骨・歯の発育・形成に働き、骨の60%~65%に含まれる成分です。
(⇒バストアップに効果的なカルシウム

エネルギーを生成する働きや、血圧を維持する働きによって、身体の健康を保つ他、神経の興奮を抑え、精神を安定させる働きによって、精神の健康を保つ役目も果たします。他にも、ダイエット・便秘などに効果があり、女性には欠かせない栄養素なのです。

また、マグネシウムは酵素の働きを助け、活性化させることから、新陳代謝を促します。この新陳代謝が活発になることでバストアップに効果があるのです。バストにハリとつやをもたせてくれるでしょう。そしてさらに、ビタミンB群と共に摂ることで、糖質・脂質・タンパク質の代謝、拡散の合成に働きかけ、筋肉を活性化し、バストアップをしてくれます。

マグネシウムを豊富に含む食べ物としては、アーモンド・カシューナッツ・落花生などのナッツ類や、ひじき・わかめ・昆布・青魚などの魚介類、大豆・小豆・枝豆などの豆類があり、他にも納豆・バナナ・緑黄色野菜などがあります。精製・加工食品などにはほとんど含まれないため、自然からの成分だといえるでしょう。

このマグネシウムが不足すると、神経疾患・不整脈・心疾患・下痢などを起こします。そしてカルシウムと同じで、不足した場合、骨から栄養素が削り取られてしまうため、骨がもろくなってしまいます。骨粗鬆症の原因にもなりますね。バストアップだけでなく、健康にも大切な栄養素なので、食べ物からしっかり摂るようにしましょう。

普段からキチンとした食事をしていればひどく不足することはない栄養素ですが、栄養バランスの悪い人は、サプリなどで補うと良いでしょう。自然からの恵みであるマグネシウムを豊富に摂って、健康的にバストアップを目指して下さい。

骨を丈夫にするだけじゃない?カルシウムはバストアップにも効果あり

骨を丈夫にし、背が伸びる栄養素として有名なカルシウムですが、実はバストアップにも効果があるとされています。カルシウム不足だとイライラするということをお聞きになったことがあるのではないでしょうか。ストレスのイライラは、女性ホルモンの分泌を低下させ、乳腺の働きを弱めるために、バストの脂肪が落ちてしまいます。カルシウムを豊富に摂ることでイライラを失くし、女性ホルモンの分泌を促進させることでバストアップが可能なのです。
(⇒ストレスが豊胸を妨げる理由

また、よく知られている通り、カルシウムは体内で最も多いミネラルで、骨や歯を作っています。約99%が骨や歯に存在し、残りの1%は血液や筋肉に存在します。骨や筋肉が強化されると、姿勢が良くなり、バストの筋肉も強くなることでバストアップ効果があります。さらに、血液凝固機能や心臓機能を高める働きによって、卵巣機能を高め、女性ホルモンの分泌を活発にすることでもバストアップ効果があるのです。その他にもカルシウムは、細胞分裂促進や、ホルモン分泌を促進するといった、バストアップには欠かせない働きがたくさんあるのです。
(⇒バストアップに効果的なミネラル

さらに、女性ホルモンのエストロゲンは、骨から溶け出すカルシウムを抑制する働きがあり、骨を保護しています。ですから、カルシウムを十分に摂って、骨を丈夫にすることで、エストロゲンの負担は減り、分泌量が増えるのです。結果、乳腺が発達し、バストに脂肪がついて、バストアップ効果が期待出来るでしょう。

カルシウムを豊富に含む食べ物は、植物性であれば海藻類・ゴマ・パセリ・小松菜・豆腐など、動物性であれば、チーズ・牛乳・小魚などがあります。このような食べ物から摂ったカルシウムは、小腸から吸収されて血中へ移動し、使う分以外は蓄積されますが、血中カルシウムは常に一定に保たねばならないため、不足すると骨は自分の身を削って補ってしまいます。ビタミンDと一緒に食べることで。吸収率がアップするので、効率よく摂るために、調理などの工夫をすると良いでしょう。

健康だけじゃなく、バストアップにも効果的なカルシウムは、毎日習慣付けてたっぷり摂りたい栄養素ですね。

肌にハリとつやを与える亜鉛はバストアップにも効果大です!

ビタミン・ミネラル・タンパク質は、バストアップに欠かせない三大栄養素ですが、そのミネラルの成分である亜鉛は、必須ミネラルの中でも、特にバストアップには効果的だとされています。その理由としては、女性ホルモンの働きを助け、分泌を促進することが挙げられます。乳腺を発達させ、バストの脂肪を増やすのには、女性ホルモンが欠かせないのです。
(⇒バストアップに効果的なミネラル
(⇒バストアップに効果的なタンパク質

また、亜鉛には、タンパク質合成に関わる酵素の働きを高める働きがあります。この働きによって、新陳代謝を高め、肌にハリとつやを与えたり、老化防止の効果があります。ですから、バストにもハリを与え、バストアップ効果があるのです。さらに、新しい細胞生成を活発にする働きによって、皮膚細胞などを短時間で再生するため、肌のみずみずしさを保ってくれることからも、バストアップ効果は期待出来るでしょう。

亜鉛にはその他にも、精神を安定させる効果や、免疫力を上げる効果があり、逆に不足してしまうと、精神が不安定になったり、免疫機能が低下してしまいます。もちろん肌の状態も悪くなり、更には甲状腺機能の低下や味覚障害なども招きます。

亜鉛を豊富に含む食べ物としては、牡蠣・レバー・うなぎ・ナッツ類・さんま・たらこなど、魚介類に比較的多く含まれていますが、実際は、食べ物には少量しか含まれていません。クエン酸やビタミンCと一緒に摂ると、吸収力がアップするので、工夫して効率よく摂りましょう。
(⇒バストアップに効果的なビタミンC

また、ビタミンCと共に摂ることで、バストアップにも効果のあるコラーゲンを合成し、ビタミンAの代謝を助ける働きが生まれます。過剰摂取は身体に良くありませんが、バランスの良い食事によって効率よく亜鉛を摂ることで、大きなバストアップ効果が期待出来るでしょう。

代謝を活発にするミネラルで健康維持とバストアップを!

タンパク質・ビタミンと並んでバストアップに効果的とされてる栄養素にミネラルがあります。ミネラルというのは、エネルギーにはならない栄養素ですが、骨・細胞・ホルモンに作用し、血液やホルモンを構成することで、神経や筋肉の働きを助けてくれます。また、食べ物の消化吸収・老廃物の排出・エネルギー生産など、酵素の代謝を助けてくれます。

つまり、必要な栄養を吸収し、不要な栄養を排出することで身体の機能を維持・調整し、正常な状態に保ってくれるのです。こうして身体の代謝を高めてくれることで、血行も良くなり、バストに十分な栄養を運んでくれるため、バストアップに効果を発揮するというわけです。

人の身体は、酸素・炭素・水素・窒素の有機物が95%、残りの5%が無機質であるミネラルから出来ています。このミネラルは16種類の必須ミネラルと呼ばれ、相互に影響し合って働きます。あらゆる食品に含まれていますので、バランスよく摂って、効果を発揮させましょう。

また、このミネラルは、体内で合成出来ないため、食事から摂るしかありませんが、不足も過剰摂取も身体に良くなく、不調の原因となります。必要量は少ないので、バランスの良い食事を心掛ければ十分に補えるでしょう。

ミネラルにはカルシウム(牛乳・乳製品・小魚など)、マグネシウム(大豆・魚肉・海藻など)、カリウム(野菜・果物・豆類など)、亜鉛(牡蠣・牛肉・チーズなど)、鉄(レバー・あさり・納豆など)、銅(レバー・甲殻類・ココアなど)、マンガン(玄米・しょうが・しそなど)、リン(魚・乳製品・卵黄など)、他にナトリウム、ヨウ素、塩素などがあります。このように様々な食品から幅広く摂ることが出来るため、サプリなどで補わなくても、十分に食べ物から摂ることが出来るでしょう。

もちろんミネラルだけ摂っても、意味がありません。ビタミン・タンパク質とともにバランスよく摂ることで、バストアップに効果的なのはもちろん、美容と健康の維持に大きな役割を果たすのです。多くの食材をバランスよく取り入れた食生活を心掛けて、効率よくバストアップを目指しましょう。

美容と健康だけじゃない?バストアップにも抜群なビタミンC

バストアップには、ビタミン・ミネラルなどの働きが効果的です。特に美容と健康に欠かせないビタミンCは、バストアップにも大変効果的だといえるでしょう。ビタミンCといえば、抗酸化作用が高いことで良く知られていますね。肌のしみ・しわ・老化を予防してくれるこの作用によって、バストにもハリを与えてくれるのです。

また、新陳代謝を高め、女性ホルモンの分泌を促進することから、乳腺の発達を促し、バストの脂肪を増やしてくれる働きもあるのです。さらに、コラーゲンを生成してくれる働きによっても、バストにハリを与えてくれます

そしてビタミンCのもうひとつの大事な働きは、ストレスを和らげてくれることです。女性ホルモンはリラックスした状態でこそ、活発になります。ストレスがあると女性ホルモンが低下し、バストの脂肪が落ちてしまうのです。ですからこのストレス緩和の働きも、バストアップに大いに役立つでしょう。同時に、ストレスや喫煙によって壊れやすい成分でもあるので、ストレスの多い人やタバコを吸う人は、多めに摂ることをおすすめします。
(⇒ストレスがバストアップを妨げる話

このように、ビタミンCにはいくつものバストアップ効果があり、女性にとっては必要不可欠な栄養素だといえます。他にも、白血球の働きを助けることから、免疫力をアップし、風邪などから予防したり、血中コレステロールを下げたり、発がん物質を抑制したりといった働きもあり、健康にももちろん欠かせない栄養素なのです。

ビタミンCを豊富に含む食べ物としては、レモン・ライム・オレンジ・グレープフルーツといった柑橘類を始め、イチゴ・アセロラ・キウイフルーツ・トマト・パパイヤ・ブロッコリー・カリフラワー・ほうれん草・サツマイモ・ピーマン・サヤエンドウなど、数多くの果物や野菜があります。熱と水に弱い成分でもあるので、生で食べるのが理想でしょう。

また、ビタミンCは、摂りすぎても体外へ排出されてしまいますので、過剰摂取も問題ありません。数時間で排出されてしまうため、逆にまめにたっぷりと補うことが必要でしょう。もちろんビタミンCだけたくさん摂れば良いというわけではなく、果物や野菜をたっぷり摂ったうえで、栄養バランスの取れた食事を心掛けることが大切です。健康と美容を保ちながら、バストアップ効果を狙いましょう。

新陳代謝と血行を高めてバストアップ!ビタミンB12の欠かせない効果

タンパク質と並んでバストアップに効く栄養素として、ビタミンがあります。その中でもビタミンB群は肌にハリを与え、女性ホルモンの分泌を促進することで、バストアップには欠かせないものとされています。そしてさらに、そのB群の中でも、ビタミンB12は、特にバストアップに効果的な栄養素なのです。

ビタミンB12というのは、タンパク質・脂肪・糖質の代謝を高めてくれる働きがあるので、バストに脂肪を付けてくれるのです。さらに、新陳代謝や血行を促進してくれることからも、バストアップに効果があります。もちろん成長促進にも効果的です。

また、葉酸とともに働いて、赤血球を作るはたらきがあるので、貧血を予防してくれるため、女性には必要な栄養といわれています。そして、ビタミンB6とともに血中濃度を正常に保ったり、脳や神経の機能を正常に保つ働きもあります。ですから、腰痛・神経痛の緩和や、不眠症改善、精神安定、集中力の向上といった役割も果たしてくれます。
(⇒バストアップに効果的なビタミンB6)

ビタミンB12が豊富に含まれる食品としては、サンマ・イワシ・ハマグリ・シジミ・アサリなどの魚介類や、レバー・のり・チーズなどがあります。水に溶けやすい水溶性のビタミンなので、調理に工夫すると、効率よく摂ることが出来るでしょう。また、野菜や果物などの植物性の食品にはほとんど含まれないため、ベジタリアンの人は不足しがちかもしれません。

しかし、実際にビタミンB12の必要摂取量は微量です。普段からバランスの良い食事をしていれば全く問題なく摂れているでしょう。このビタミンB12が不足すると、めまい・動悸・だるさ・手足のしびれ・悪性貧血・神経過敏・集中力の欠如といった症状が現れます。ですから、こうした症状が気なる方は、意識的にこうした食品を摂ることをおすすめします。

このビタミンB12を始め、ビタミンB群は全体にバランス良く摂って効果を発揮します。色んな食品をバランスよく摂ることで、バストアップを効果的に進めましょう。

1 / 212