バレる豊胸手術の不自然さ

豊胸手術はやっぱりバレる!?不安が付きまとう術後のバスト

豊胸手術をしたいとは思っても、不安や心配が色々あって、なかなか踏み切れないものだと思います。そういった心配の中でも、バレるのではないかということは、女性にとって非常に重大な問題でしょう。しかし正直にいってしまえば、どんな方法を選ぶにしろ、自然のバストでないのですから、バレる可能性は十分にあるでしょう。

バレる確率が高いのは、何といっても見た目と感触の不自然さだといえます。特にバッグを挿入した場合には、寝ても崩れなかったり、下着なしでも上を向いていたり、揺れなかったりと、普通に服を着ていればあまり気付かないとは思いますが、裸や下着・水着になると、見た目に不自然な場合があるでしょう。
(⇒極端な豊胸手術による見た目のアンバランス

次に気になるのは、感触ですが、挿入したバッグによるものの、大抵が自然のバストより固くなります。特に拘縮してしまうと明らかに触るとわかってしまいます。また、脂肪注入をした場合でも、石灰化した部分が固くしこりになってしまい、部分的に固くなるのでバレやすいでしょう。見ただけでは分らなくても、触るとかなりの確率でバレてしまうかもしれません。

また、全体のスタイルとのバランスによって不自然になってしまう場合もあります。特に、痩せていてバストの肉が薄い人がバッグを入れると、バッグの形がくっきり分ってしまうので、バッグの大きさや挿入法などをよく相談することが大切です。

こうしたバストの形や大きさの他にも、バッグを挿入した際の傷跡でもバレることはあります。特に、知識のある方ですと、脇下の傷跡を見て分ってしまうでしょう。これも普段洋服を着ていれば気にすることは無くても、下着や水着になれば目立ってしまう場合もあります。

その他にも、レントゲンにはバッグの白い影が映ってしまいますし、触診などでも医師には分ってしまうため、健康診断でバレてしまうこともあります。しかし、この場合は、守秘義務によって周りにバレることはないので、あまり心配しなくても良いでしょう。

このように、豊胸手術後には、バレないかという不安が常に付きまとうものです。医師の技術やアフターケアによっては、ほとんど分らない場合もあり、バレないことも多いのですが、やはり心配な気持ちは消えないと思います。コンプレックスを失くすために豊胸手術を受けても、新たなコンプレックスを増やしてしまっては意味がありません。受ける前に、豊胸手術によるメリット・デメリットを良く考え、十分にカウンセリングなどを行うようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加