豊胸手術のリスクである脂肪吸引のトラブル

脂肪吸引にもトラブルが?見逃されがちな豊胸手術のリスクです

人気の豊胸手術のひとつに脂肪注入法がありますが、この手術を行うには、まず脂肪吸引をしなくてはなりません。気になる部分の痩身も兼ねているこの脂肪吸引ですが、実はこの脂肪吸引に関するトラブルはかなり多く見られます。まず、脂肪吸引というのは、カニューレという2~4ミリほどの管を皮膚に差し込んで吸引するもので、差し込み部分を管の太さの分切開し、吸引後に1、2針の縫合をします。

お腹から吸引する場合はおへその中やわき腹を、脚から吸引する場合はビキニラインや膝の裏のしわに沿って切開します。よくバッグ挿入法と違って、メスを入れない豊胸手術といわれますが、実は小さいながらも傷を付けるわけです。出来るだけ目立たない箇所を吸引部に選びますが、それでも中には傷跡が残ったり、目立ったりといったトラブルもあります。
(⇒豊胸手術における傷跡

また、脂肪吸引によるトラブルで最も多いのが、吸引部分のデコボコです。脂肪吸引には、どこからどの程度の吸引を行うかという判断と、実際に吸引していくうえでの高い技術が必要になります。つまり、熟練した医師でないと、均一に吸入出来ずにデコボコになってしまうのです。さらに、脂肪層の厚みを正確に読み取ることが出来ない医師だと、脂肪を取り過ぎて、皮下組織に傷を付けてしまいます。

吸引する脂肪の皮下組織には、血管や神経がたくさん通っていますから、こうした組織に傷がついてしまいますと、多量出血や知覚麻痺にまで至る可能性もあります。実はかなり危険が伴うこともよく理解しておく必要があるのです。

豊胸効果のうえに、痩身効果も期待出来るので、女性にとって脂肪注入法は大変有効なものだと思いますが、一見見逃されがちな脂肪吸引の際にも、こうしたトラブルの数々があることを頭において、カウンセリングを受けましょう。豊胸部分だけでなく、吸引部分の場所や方法、吸引後のダウンタイムやアフターケアなども、信頼出来る医師と、事前によく相談することが必要なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加