豊胸手術のリスクの種類と大きさ

様々なリスクを背負う前に、豊胸手術の必要性を考えよう

どんな手術にもリスクがあるように、豊胸手術にももちろんリスクはあります。さらにいえば、豊胸手術においてリスクは大前提であるといっても過言ではないでしょう。バッグを挿入した場合には、拘縮が起きてしまうリスクは大変高いものですし、破損しなくても、10年ほどで寿命がくれば、必然的にバッグ取り出すために再手術をするリスクを強いられます。また、脂肪を注入した際にも、生着しなかった脂肪が石灰化してしまうリスクが大変高く、これもひどいと再手術のリスクを負います。

いずれの方法を取ったにしても、豊胸手術によるリスクはかなりあるといえます。まず一番多いのが失敗に対するリスクです。形がいびつになってしまったり、、感染症などの後遺症が起こったりするリスクはかなり多いのです。ひどい後遺症になると、バスト周囲の痛みやしびれと一生付き合わねばなりません。もちろんいびつなバストも、簡単に治せるものではありませんね。また、切開部分や吸引部分の傷跡が残ってしまうというリスクも少なくありません。女性にとって傷が残るかもしれないというのは、大変大きなリスクでしょう。

もうひとつの大きなリスクは、バレることに対するリスクです。本物のバストではないのですから、どんなにうまくいっても、見た目や感触が不自然なのは当然です。水着などを美しく着こなすために受けた豊胸手術なのに、その結果豊胸がバレないかというリスクを背負ってしまっては効果も半減ですね。また、パートナーにバレるというリスクも、女性にとっては深刻なものでしょう。そしてこれは、残念ながら大変高い確率で起こるのです。見た目より感触は、さらに本物と違ってしまうリスクが高いからです。

また、こういったリスクの他にも、、授乳の際に安心してあげられないリスクや、、乳がんの早期発見が遅れるといったリスクも、女性にとって重大な問題です。バッグが破損したり、感染症になったりすれば、、授乳は行えないですし、石灰化が乳がんと区別が付きにくいため、発見が遅れる場合があるのです。また、豊胸をしていることを知られたくないために、検診を怠ってしまうという悪循環もあります。

このように、豊胸手術を受けるのであれば、様々なリスクを背負わなければいけません。中には身体の大きな負担が掛かるリスクもあります。それでも、本当に受ける価値があるのかをよく考えてから決心することをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加