豊胸手術後のマンモグラフィーについて

豊胸手術後はマンモグラフィー以外の乳癌検診をキチンと受けましょう

女性にとって乳がんへの心配は大きく、乳がん検診をキチンと受ける女性が増えています。羅漢率が増え、乳房を失う女性が増えたことで、乳がん予防への認識が高まったからだといえるでしょう。乳がん検診の最も精密な検査はマンモグラフィーです。専用の機器によって、乳房を2枚の圧迫板で強く挟み、X腺撮影をする検査です。圧迫することで重なっている組織を広げ、精密な検査が出来るため、乳がんの早期発見が可能となりました。

では、豊胸手術をした場合、このマンモグラフィーでの検査は出来るのでしょうか。病院によっては出来ると説明のある場合がありますが、バッグを挿入した場合は、基本的には出来ません。マンモグラフィーを受けたことのある方ならおわかりでしょうが、乳房がかなり平らになるほど強く圧迫します。人口バッグを同じように圧迫すれば、まず変形や破損が起こるでしょう。ほとんどの病院や検査機関でも、豊胸手術をした人のマンモグラフィーは断っています。

ですから、バッグを挿入した場合の乳がん検診は、触診と超音波エコーになります。MRIもありますが、高額ですし、どの病院でもしてくれるものではありません。また、豊胸手術をした病院でなら、マンモグラフィー検査をしてくれる場合もありますが、どの病院にも設備があるわけではありませんし、出来たとしても、正確な結果は期待出来ません。

また、脂肪注入の場合でしたら、豊胸手術後もマンモグラフィーが受けられます。しかし、石灰化した部分や脂肪腫が乳がんと識別されにくく、誤診される場合もあります。

豊胸手術をすると、このように乳がん検診に支障が現れることから、億劫になって検診を怠る方もいらっしゃいます。また、申告するのが嫌だったり、バレるのが嫌で、集団検診などが負担になる方もいらっしゃいます。そのため、早期発見が遅れてしまうケースも少なくありません。豊胸手術をしたからといって乳がんになることは無くても、こうして検診をキチンと出来ないことによる発見の遅れが、乳がん発生の原因となっているようです。

ですから、豊胸手術をされる場合は、あらかじめ手術後も乳がんの定期検診をしてくれる病院を選ぶのがベストでしょう。手術を受けた病院でなら、安心して検査してもらうことが出来ますし、また術後のバストの経過も診てもらうことも出来ますね。病院選びのポイントのひとつに挙げておくと良いかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加