豊胸手術の最大デメリットである異物感

豊胸手術の最大のデメリット?異物感の克服は大変です!

豊胸手術で一番行われているのが、シリコンバッグを挿入するプロテーゼという方法です。最近は安全性が高く、感触も自然に近付いた高性能のシリコンバッグが開発されていて、比較的気軽に手術を受ける方も増えてきました。しかし、豊胸手術は決して簡単で安全なものではありません。リスクはたくさんあるのです。

バッグを挿入した場合にも、見た目や体調において様々なトラブルがありますが、その中でも多くの方が感じるデメリットが「異物感」です。体内に異物を埋め込むのですから、これは当たり前に感じることなのですが、いくら理解はしていても、実際に、常に異物を抱えているという感覚は、なかなか慣れないものです。

本来あるはずのないものがあることで、時間が経つにつれ、バッグは周囲の組織に負担を掛けるようになります。すると異物感がさらに増す場合があります。また、バッグが劣化した場合なども、変形などによって異物感を感じることもあります。こうした異物感は、人によっては息苦しいと表現される場合も多く、その負担の大きさがよくわかります。

また、感触が自然のバストにくらべ固いことでも、異物感を感じる方は多いでしょう。さらに、異物への拒絶反応として被膜拘縮が起こると、バストは固くなり、さらに感触は不自然となり、異物感は増してしまいます。

バッグを挿入した時点で、寿命が来たら取り出さなくてはならないということは確定します。つまり、手術を受けた時点で再手術への不安を抱えることになります。ただでさえ、手術後は身体や仕上がりに対する不安は大きいものですから、何も問題がなくても、精神的負担はかなり掛かることになります。

そのうえ、バッグに対する異物感が取れなければ、かなりなプレッシャーとなるのはお分かりだと思います。気になる方にとっては耐えがたいものとなり、バッグの摘出を考える方も多くいらっしゃいます。もちろん、こうした異物感をほとんど感じることなく、仕上がりに満足していらっしゃる方もたくさんいらっしゃるので、人それぞれです。

自分の性格によって、「もしかしたらダメなのでは・・」と思うのであれば、やはり止めた方が良いでしょう。または、脂肪注入法など、他の方法を考えてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加