豊胸手術の様々な失敗例

知っておきたい失敗例!豊胸手術の危険性を知ろう

バストの悩みを持つ女性にとって、豊かで美しいバストを手に入れたいと願うのは当然です。誰でも一度は豊胸手術をしてみたいと思うのではないでしょうか。実際、豊胸手術によって長年のコンプレックスから解放され、明るく前向きになったという女性は大勢居るでしょう。しかし、その一方で、手術に失敗して絶望を味わう女性も少なくないということも知っておきましょう。

昔よりはオープンに、気軽に受けられるようになった豊胸手術ですが、その技術も発達し、最近では後遺症などの危険性もかなり軽減されたとはいえ、やはり失敗例も数多くあります。まず一番失敗例が多いのが、バッグを挿入した場合に起こる不自然さです。異物を入れるのですから、身体の拒否反応である拘縮や炎症はもちろんのこと、見た目や感触が不自然だという失敗例が後を絶ちません。

バッグの形がくっきり出てしまっていたり、バッグが移動して左右のバランスや形が崩れてしまっていたり、バッグが破損して潰れてしまったりして、見た目が明らかに自然のバストとは違って見える状態がかなり多くみられるのです。美しいバストを手に入れるために手術を受けた女性にとって、これほど大きな失敗例はありませんね。

また、感触も本物とは明らかに違っていて、ばれないだろうかという心配や、異物感が気になるといった不安など、精神面で抱える負担も、失敗例のひとつだといえるでしょう。また、バッグ挿入の際の切開の傷跡も、中には残ってしまうケースもあり、失敗例として挙げられることもあります。

こうした失敗例は、脂肪注入においてももちろんあります。注入して定着しなかった脂肪が石灰化して、しこりになってしまう後遺症は、かなり多くみられます。石灰化した脂肪は感触も硬くなってしまい、痛みや異物感も伴いますし、正常な乳腺を圧迫してしまいます。あまりひどければ、石灰化部分を取り出す手術も免れません。

また、注入位置や注入量のミスから、形や大きさがいびつになってしまう失敗例も多いものです。さらに脂肪注入の場合は、脂肪を吸引した部分がいびつになってしまうという失敗例もあります。

いずれの場合でも、再びメスを入れて再手術をしなくてはならない場合もあり、身体に大きな負担を掛けるとともに、精神的にもかなりなダメージを負うことになるでしょう。こうしたリスクは、確率が低くなったとはいえ、完全に無いとはいえません。どんなに病院や医師を選んでカウンセリングを行ったとしても、100%の安全は有り得ないのです。

美しくなりたいと願う気持ちはわかりますが、こうした失敗例があることをよく理解し、それでも受ける必要があるかをよく考えてから決心しても、遅くはないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加