豊胸手術によるバッグのズレの防止法

ズレは見た目に最悪!出来れば避けたい防止法

豊胸手術で一番多いのはシリコンバッグを挿入する方法ですが、これをプロテーゼ法といいます。そしてこのプロテーゼ法の最大のデメリットは、バッグの寿命により、10年ほどで必ず取り出し、または交換をしなくてはならないことです。つまり、入れる時から再手術が決定されているというわけですね。しかし、もちろんその前に破損などのトラブルがあれば、その都度再手術が必要となります。

そうしたトラブルのうち、見た目にも再手術を余儀なくされるのが、バッグのズレです。ズレにも色々ありますが、まずよくあるのが左右のバッグのズレです。拘縮などでどちらかのバッグが上方に押し上げられたりすると、左右のバストの位置がずれ、アンバランスになってしまいます。見た目にも大変不自然で、ズレがひどければ、洋服を着ていてもわかってしまうでしょう。

もうひとつよくあるケースは、本来の乳房のアンダーバストと、バッグのアンダーバストのズレです。これも拘縮が原因の場合が多いでしょう。こうなると、アンダーバストにくっきり段差が出来てしまい、バッグが入っていることが一目瞭然です。洋服の上からならごまかせるでしょうが、下着や水着では見えてしまいますし、裸になればかなり見た目は悪いでしょう。

こうしたバッグのズレは、拘縮が原因の場合が多いのですが、手術法によっても多少違ってきます。挿入場所でいえば、乳腺下に入れた場合よりは、大胸筋下や筋膜下(乳腺と大胸筋の間にある筋膜の間)に入れた場合の方がバッグの形も出にくく、ズレも起こりにくいでしょう。また、バッグの種類においても、表面がツルツルのスムースタイプよりは、ザラザラのテクスチャードタイプの方がズレにくいとされています。

また、術後のアフターケアによってもズレを防ぐことは出来ます。まず直後においては、しっかり固定し、安静にすることが大切です。バッグの周りには空間が作ってありますが、この時しっかりと固定し安静にしていないと、その空間に血液や体液が溜まり血腫となって、拘縮の原因になるとともに、ズレの原因になるのです。

そしてその後も、拘縮が起きないよう、しっかりマッサージを続けることが大切です。手術後に出来た血腫や拘縮は、一度なってしまうと戻らないので治療が必要になってしまいます。ズレの原因にならないよう、手術後のアフターケアはとても大事だといえます。

もうひとつ豊胸後に大切なのが、サイズの合ったブラジャーを正しく身に着けるということです。豊胸していなくても、自分に合ったブラジャーはとても大切ですが、豊胸したバストにとっては、ズレを防ぐためにも重要になります。専門家の居るお店でサイズや形に合ったブラジャーを選んでもらうのが良いでしょう。

せっかく美しいバストに豊胸しても、ズレによって見た目に醜くなってしまったら台無しですし、ひどければ再手術を受けることになってしまいます。バッグのズレが起きないよう、術後にしっかりとケアをしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加