豊胸手術の拘縮とその防止策

豊胸手術の最大のトラブル拘縮はこうして防ごう!

豊胸手術をお考えの方にとって、一番心配なのは術後のトラブルですね。その中でも最も多く問題になるのが、バッグを挿入した際の拘縮ではないでしょうか。シリコンなどの人口バッグを挿入すると、異物に対する身体の免疫反応が働きます。

この免疫反応というのは、排除できる異物は体外へ排出させますが、排除できない異物は、他の器官に影響しないよう、周囲に繊維の膜を作って小さく圧迫しようとします。ですからバッグの周りにも膜を作り、これが厚く硬くなることを被膜拘縮といい、カプセル状にバッグを閉じ込めることから、カプセル拘縮と呼ばれます。

バッグは自然な動きが出来るよう、周りに空間をもって挿入していますが、この拘縮が起きることで、バッグが動けなくなり、固く不自然なバストになってしまいます。炎症のひとつなので、ハレや痛み、違和感なども伴い、見た目だけでなく、身体にもつらい場合があります。

この拘縮を防ぐには、炎症を抑える薬とマッサージがあります。特にマッサージはとても大切で、これが十分でないと、拘縮がひどくなってしまいますし、一度ひどくなってしまった拘縮は元に戻りにくいのです。ですから、マッサージなどのアフターケアをしっかりと行ってくれる病院を選びましょう。

また、シリコンバッグには表面がツルツルのスムースタイプと、ザラザラのテクスチャードタイプがありますが、このテクスチャードタイプのバッグは特殊加工により拘縮が起きにくくなっています。挿入しにくいという欠点はあるものの、マッサージをしなくても拘縮が起きないというメリットは大きいと思います。こうしたバッグを選択するのもひとつの方法でしょう。
(⇒シリコンバッグの種類について

そして挿入場所も、大胸筋下と乳腺下が主流ですが、今は乳腺と大胸筋の間にある筋膜下に挿入する方法もあります。大胸筋下に比べて身体への負担も少なく、乳腺下にくらべて見た目も感触も自然であることから人気も高まっていますが、実は拘縮も起こりにくいというメリットもあるのです。こうした選択も拘縮を避けるのに効果的だと思います。

このように拘縮は、豊胸手術において最も起こりやすいトラブルであり、ひどければバッグの摘出を行わなければなりませんが、最新技術の発達によって、かなり軽減されています。拘縮が起こりにくい手術の選択と、術後のしっかりしたアフターケアによって、しっかり防ぐことが大切なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加