豊胸手術のバッグ除去について

バッグの除去は簡単じゃない!リスクも考えたうえで豊胸手術を

人口バッグを挿入して豊胸手術を受けた方にとって、一番の心配は、いずれまたバッグを取り出さなくてはならないということではないでしょうか。豊胸バッグの寿命は、約10年といわれています。最新のシリコンバッグでは、高性能なものが多く、寿命も延びてはいますが、実は単に寿命に限らず、バッグの除去を行う方も大勢いらっしゃいます。

その原因としては、バッグの破損や変形、また、ズレやリップリング(しわ・ねじれ・ひずみ)などがあります。もちろん仕上がりに満足出来なくて除去される方も少なくありません。また、バッグ挿入の際の最大のトラブルである拘縮がひどく、炎症が治まらなかったり、見た目が不自然になってしまった場合にもバッグ除去が余儀なくされてしまいます。

このようなバストのトラブルだけでなく、人工物を身体に入れているという不安感や異物感に悩まされたり、がん検診が受けられない、バレるのが心配といった、精神的な重圧や嫌悪感からも、バッグ除去を決心する場合もあります。

バッグ除去と一言で言っても、周囲の繊維と癒着したバッグを取り出すには、残留物をキレイに取り除くのに高い技術と丁寧な手術が必要になります。簡単に済むと説明を受ける場合は多いのですが、そういう病院では、逆に綺麗に取り出してくれるのか不安な部分がありますね。

ちなみにカプセル拘縮によってバッグ除去する場合は、周囲と癒着した被膜が、乳腺などを傷つけないよう、被膜のカプセルは除去せず、バッグのみ取り出します。残ったカプセルは徐々に吸収され、自然になくなっていきます。例外として、あまりに拘縮による炎症がひどかったり、バッグの入れ替えのために必要な場合は、カプセルの除去もやむを得ません。

バッグ除去の方法としては、脇下か、破損・変形のひどい場合は乳房下を切開し、取り出します。つまり、再び挿入部分と別の場所を切開することになります。これは女性にとって心身ともにかなり負担が大きいものではないでしょうか。そして除去手術後は、もちろんハレや痛みがあります。挿入した時ほどの痛みはないにしろ、身体にメスを入れるのですから、やはり痛みもあれば、ダウンタイムも十分に必要があるので注意しましょう。

また、バッグ除去後のバストは委縮しがちといわれていますので、サイズダウンや変形の可能性もゼロではないことも覚悟をしておかねばなりません。バッグはいつかは除去しなければならないこと、そして、気に入らなければ除去すれば良いという簡単なものではないことをよく理解しましょう。そうしたリスクも考えたうえで、豊胸をされることが必要でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加