豊胸手術の痛みについて

痛みがあるときどうする? 豊胸手術

いまの日本は資本主義社会といわれています。ほとんどの希望が、お金を出せば叶えられる。ひと昔前の物語のストーリーのようですが、実際がどうかというのは別として、多くの人がそう考えているのではないでしょうか。

女性の望みというのは、何でしょうか。それは「美」につきるのではないか、と思われます。おとぎ話の白雪姫の魔女のように「世界で一番美しく」ありたいと思うのが女性の素直な心もようなのかもしれません。

美容整形も、女性を中心に広がっています。少し前までは整形手術といえば「体にメスを入れるなんて」といったようなマイナスなイメージが強かったものですが、ここ数年では、「人生を変える」であったり、「コンプレックスを克服する」といった、どちらかといえばプラスのイメージが主流になってきているように思われます。

そこで活発になってきたのが豊胸手術です。もともと、女性にバストの悩みはつきません。「小さい」という悩みがあれば、「大きすぎる」はたまた「形が悪い」「左右のバランスが良くない」など、さまざまな悩みがあり、まさに十人十色という状態です。

現在では、ヒアルロン酸注入法といった、手術時間が30分程度で済み、また費用も5万円程度〜というお手軽感のある豊胸手術が登場しています。脇から注入する手術法なので、痛みも、手術跡や後遺症もほとんどないといいます。ですが、バッグ挿入法などの場合は、術後に1週間程度の痛みがあったり、時にはそれが強くなったりということがあると報告されています。

豊胸手術を考えている際には、どんな手術をするのかはもちろん、その手術だとどれくらいの痛みがあるのか、などのリスクを医療機関、医師と話し合うことが大事になってきます。綿密に準備して、より良い手術を受けたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加