豊胸手術後の関連情報

なるほど! 豊胸手術後のあんなこと、こんなこと

人間が、自分に望むことは多岐にわたります。「もっと背が高くなりたい」と思う人もいるでしょうし、「もっと物覚えが良くなりたい」であったり、「運動神経が良ければいいのに」という人だって少なくはないはずです。

そういった望み、願望といったものは思春期に出てくるものなのですが、なかでも多いのが、外見や容貌に関する悩みなのではないでしょうか。TVで活躍するタレントを見て「あんな顔になりたい」という漫然とした憧れを抱いたり、「隣のクラスの○○さんのようなスリムな体型になりたい」ということを思ったりするものです。

美容整形は、そういう人間の願望を叶えるものとして広がってきました。それまでのコンプレックスを解消し、憧れを手に入れるチャンスが美容整形という考え方です。もちろん、美容整形とはいえ手術ですから、体にメスを入れることへの嫌悪感や違和感も根強くありました。それでも、昨今ここまで広がってきたのは、価値観の多様化と、手術の手法が進化したことによるでしょう。

豊胸手術では、ヒアルロン酸注入法という比較的安価で時間もかからない手術法が広がってきています。最大のメリットといえるのが、術後の後遺症や副作用がほとんどないことでしょう。もともと、ヒアルロン酸は体にある成分なので、安全性が高く、また手術自体も脇の一箇所から注入するというシンプルなものなので、手術跡が残りにくいのです。

それまでは、手術後の後遺症やずさんなバッグ挿入法によるバストの不具合など、デメリットも少なくありませんでしたが、手術後を考えた場合においても、デメリットが少ないヒアルロン酸注入法は、豊胸手術に新たな価値観を植え付けたといえるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加