再生医療を取り入れた脂肪幹細胞注入法

バスト再生医療の画期的な施術、脂肪幹細胞注入法とは

脂肪幹細胞移植という医療技術が開発され、幹細胞の組織再生機能を活用できるようになりました。脂肪組織には幹細胞が多く含まれているため、それは美容外科の世界でも応用されるようになっています。美容医療では主にバストや顔などの施術に利用され、特にバストに関してはそのほとんどを脂肪が占めることから、豊胸への応用技術が進んでいます。

細胞には寿命があり、吸引されるために脂肪細胞はダメージを受けていることもあり、バストに注入してもその寿命が原因でバストの大きさがなくなってしまうことがあると見られ、新しい再生医療の応用として幹細胞を抽出・注入することで縮小を防ごうとする施術です。脂肪幹細胞を注入することで、バストの脂肪生着率の増加、血管の再生などにより柔らかく自然なバストアップを実現できるようになっています。

脂肪幹細胞注入法でコンデンスリッチ脂肪注入という施術法がありますが、吸引された脂肪の分離と配合技術が進んできたため、より不純物を取り除いた濃縮された脂肪幹細胞を含む脂肪細胞をバストに注入します。成長因子物質や濃縮された脂肪幹細胞も一緒に注入されるため、バストへの生着率が上がり術後の合併症も減り安全性が高まったというわけです。

かつての脂肪注入法に比べて石灰化やしこりなどの違和感や、脂肪壊死、バストが小さくなってしまうなどのリスクも下がりましたが、まだまだ完全ではないものの、これからもっと進化・改良が重ねられ期待できる医療技術です。

このエントリーをはてなブックマークに追加