リスクもある脂肪注入による豊胸術

脂肪注入による豊胸手術のリスクとアフターケアの必要性

豊胸手術の中でも脂肪注入による施術はとてもポピュラーなものです。仕上がりはシリコンバックと比べると、脂肪注入は自然な形とさわり心地で人気がある施術ですが、バック挿入のような確実に大きいバストを考えている人には不向きの施術とも言えるでしょう。脂肪注入という特性から多くの容量を入れるのは難しく、あくまでも自然な膨らみのバストを望む方に向いています。

従来の脂肪注入術は採取した脂肪をそのまま注入していたため、不純物も多く組織の壊死やしこりや石灰化など、リスクの高い施術のひとつでした。脂肪注入は日々進化、改良が進んでおり以前に比べれば後遺症もリスクも低くなってきたものの、ゼロではありません。

脂肪注入法にはいくつかの種類がありますが安全性やそのリスクを考えると、高額ではありますが最新の脂肪注入を受けるべきでしょう。考え方として脂肪注入術の場合、脂肪吸引技術とバストへの脂肪注入技術のどちらも必ず確認することです。脂肪注入による豊胸術の場合、吸引・注入どちらも最新機器であることが望ましく、医師の技術の高さも必須です。今は脂肪吸引機器や技術も進んでおり、痩せている人の吸引も可能になり吸引部のトラブルも減ってきたものの、可能性としてでこぼこ・引きつれ・傷跡などの不自然さや疼痛などが出る場合があります。これは医師の吸引技術によるものが大きいでしょう。

また脂肪注入に関しても最新の技術では、採取した脂肪細胞を分離する技術機器の進歩により、不純物は取り除き脂肪がバストに生着しやすい配合に変えバストに注入されますので、従来に比べ生着率も上がり、リスクも減ってきましたがまったく問題がないわけではありません。

施術後は吸引箇所と注入したバストに痛みがあり腫れや内出血などがあり、通院の必要もあります。アフターケアとしては通常と同じく、バストを保つために脂肪が固定されるよう、そしてバストの血流を良くして女性ホルモンの活性化を図るためのバストケアも必要です。

技術改良が進む脂肪注入術ですが、まだまだバストの持続性の確率や施術におけるリスクは完全ではありません。ただし現在の施術法の中で自然で豊かなバストを作るという点では最も優れた施術方法ではあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加