豊胸手術の再手術に関する情報

豊胸の再手術、その前に準備しておきたいこんなこと

よく、雑誌の特集で、「どんな顔の芸能人に憧れるか」というものがあります。いわゆる、「なりたい顔」の特集なのですが、面白いことに、選ばれる女性には共通の特徴があります。それは、「クールビューティー」というような美人ではなく、どちらかといえば丸顔で、たれ目、タヌキ系の女性タレントが上位にランクされるということです。

これは、女性自身の主観の問題のほか、男性の視線を意識したようなところがあるように考えられます。世の多くの男性は、キツネ顔の強い女性よりも、タヌキ顔のほんわかとした女性のほうに包容力や母性を感じて、支持する傾向があるようです。そういった男性の視線を考えて、自分もそうなりたい、と考えることが多いのではないでしょうか。

同じようなことが、バストにいえるのではないでしょうか。バストの形状は、それぞれの女性によって千差万別です。そこから、男性の視線を意識して「憧れのバスト」ができあがっていくのです。それは、ほとんどの場合で「豊かなバスト」です。

そうすると、豊胸手術のなかでも、バストアップの手術が多くなってきます。そのなかでもバッグ挿入法は、かなり多く行なわれていました。ですが、手術に不手際があった場合には、バストが上下にずれてきたり、左右の大きさが違ってきたり、さらには痛みが生じてくることもあります。

そういった場合は、バッグ除去の再手術を行なうことになります。再手術は、最初に手術した病院で行なうことがあれば、他の病院で手術することもできます。いずれにせよ重要なのは、なぜ再手術をすることになるのか、どこを修正する必要があるのかをハッキリとさせることです。そのためにも医療機関と医師としっかりコミュニケーションをとり、より良い再手術をむかえたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加