再手術も多い豊胸手術、その必要性

豊胸術後の再手術の必要性を考える

豊胸手術にはリスクが付きものですが、最近になってシリコンバッグのトラブルが増えています。再手術を受ける人の大半はバッグ挿入術後のトラブルや不安などが大きな理由になっています。手術した当時は半永久的に保てると言われながらも結局はカプセル拘縮や石灰化を起こしたり、不自然な形になってきたり、破損してしまったりというケースが後を絶ちません。

そして現在は技術が進み、より自然な形のバストが保てる注入法に人気が集まっています。特にバッグの抜去と同時にバッグの代わりに自分の身体から吸引した脂肪を注入する豊胸の再手術が注目されています。注入した脂肪組織の生着率も上がり自然なボリュームをキープ出来るようになってきたからです。

そして一度入れたバッグはどんなものであっても劣化してきますし、加齢とともにバスト周りの組織も変化してくるので個人差はあるもののいずれ入れ替えや取り出しが必要になる時期が来ます。

またシリコンバッグは長期に及ぶと周辺組織と癒着を起こしやすく抜去が大変になってきます。再手術のきっかけやタイミングは、トラブルが起きてからでは遅いとも言えますが、安定しているのに身体の負担が大きい手術をするのは、とも言えます。当時はベストと言われていたものが実はそうではなかったというケースは豊胸術に限りませんが、今ベストの選択と言われているものが将来自分の身体にどんな影響をもたらすかはわかりません。

どんな豊胸手術にしても痛みとアフターケアはついて回りますので、再手術を考えるのであれば担当医師とのカウンセリングをじゅうぶんに重ねて後悔のないようにしたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加