最新の豊胸手術は魅力だけど、その前に

最新の豊胸手術は数あれど…手術の前に考えること

最新の豊胸術は様々な選択肢があり、自分が理想とするバストに近づくためのより良い施術法が選べるようになりました。誰もが豊胸手術を受けられる時代になり簡単にバストアップできるようなイメージが定着していますが、豊胸手術を決める前によく熟考して欲しいことがあります。

豊胸手術の前に…①どんな施術にしろ、手術を受けたら元のバストに戻ることは二度とないということ。②なにかしらの術後後遺症や不具合が出る可能性があること。③身近な人に相談する、もしくは相談できる環境を作る。④将来のことを含めた豊胸手術を考える。⑤術中術後の痛みを覚悟すること。

豊胸手術は成功例もたくさんあり、手術して良かったという女性もたくさんいますし、術後何の問題もなく生活している方も数多くいます。メンタルの部分で今までのコンプレックスから解放された女性も多いことでしょう。そうした成功例と共に失敗例もあることを忘れないで下さい。豊胸手術はまだまだ発展途上にあります。

身体に負担のかかる方法も多く身体だけでなく心にダメージを負うことも少なくありませんので、必ず身近な人に話を聞いてもらいましょう。特に家族やパートナーにはきちんと話し、将来も含めた話し合いをしておきましょう。男性にとっても豊胸手術というのは重く受け止めるケースが多く、言わずにいることで後々本人だけではなく、パートナーや家族までが思い悩んでしまう要因になりやすいのです。

そして術後の痛みですが、挿入法が一番激しい痛みを伴います。バッグを挿入する部分の剥離を行いますから聞いていた以上の痛みがあることは覚悟すべき。内出血や腫れも当然外科手術ですからありますし麻酔のリスクも出てきます。注入法にしても痛みを伴いますのでいずれにしても施術後の痛みと、痛みの中でも必ず行わなければならないバストのアフターケアは避けられません。

今が良ければ…という考え方ではなく将来のこと、そして自分だけではなく周囲のことなど、先々のことまで含め豊胸手術について考えて決断してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加