プチ豊胸で気軽にバストアップできる時代へ

プチ整形は当たり前!今やバストアップもプチ豊胸で

プチ整形なる言葉が流行り、簡単に行える美容整形の施術が増えましたが、豊胸も今やプチ豊胸の時代になっています。ショッピング感覚でクリニックへ行き、手技方法を選び短時間で施術をすませてお終い、アフターケアいらずという手軽さです。

プチ豊胸と呼ばれるものには、ヒアルロン酸注入、自己の血液を加工してバストに入れる献血豊胸などがあり、ヒアルロン酸注入はすでにポピュラーなものとして人気が高い施術です。いずれの注入法もメスを入れないため術後の日常生活も差し支えなく送れる方法です。

他にメスを入れない豊胸施術として今注目を浴びているのは、レーザーや光による豊胸でしょう。その効果は口コミで広がり始め話題になっていて、最新のバストアップトリートメント技術と言えるでしょう。この施術は痛みがなく、プロテーゼ挿入法のように劇的なバストアップ効果は期待できないものの、特殊なレーザーや光をバストに当てることで脂肪細胞ひとつひとつを膨らませバストを大きくする技術です。無害ですので、身体へのダメージはありません。

会社からの帰宅途中にエステやマッサージでも…それと同じ感覚でこの施術を受けることができます。バストアップ効果が確実に出るプロテーゼ挿入法も根強い人気を残していますが、やはり手術に対して恐怖感を持つ人も多く、身体にダメージが残る、後遺症、痛みなどといったイメージがつきまとうため、リスクの少ないプチ豊胸に人気が集まっていることも事実です。

豊胸技術が進んできたため、自分に合った施術方法が選択できるようになっています。豊胸術も「プチ」とは言え、やはりメリット・デメリットがありますのでそこを理解して上手に利用したいものです。バストは女性のシンボルであり女性にとってとても大切なものですから、プチという言葉に惑わされず自然で豊かなバストアップを目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加