豊胸手術のコラム

記事一覧

豊胸の再手術、その前に準備しておきたいこんなこと

よく、雑誌の特集で、「どんな顔の芸能人に憧れるか」というものがあります。いわゆる、「なりたい顔」の特集なのですが、面白いことに、選ばれる女性には共通の特徴があります。それは、「クールビューティー」というような美人ではなく、どちらかといえば丸顔で、たれ目、タヌキ系の女性タレントが上位にランクされるということです。

これは、女性自身の主観の問題のほか、男性の視線を意識したようなところがあるように考えられます。世の多くの男性は、キツネ顔の強い女性よりも、タヌキ顔のほんわかとした女性のほうに包容力や母性を感じて、支持する傾向があるようです。そういった男性の視線を考えて、自分もそうなりたい、と考えることが多いのではないでしょうか。

同じようなことが、バストにいえるのではないでしょうか。バストの形状は、それぞれの女性によって千差万別です。そこから、男性の視線を意識して「憧れのバスト」ができあがっていくのです。それは、ほとんどの場合で「豊かなバスト」です。

そうすると、豊胸手術のなかでも、バストアップの手術が多くなってきます。そのなかでもバッグ挿入法は、かなり多く行なわれていました。ですが、手術に不手際があった場合には、バストが上下にずれてきたり、左右の大きさが違ってきたり、さらには痛みが生じてくることもあります。

そういった場合は、バッグ除去の再手術を行なうことになります。再手術は、最初に手術した病院で行なうことがあれば、他の病院で手術することもできます。いずれにせよ重要なのは、なぜ再手術をすることになるのか、どこを修正する必要があるのかをハッキリとさせることです。そのためにも医療機関と医師としっかりコミュニケーションをとり、より良い再手術をむかえたいものです。

痛みがあるときどうする? 豊胸手術

いまの日本は資本主義社会といわれています。ほとんどの希望が、お金を出せば叶えられる。ひと昔前の物語のストーリーのようですが、実際がどうかというのは別として、多くの人がそう考えているのではないでしょうか。

女性の望みというのは、何でしょうか。それは「美」につきるのではないか、と思われます。おとぎ話の白雪姫の魔女のように「世界で一番美しく」ありたいと思うのが女性の素直な心もようなのかもしれません。

美容整形も、女性を中心に広がっています。少し前までは整形手術といえば「体にメスを入れるなんて」といったようなマイナスなイメージが強かったものですが、ここ数年では、「人生を変える」であったり、「コンプレックスを克服する」といった、どちらかといえばプラスのイメージが主流になってきているように思われます。

そこで活発になってきたのが豊胸手術です。もともと、女性にバストの悩みはつきません。「小さい」という悩みがあれば、「大きすぎる」はたまた「形が悪い」「左右のバランスが良くない」など、さまざまな悩みがあり、まさに十人十色という状態です。

現在では、ヒアルロン酸注入法といった、手術時間が30分程度で済み、また費用も5万円程度〜というお手軽感のある豊胸手術が登場しています。脇から注入する手術法なので、痛みも、手術跡や後遺症もほとんどないといいます。ですが、バッグ挿入法などの場合は、術後に1週間程度の痛みがあったり、時にはそれが強くなったりということがあると報告されています。

豊胸手術を考えている際には、どんな手術をするのかはもちろん、その手術だとどれくらいの痛みがあるのか、などのリスクを医療機関、医師と話し合うことが大事になってきます。綿密に準備して、より良い手術を受けたいものです。

脂肪注入の豊胸手術、これまでとこれから

あなたにとって、理想のバストとは何ですか? ハリウッド女優のような豊満なバストでしょうか。それとも、モデルのような形の良いバストでしょうか。はたまた、となりのあの人のような……。

ほとんどの女性にとって、自分のバストは満足のいくものではないかもしれません。それは、その人のバストがどうかという問題ではなく、どうしても他の人と比べてしまうからなのです。

たとえば、それほど大きさがない人は、「もっと大きくなりたい」と思うし、大きい人は「こんなに大きくなくてもいいのに」と思ったりするものなのです。ないものねだりというか、とにかく自分のバストと他人のバストを比べて、他人にあって自分にない特徴を求めることが多いのです。

美容整形のなかで、豊胸手術がさかんになってきたのには、そういった理由があるようです。自分のバストにないものを求めて手術する。昨今では豊胸手術が一般的にも広がってきたので、より身近なイメージでとらえている人も多いようです。

そんななか、脂肪注入法は代表的な豊胸手術として知られているのではないでしょうか。脂肪を使うことで、術後の違和感や体への負担が少ないことが特徴です。手術時間はおよそ6時間程度の場合が多くなっていますが、近頃注目されているコンデンスリッチ豊胸の場合だと、その半分程度の時間で済むようになっています。

コンデンスリッチ豊胸は、脂肪を機械で遠心分離し、不純物をとりのぞいてから注入していくという手術法です。費用はおよそ150万円程度と安くはない金額ですが、より安全性が高く、体への負担も軽減されるということで、同じ脂肪注入法でも、人気の手術となっています。

いずれにせよ、脂肪注入法を行なう場合は、医療機関と医師の見定めが重要になってきます。しっかりと選んで、コミュニケーションを密にして、手術に臨みたいものです。

豊胸手術の費用、相場を一挙公開します!

美容整形と聞いて、どんなイメージが湧いてきますか。「怖い」「リスクがある」といったようなマイナスのイメージでしょうか。それとも「新しい自分に生まれ変われる」「自分のコンプレックスを克服できる」といった前向きな印象でしょうか。

ひと昔前までは、マイナスのイメージが強かったかもしれません。「自分の体にメスを入れる」ことへの違和感は根強くありました。ですが昨今では、そのイメージは前向きのベクトルに変わりつつあります。

テレビ番組では「整形前」「整形後」をテーマにしたドラマが放送され、小説、マンガ、有名人の整形の体験談など、美容整形が一般的なものになりつつあります。また、アメリカや韓国など、いわゆる整形大国といわれる国の価値観やその国の雰囲気が知られるようになって、より美容整形に関するイメージは変わってきたようです。

そんななか、美容整形のなかでも手軽なイメージがある豊胸手術は、幅広い層に広がりつつあります。「プチ豊胸」という言葉が流行したように、ヒアルロン酸注入法をはじめとした比較的簡易で安全な豊胸手術は、メイクと同じような感覚で受け入れられているところもあるようです。

気になる費用ですが、ヒアルロン酸注入法でおよそ5万円〜10万円程度、最新の豊胸手術法として注目を集めているコンデンスリッチ豊胸手術で、150万円というのが相場のようです。

豊胸手術が一般的なものになってくるに従って、それにかかる費用も安くなってきている傾向がありますが、費用面だけで判断するのは危険なので、必ず医療機関、医師はしっかりと熟慮して選びましょう。また、再手術などの費用面がどういう流れになっているのか、といったことなども確認しておきたいものです。

最新技法、コンデンスリッチ豊胸に迫る

人間とは、ないものねだりの生き物です。「隣の庭の芝生は青い」とはよく言ったもので、自分にないものを、常に求め続けています。とくに、他人と比べてみて、「ああなりたい」「自分より優れている」というような思いを抱きがちです。

今も昔も、そういった傾向が顕著なのが、女性に関してのバストの問題ではないでしょうか。自分が小さいと思っている人は、「より大きく」。でも、自分のバストが大きくても、「これでは大きすぎる」などと思ってしまうものです。大きさだけではありません。色、形、左右のバランス……とにかく、自分に満足することなく、より良いバストを求めているのです。

これは、女性だけの問題ではないかもしれません。いまだ日本は男性社会の色合いが強いので、男性の視線を意識した自分のバスト、という意味で「もっとこうしたい」という欲求が生まれてくるケースもあると思われます。

そんななか、高まっている豊胸手術ですが、いま注目を浴びているのが、コンデンスリッチ豊胸です。これはいわゆる脂肪注入法のひとつなのですが、特有の機械で遠心分離することで、脂肪の不純物を取り除き、より脂肪の生着量が高まるというものです。

ほかの特徴としては、不純物が少ないことにより、しこりなどのリスクが軽減されているということがあります。手術時間も大幅に短縮化されており、これまでの脂肪注入法でおよそ6時間程度かかっていたところが、3時間くらいで済むようになっています。

比較的新しい豊胸手術がコンデンスリッチ豊胸ですが、どこの整形外科でも受けられるというわけではありません。医療機関選びは慎重に、またリスクがないわけではないので、医師とは綿密にコミュニケーションを取るようにしたいものです。

本当にあった! 豊胸手術こんな体験談

100人の女性に「悩み」に関するアンケートをとったら、何人がバストをその悩みに挙げるでしょうか。場合によっては、「恋愛」「仕事」といった悩みを上回ることがあるかもしれません。

女性にとっては、それほどバストに関しては、憧れやコンプレックスがあるものです。男性社会では、豊かなバストが女性らしさの象徴とされています。男性も女性も、ほとんどが大きなサイズのバストに憧れを持つようになっています。

ただし、バストに関する意識は多様化しており、「微乳」がクローズアップされるなど、大きさだけではなく、形にこだわる風潮も出てきているようです。実際に、大きなバストの持ち主である女性が、自分の大きなバストがコンプレックスで、こぶりでも形の良いバストに憧れるというケースも多いようです。

そんななか、豊胸手術を受けた人の体験談では、ヒアルロン酸の注入手術の例が多く挙げられています。というのも、ヒアルロン酸の場合は、いわゆる「プチ豊胸」といわれているように、手術時間が30分程度と短いこと、また脇から注入する手術法なので、跡が残りにくいということから、お手軽感があるからです。

そのとおり、ヒアルロン酸の手術を受けた人からは「仕事帰りに受けられて助かった」という声や、「跡が残らないし、副作用の心配もないので安心して手術を受けられた」という体験談が寄せられています。

ほかには、「もともとバストアップだけではなく、左右の大きさが違うことが気になっていたが、それが解消されて満足」という声も寄せられました。ヒアルロン酸注入法は、気になる箇所を指定して注入することで、バストの形を整えたり、左右のバランスを整えたりということができるのも特徴なのです。

いずれにせよ、手術は医師との相談のうえ、気になる箇所を説明しながら受けると良いでしょう。

知らないと怖い! 豊胸手術のこんな失敗例

テレビ番組などでも整形の前後の姿が紹介されることもあり、整形手術に関する意識は、かなり変わってきました。ひと昔前では、自分の体にメスを入れるということには、大きな違和感、嫌悪感、拒否感があったものです。それがいまや、「プチ整形」なる言葉に象徴されるように、整形は身近なものになってきました。

そんな整形手術のなかでも、女性ならではの悩みが豊胸手術ではないでしょうか。「豊かなバストは女性らしさの象徴」という意識は、男性にも、女性にもいまだに残っています。それだけに、女性は自分のバストに関して不満を抱くことが少なくないようです。

豊胸手術でポピュラーなのはヒアルロン酸注入法ですが、ほかにも脂肪注入法、バッグ挿入法などの手術法が知られています。このうち、ヒアルロン酸はもともと体内にある成分を、脇から一箇所で注入していく手術なので、比較的安全とされ、人気もあります。ただし、これ以外の手術法だと、上手くいかなかった場合には、失敗することもあるので注意しなくてはいけません。

バッグ挿入法の場合だと、バッグの位置が悪くて、大きさは増したものの、見た目が不自然という失敗例があるようです。ほかにも、年月が経つにつれ、バッグの位置が上下にずれてきたり、バストの左右の大きさに偏りが出てしまったりということもあるようです。

バッグの挿入の際には、危険性の少ない素材が選ばれてはいるのですが、やはり体のなかに異物を入れる、ということから、痛みや触ったときの違和感を覚える場合もあるようです。

昨今、豊胸手術がより身近になってきたのは確かなのですが、やはり手術には変わりありません。できるだけ、事前に医師と綿密に話し合い、手術の前の準備を整えておくことをオススメします。

プチ豊胸、意外な悩みと、かなり大きなメリット

女性の悩みのベストテンを挙げていくならば、必ずランクインするのが、バストに関する悩みではないでしょうか。大きさ、型など、女性らしさの象徴とされているだけに、バストへの悩みは、昔からつきません。

なかには、付き合っている男性や、夫、さらには好きな男性のために、豊胸手術を決断する人もいるようです。相手により良い自分をアピールするための方法として、豊胸手術を受ける。ひと昔前では考えられないようなことですが、いまはそれほど、豊胸手術が身近なものになっているのです。

とはいえ、豊胸手術に関する不安も少なくはありません。自分のバストにメスを入れるというのは怖さがあるものでしょうし、切開したことで、パートナーに豊胸手術をしたことが知られてしまうのではないか、という不安も多いようです。

そこで注目されているのが、いわゆる「プチ豊胸」です。具体的には、ヒアルロン酸を注入することによる豊胸手術です。ヒアルロン酸とは、もともと体にある成分で、使用することによる副作用や、アレルギーの可能性がありません。

さらに、ヒアルロン酸の注入手術は、メスによる切開の必要がなく、ほとんどの場合で、脇の1箇所から注入していくという手術になるので、手術の跡が目立たず、パートナーにも知られる心配がありません。

メリットとしては、注入する量や注入箇所によって、左右の差などを調整できるということです。「ただ大きい」だけではなく、「美しい」バストを作ることもできるので、医師と相談しながら、理想のバストに近づけていきたいものです。

「プチ豊胸」といわれるゆえんは、その所要時間にもあります。ほとんどの場合が、手術にかかる時間が30分程度。入院の必要がないので、なかなか1日の休みがとれないような忙しい女性でも手術を受けることができるのです。

知っておきたい、ヒアルロン酸豊胸手術のこんなメリット

女性は、いくつになっても美への興味が尽きないものです。そのなかでも、とくに関心が高いのがバストについてではないでしょうか。古今東西、豊かなバストは女性らしさの象徴とされており、いまでこそ「微乳」に脚光が当たりつつもありますが、それでも女性は豊かなバストに憧れを抱くことが多いようです。

そんななか、整形手術への違和感が少なくなってきている昨今、女性たちの関心は豊胸手術に向きつつあります。「プチ整形」という言葉があるように、豊胸手術でも「プチ豊胸」という言葉が生まれてきています。これは、整形手術全般と同様、豊胸手術へのイメージが変わりつつあることを証明しているのではないでしょうか。

「プチ豊胸」とは、いわゆる早く、安価に、安全に手術ができるということを表しており、その代表的な手段がヒアルロン酸を注入する方法です。

ヒアルロン酸は、脇から注入する手術になるので、跡が残りにくく、手術の時間もおよそ30分程度で終わることがほとんどです。そのため、入院することもなく、仕事をしていて忙しい人でも手術を受けられるので、OLの人などにも人気があります。

もうひとつの特徴は、ヒアルロン酸が安全であるということです。ヒアルロン酸は、もともと人間の体のなかにある成分なので、副作用などがなく、アレルギーなどを引き起こす心配もありません。整形というと、手術失敗などのデメリットが頭をよぎるものですが、ヒアルロン酸はその不安を少なくしてくれます。

ヒアルロン酸は注入する箇所を選ぶことで、バストの型を整えたり、左右の大きさを整えたりという、「美乳」効果も期待できます。大きくするだけではなく、より美しいバストにしたい、という人にも支持されている手術法なのです。

美容整形で人気ナンバーワン、安全な豊胸手術って?

美容整形のなかでも、ニーズが高いのが豊胸手術といえるのではないでしょうか。昨今では「微乳」ブームなどもありましたが、やはり女性にとって、メリハリのあるボディ、なかでも豊かな乳房には憧れが強いもののようです。

豊胸手術でよく知られているのが、ヒアルロン酸を注入するものです。ヒアルロン酸とは、関節や皮膚、脳などを組成する成分のうちのひとつであり、化粧品にも用いられています。さらに、既存添加物として厚生労働省にも認められており、安全性においてお墨付きがあるものです。

ヒアルロン酸による豊胸手術は、ヒアルロン酸を、バストアップさせたいところに注入していくことになります。注入するのは、脇の付け根の場合が多いようです。ほとんどの場合、1箇所から注入していきます。施術時間は、およそ30分〜40分といったところでしょうか。

ヒアルロン酸を用いた手術が、他の手術と比べて短時間で済むというのは、メリットのひとつでしょう。さらに傷跡が目立ちにくいこと、アレルギーなどの副作用の可能性が低いことも、大きなメリットといえそうです。

ヒアルロン酸は、各整形外科によって、用いる種類が異なってくることも多いようです。とはいえ、ヒアルロン酸の根本的な特性は変わらないので、心配することはありません。ただし、少しずつ個性が違ってくるかもしれないので、実際に施術を受ける際には確認しておいたほうが良いでしょう。

豊胸手術でヒアルロン酸を選択する患者さんのなかで多いのは、ヒアルロン酸で部分的な調整をして、いわゆる「美乳」にしたい、というケースです。ヒアルロン酸は、注入する部分を選ぶことで、希望に添った形に形成することも可能です。大きくしたい、というのだけではなく、美しいバストのためにも有効な方法といえるでしょう。

4 / 41234