豊胸手術のコラム

記事一覧

トラブルになる前に、知っておきたい豊胸手術の知識

女性が考える、理想のバストとは、何でしょうか。男性のそれは、わかりやすいかもしれません。ズバリ「大きさ」でしょう。豊かなバストは、古今東西、男性にとっての女性らしさの象徴といわれてきました。

ですが、女性自身にとっては、より複雑な価値観が生まれてきているのではないでしょうか。もちろん、大きさはひとつの要素です。しかし、「微乳」という言葉が出てきているように、大きさよりも、形にこだわるような向きも増えてきています。つまり、ただ大きいだけではなく、「美しい」バストということです。

価値観の広がりにともない、女性たちにとっての豊胸手術への意識も変わってきました。それまでは、「体にメスを入れる」ことへの嫌悪感、違和感が根強くあったものですが、昨今では、美容整形のなかでも、比較的気軽に受けられる手術として考えられるようになってきました。

その反面、医師や医療機関を選ぶのに失敗してしまった場合は、様々なトラブルが発生しています。とくに、バッグ挿入法では、トラブルの報告が多いように思われます。左右のバランスが違う、日時が経つにつれ、バッグは上下にずれてきて、バストの形が崩れてしまった、など、残念なケースが報告されています。

また、そういった医療機関の場合は、失敗を認めず、料金のトラブルに発生する可能性もあります。明らかな手術ミスにも関わらず、再手術の要請に応じなかったり、賠償金を支払わなかったり、ということもあるようです。

豊胸手術は、よりポピュラーになってきたとはいえ、手術にということには変わりがありません。事前に医師とは綿密なコミュニケーションをとり、もしも不安や不満があるのだったら、他の医師や医療機関を受診することも考えておきたいものです。

こだわりたい感触、触り心地を実現する豊胸技法

男性は、いくつになっても女性へのバストに憧れを抱いているものです。それは憧れなのか、幻想なのか、欲求なのかはわかりません。もしかしたら、幼い頃に母親からおっぱいを飲んだ記憶が色濃く残っているのかもしれません。強く求めながら、その後離れていき、そして自分にも備わっていないもの。それが、男性がバストに思う想いなのかもしれません。

女性の社会進出が進んできたとはいえ、いまでも日本社会は男性中心で進んでいます。今後、どんどん女性の権利は高まっていくでしょうが、いまはまだまだ男性の理解が足りないのが現状です。

そうなると、女性は自分の体のなかで、バストを強く意識せざるを得なくなってきます。つまり、男性の視線を意識すると、自然とバストにたどり着く、ということです。男性だけではなく、女性にも豊かなバストを理想とする傾向があるのには、そういった理由があるのではないでしょうか。

それでも、昨今では価値観が多様化してきています。「大きい」だけではなく、「形」や「色」、「バランス」などにもこだわるようになっているのです。ある意味では、男性の視線からの脱却といえるかもしれません。

そういった意味で、豊胸手術で感触や触り心地を重視するのは、また新たな傾向といえるでしょう。これまではシリコンバッグなど、劣悪なものはどこか固いような感触があったものですが、コンデンスリッチ豊胸や、ヒアルロン酸を用いた豊胸手術など、新たな方式が出てくるに従って、よりナチュラルな感触を実現することができるようになっています。

もちろん、この感触というのは、自分が触るだけではなく、パートナーにとっての触り心地ということにもつながってきます。そういう側面で考えると、男性の視線がまだ残っているのかもしれません。

乳がんになりやすいって? 豊胸手術のほんとうとウソ

美容整形に関する関心は、近年さらに高まっているといえるでしょう。TV番組では、美容整形をして人生が変わった人を取り上げ、雑誌では整形をした有名人のコラムが掲載され、ドラマや小説でも、美容整形が題材として取り上げられることは少なくありません。

理由のひとつとして、米国や韓国といった、いわゆる整形大国といわれる国の価値観が流入してきたことが挙げられるのではないでしょうか。これまでの「整形イコール悪いこと」といったイメージから「整形で人生を変える」という、プラスのイメージに転換してきているのです。

こういった美容整形の高まりは、豊胸手術にも波及してきています。もともと、女性は自分のバストに関する関心が非常に高く、多くの場合でなんらかのコンプレックスを持っています。それは「小さい」というだけではなく、「大きすぎる」や「形が悪い」など、さまざまです。

そういったコンプレックスを払拭する手段が豊胸手術ということです。さらに、近頃では「プチ豊胸」といわれる、ヒアルロン酸注入法という簡易な手法が登場してきました。これはもともと体のなかにある成分のヒアルロン酸を注入する手法で、時間が短時間で済み、副作用や後遺症の心配が少ないという豊胸手術です。

一時は、豊胸手術を受けた人は乳がんになる可能性が高いといわれていましたが、必ずしもそうではないという結果も出てきています。とくにヒアルロン酸はもともと体にある成分ですので、そういった疾病につながる可能性は少ないと考えられます。

ただし、バッグ挿入法の場合は、乳がん検診の際にマンモグラフィーを受けることが難しくなります。リスクも生じるので、必ず事前に医師に相談するようにしてください。

後遺症は? 豊胸手術の不安をズバッと解消!

意外と、豊胸手術を受ける際に、明確なイメージを持って臨む人は多くないといいます。ほとんどの人が、なかば漫然と「大きく」とか、「形を良く」といったようなオーダーをしてくることが多いようです。それは非常にもったいのないことで、できるだけ自分のイメージを固めてから豊胸手術に臨んだほうが、良い結果を得られるというものです。

そのイメージによって、豊胸手術の手法も変わってきます。たとえば左右のバランスを整えたい、ということだったら、手軽なのはヒアルロン酸の注入法です。ヒアルロン酸の注入は、おもに脇から注入していくのですが、指定の箇所に注入していくことができるので、バストの左右でバランスを整えたい、というときには有効な手法になってくるはずです。

また、ヒアルロン酸注入の場合は、手術時間がおよそ30分程度と短く、費用も5万円程度からあったりと比較的にリーズナブルなのも特徴です。ヒアルロン酸はもともと体にある成分なので、副作用や後遺症の心配もほとんどありません。傷が残りにくいのも、この手法のメリットといえるでしょう。

逆に、豊胸手術で例えばバッグ挿入法などでずさんな手術が行なわれた場合には、後遺症が残る可能性がなくはありません。胸にしこりができてしまったり、痛みがある、感触に違和感が生じてしまう、というようなことがあるようです。

昨今では、「プチ整形」ならぬ「プチ豊胸」という言葉が流行ったりと、豊胸手術が一般的に広がってきています。とはいえ、手術には変わりありませんので、しっかりと準備して、できるだけリスクは回避していかなくてはいけません。医療機関、医師選びは慎重に、そして術前には綿密に話しあいと相互理解を勧めていくことが勧められます。

授乳できる? 豊胸手術の素朴なギモンを解決

美容整形大国といえば、どの国を思い浮かべますか? いま話題の韓国でしょうか。確かに韓国では美容整形がポピュラーですが、やはり美容整形で他の国を一歩リードしているのは米国をおいて他にないのではないでしょうか。

ハリウッド女優や著名人などが、顔の一部(または複数箇所)を整形している、またはした、というような話題は事欠きません。さらに、整形がタブーというような雰囲気はみじんも感じられません。ここが日本とは違うところで、日本ではいまだに「体にメスを入れる」ことへの違和感がありますが、あちらでは、そうすることで「人生が変わる」「コンプレックスから解放される」ならば、することにより大きなメリットがある、と考えられているようです。

さて、そんな米国で、美容整形の手術のなかで、もっとも多く施術されているのが豊胸手術です。もちろん、豊胸手術にもさまざまあり、一時はバッグ挿入法が主流でしたが、現在ではより安全性が高いといわれるヒアルロン酸の注入法、さらには脂肪注入法、それが進化したコンデンスリッチ豊胸手術などが知られています。

こういった豊胸手術を受けた人のなかで不安事項となっているのが、授乳の際のことです。豊胸手術をした後でも、母乳をあげられるのかどうかということですが、手術で乳腺を傷つけることはほとんどないので、授乳への影響はほぼないといえます。とはいえ、授乳によってバストは変化するでしょうから、理想をいえば、豊胸手術は授乳を終えてからするのが良いでしょう。

日本でも豊胸手術は一般的になってきたとはいえ、手術であることには変わりがありません。医療機関、医師選びは慎重にし、手術の前には、よく話し合い、相互理解をはかるようにして、準備していきたいものです。

豊胸手術する前に、考えておきたいリスクとメリット

美容整形といえば、まず思い浮かぶのは、一重瞼を二重にする手術かもしれません。いまや、若年層でも手術を受けるような、気軽に行なわれるイメージが広がっています。

次に思い浮かぶのは、豊胸手術ではないでしょうか。今も昔も、女性はバストへの悩みがつきません。「もっと大きくなりたい」という人がいれば、「もう少し小さいほうが良い」と大きなバストにコンプレックスを持っている人もいます。ほかにも、形や左右のバランスなど、いつでも女性の悩みのベスト3に入ってくるのがバストの悩みなのです。

豊胸手術に関するイメージは、ここ数年でかなり変わってきました。それまでは、いわゆる「手術」というイメージが強かったものですが、いまは「プチ豊胸」という言葉があるように、かなり手軽に受けられる印象が強くなってきました。

この手軽なイメージを作る要因になったのが、ヒアルロン酸注入法でしょう。この手術は、もともと体にある成分のヒアルロン酸を使用するので、非常に安心感があるということと、手術の時間がおよそ30分程度であること、また手術が簡易であるため、跡がつきにくいというメリットがあるのです。

それまでの豊胸手術には、さまざまなリスクがありました。バッグ挿入法だと、どうしても異物を入れるということになるので、場合によっては拒否反応があったり、また手術が上手く行かなかった場合には、バッグが上下にずれてきたり、左右の大きさが違ってきたりというトラブルにもつながります。

豊胸手術とは、そうしたリスクを伴うものという印象を、ヒアルロン酸注入法の登場が払拭したのです。とはいえ、まったくリスクがないわけではありません。手術を受ける際には、医師や医療機関をじっくり選んで、よりよい手術が受けられるように気をつけたいものです。

バッグ抜去でどうなる? 豊胸手術の裏側

いまや、美容整形は巨大なビジネスとなってきています。美容大国といわれる米国、韓国はもとより、それまでは「体にメスを入れる」ということへの嫌悪感、違和感が強く残っていた日本ですらも、美容整形に対する考え方は柔軟なものになっています。

その最たるものが、いわゆる「プチ整形」でしょう。本格的な整形だと、まだ違和感を覚えるという人でも、例えば瞼を一重から二重にするといったような、ほんの少し手を入れる感じの整形手術の場合では、むしろ関心が高まっているようなイメージがあります。

豊胸手術でいえば、ヒアルロン酸を注入する手術などは、プチ整形に近いものがあるといえるでしょう。ヒアルロン酸の場合は、手術にかかる時間がおよそ30〜40分と短く、また多くが脇から注入する手術になるので、跡が残りにくい、そしてもともと、ヒアルロン酸が体にある成分なため、後遺症や副作用、アレルギーなどがないという、安心面でもメリットがあるのです。

反面、バッグ挿入法は、整形外科選びに失敗すると、手術そのものが上手くいなかったり、見た目であきらかに不自然になってしまうという結果になることもあるようです。

多いのは、バッグを入れる位置を失敗してしまった、または年月が経ったことで、バッグの位置が上下、左右にずれたり、左右のバストの大きさが変わってきてしまったりということも報告されています。さらには、挿入後に胸が痛んだり、触ったときに硬さを感じるなどの、違和感を覚える人も少なくないといいます。

そういった失敗手術の場合は、除去手術を受けることになります。その際は、バッグのなかの液体が漏れないように、細心の注意を払っての手術となるので、医師の力量が問われます。除去手術を受けることになった場合は、より慎重な医師選びと、医師とのコミュニケーションが欠かせませんので、シッカリと準備するようにしたいものです。

なるほど! 豊胸手術後のあんなこと、こんなこと

人間が、自分に望むことは多岐にわたります。「もっと背が高くなりたい」と思う人もいるでしょうし、「もっと物覚えが良くなりたい」であったり、「運動神経が良ければいいのに」という人だって少なくはないはずです。

そういった望み、願望といったものは思春期に出てくるものなのですが、なかでも多いのが、外見や容貌に関する悩みなのではないでしょうか。TVで活躍するタレントを見て「あんな顔になりたい」という漫然とした憧れを抱いたり、「隣のクラスの○○さんのようなスリムな体型になりたい」ということを思ったりするものです。

美容整形は、そういう人間の願望を叶えるものとして広がってきました。それまでのコンプレックスを解消し、憧れを手に入れるチャンスが美容整形という考え方です。もちろん、美容整形とはいえ手術ですから、体にメスを入れることへの嫌悪感や違和感も根強くありました。それでも、昨今ここまで広がってきたのは、価値観の多様化と、手術の手法が進化したことによるでしょう。

豊胸手術では、ヒアルロン酸注入法という比較的安価で時間もかからない手術法が広がってきています。最大のメリットといえるのが、術後の後遺症や副作用がほとんどないことでしょう。もともと、ヒアルロン酸は体にある成分なので、安全性が高く、また手術自体も脇の一箇所から注入するというシンプルなものなので、手術跡が残りにくいのです。

それまでは、手術後の後遺症やずさんなバッグ挿入法によるバストの不具合など、デメリットも少なくありませんでしたが、手術後を考えた場合においても、デメリットが少ないヒアルロン酸注入法は、豊胸手術に新たな価値観を植え付けたといえるのではないでしょうか。

シリコン豊胸手術、メリットとデメリットを考察する!

美容整形については、これまでさまざまな論議が交わされてきました。否定的な論調も少なくはありませんでしたが、ここ最近においては、美容整形に寛容な意見のほうが多くなってきたような風潮があります。

それはマスコミによる喧伝が大きいと考えます。美容整形のビフォー・アフターのようなTV番組があったり、美容整形をモチーフにした小説やドラマ、演劇なども少なくありません。また著名人の整形談義のようなものまであり、美容整形に関するイメージはかなりライトなものになってきました。

そういった流れのなかで、豊胸手術もこの数年で、かなり市民権を得てきたといえるのではないでしょうか。とくに「プチ整形」といわれるヒアルロン酸の注入法は、手術時間がおよそ30分と短いこと、費用が5万円程度とおさえられること、さらには安全性の高い手術ということで、幅広い層に豊胸手術を浸透させた功労者といえるかもしれません。

そんな豊胸手術のなかでも、よく知られているのがシリコンバッグの挿入法です。費用は、バッグ自体でおよそ40万円、手術料金で20万円程度というのが相場のようです。これまでは、術後に痛みを生じる場合もあったのですが、昨今では手術技法の進歩により、痛みが軽減されるようになってきたようです。傷口もそれほど目立たなくすることができるようになってきたので、ひと昔前よりも安全性は飛躍的に高まっているといえるでしょう。

とはいえ、いくらライトになってきたとはいえ、豊胸手術も手術に違いありません。手術の前には、できるだけ医師とコミニュケーションをとり、よりよい準備をして、手術に臨みたいものです。もちろん、医療機関や医師の選択は慎重にすることがなによりも重要です。

傷跡にならない? 最新技法の豊胸手術跡

ひとことで豊胸手術といっても、その手法はさまざまな広がりを見せてきています。少し前まではバッグ挿入法が主流でしたが、脂肪注入法や、ヒアルロン酸注入法といった手法も登場してきて、豊胸手術をする人のニーズにあった手術が受けられるようになってきました。

たとえば脂肪注入法の場合でも、従来のものよりも進化したコンデンスリッチ豊胸という手術法が生まれてきています。これは同じ脂肪注入でも、機械で遠心分離して脂肪の不純物を取り除き、より脂肪の生着量を高めるという手術法です。

さらに特徴としては、不純物が少ないことにより、しこりなどのリスクが軽減されているということがあります。手術時間も大幅に短縮化されており、これまでの脂肪注入法でおよそ6時間程度かかっていたところが、およそ3時間で済むようになっています。

このコンデンスリッチ豊胸の例からわかるように、豊胸手術はより手軽で安全性の高いものになってきています。いまでは「プチ豊胸」という言われ方をしている、ヒアルロン酸注入法はその最たるものといえるでしょう。

およそ5万円程度から受けられるという費用面、さらに30分程度の手術時間というほかに、ヒアルロン酸注入法の最大のメリットは、手術跡が目立たないということではないでしょうか。ヒアルロン酸注入は、脇の一箇所から注入していく手術になるので、手術跡がほとんど目立ちません。もともと体にある成分を用いるので、後遺症や副作用などもなく、そういう意味でも安全性の高い手術法といえるでしょう。

ヒアルロン酸注入の手術は多くの美容整形外科で受けることができますが、手術の前には医師と綿密なコミュニケーションをとり、より良い手術を受けられるようにしたいものです。

3 / 41234