豊胸手術のコラム

記事一覧

豊胸施術のスタンダード、シリコンバック挿入法

豊胸手術としては一番歴史の長いバック挿入法ですが、現在ではバックの内容物や形状も様々で、すぐに豊かなバストを手に入れたいという人にとって今でも最も確実な手術方法と言えます。バック挿入法は今までに様々な問題が出てきました。もっとも多いのは術後の経年とともに起こる拘縮、バックの破損です。

現在では技術の進歩によりバックの耐久性も上がり万一破損したとしても内容物が漏れ出しにくく安全性にも優れたもの、拘縮しにくいタイプのバックも出てきて、大きさや形だけではなく自然な柔らかさと動きを保つものが現在では主流になっています。医療技術も進んで昔に比べると切開部も小さく目立たず身体の負担もより少ないものになってきています。

この手術法は、異物を挿入することからやはりある程度の痛みとリスクを覚悟する必要があります。バッグを挿入する部分の剥離範囲も広く術後には痛みとともに腫れや内出血が起こります。バストも固定しなければなりませんし術後のバストケアも不可欠です。

これらの症状が消え完成するまでには個人差もありますが数カ月かかり、1年ほどかけて自然な柔らかさができあがり身体に馴染んできますので、どうしても時間と手間がかかることはそれなりに考えておかなければなりません。外科手術ですから場合によってはバストの感覚が失われたり、腕と連動してひきつれるような感覚があったり疼痛を伴うこともあります。そういうケースもありますのでリスクとして覚悟すべきでしょう。

ただ確実にバストアップにつながるバック挿入法を受けたことで自信がついてコンプレックスや悩みが消え、より充実した毎日を送ることができるといった方々がたくさんいることも事実。最終的には自分の覚悟ひとつですが、豊胸を考えているのであればそれなりの前知識は必要です。よく調べ内容を熟知し、後悔のないよう覚悟した上で行うべき豊胸手術です。

バストマッサージと豊胸クリームの併用でバストアップ

バストのマッサージはバストを大きくするために欠かせないものです。マッサージで大きくなるの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょうが、バストマッサージによって起こる身体のメカニズムを考えれば期待はできるものと考えます。

一方、最近は豊胸クリームがポピュラーになっていますがその成分と副作用には注意して使用すべきです。植物由来の人間のホルモンに近い成分が配合されている豊胸クリームは、実際のところ皮膚に塗布するだけで脂肪細胞が増えてバストが大きくなることなどあり得ず、塗るだけで効き目が出るようなことは不可能に近いと思われます。もし本当にその効果があるならば、脂肪注入などの豊胸手術はすでに消えていることでしょう。

そういった植物由来のものを経口摂取した場合、例えば身近なもので言えば大豆などイソフラボンなどがありますが、これも女性ホルモンに近い成分として注目されましたが、程よく摂るには良いですが摂りすぎはやはり弊害が起きます。

豊胸クリームはホルモン物質配合によるバストアップ効果を期待するよりも、潤い・保湿成分や肌にハリを生む効果のある成分が豊胸クリームには多く含まれていますので、バストのマッサージと併用することで結果的にバストにハリと美肌をもたらすとともに刺激によりバストアップの効果が得られることになります。

バストマッサージをするときに豊胸クリームを併用することで滑りが良くなり、バストの血行を良くすると同時に代謝を活発にし、リンパの流れを良くすることで老廃物の排出を促すことになり美肌効果と乳房のハリにつながっていきます。そして乳腺の刺激によって女性ホルモンが活性化して、バストのハリとともにバストアップの効果を感じることができるでしょう。

バストアップのためには、乳腺の刺激やバストを支えている筋肉を鍛えること、そしてバストの血行促進とリンパの流れを整えることがバストアップへの近道です。豊胸クリームは成分の内容や配合されている量に注意して選んでください。

脂肪注入術がさらに進化、コンデンスリッチ豊胸とは?

近年技術進歩目覚ましい豊胸手術。バストに脂肪を注入する施術は以前から行われてきましたが、脂肪の吸引技術、そして注入する脂肪細胞の分離技術が進んだことで安全性が高まり、健全な脂肪細胞を選り分けられるようになりました。そのため既存の脂肪注入法よりもコンデンスリッチ脂肪注入法は、滑らかで濃縮した脂肪をつくり、バストに生着する定着率をさらに上げた施術です。

コンデンスリッチ豊胸の施術の特徴としては自分の脂肪をバストに注入することでバストの感触や形がとても自然であることでしょう。シリコンバックなどと比べると明らかに違いが出ますので見た目やさわり心地など周囲に知られることもなくバストアップできます。

コンデンスリッチ豊胸は従来の施術に比べれば、バストへの脂肪細胞生着率は上がっていますが、完全ではありません。経年、加齢など身体のさまざまな状況によりバストに注入した脂肪が吸収・分散される場合があります。それは人によって個人差があることや施術した医師の技術的な原因である場合もあります。

コンデンスリッチ豊胸の施術はバストに自分の脂肪を入れるわけですから、豊胸施術前に身体から脂肪吸引を行います。ですからバストだけではなく、脂肪吸引の技術も併せて見極めたいところです。脂肪吸引の技術も進歩していますが医師の技量的な部分は大きく、吸引した箇所が不自然になってしまうケースや引きつれ、痛みや凹凸が残る場合もあります。

そしてコンデンスリッチ豊胸でもやはりリスクがあります。採取した脂肪細胞の濃縮技術や分離技術は上がり、塊などのしこりや石灰化の確率は減ったものの医師の手技的な理由も含め、様々な要因からしこりができたり石灰化が起こる可能性があります。そして脂肪吸引部分の痛み、むくみ、内出血など一週間前後ダウンタイムがあります。当然ながらバストにも痛みがあり、一定期間の固定が必要になります。

ただコンデンスリッチ豊胸は、現在ある脂肪注入法の中では生着率の高さとリスク面を考えても一番最新の方法ではありますのでシリコンバックの抜去と同時にこの施術に変える人も急増しています。最新ということでこのコンデンスリッチ豊胸はやはり高額です。リスク面なども含め、時間をかけてカウンセリングを行った上で施術を受けて欲しいものです。

女性らしさとバストアップを手に入れる豊胸サプリ、その効用と仕組み

いわゆる豊胸サプリと言われているものには女性にとっての嬉しい成分がさまざま含まれているのは事実です。女性ホルモンに似た成分、ホルモンバランスを整える成分から美肌効果を促す成分、抗酸化作用のある成分などなど。

それぞれサプリメントの成分を解きほぐしていくと、「豊胸サプリ」というよりは女性の身体を若々しく健康的に保つことでバストにも良い影響を与えるといった効果を持つものが多いのです。ストレスや加齢などにより、減少した女性ホルモンを補い促進させるという意味では、女性の身体や体調を整える働きがあるため、結果としてバストにも効果が出るサプリメントになっていると言えます。

豊胸サプリメントで特に気をつけたいのは、ホルモン成分が含有されている場合です。用法と用量をきちんと守って適量を飲むべきで過剰服用は危険です。女性の場合、特に女性ホルモンに身体や心が左右されることが大きいので注意が必要です。身体に異常をきたしたり、ホルモンバランスの崩れによる精神不安定などその悪影響は測り知れません。特に10代、20代など活発にホルモンが分泌されている方々の服用はお勧めできません。

豊胸サプリメントを飲まずとも、女性ホルモンの分泌を促し身体を健康に保つことでバストアップにつなげることもできます。規則正しい生活を送ること、過度なストレスは避けることです。食事や睡眠をきちんと摂ることで栄養をバストにも行き渡らせ、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促進させることができます。

バストマッサージは乳腺に刺激を与えることで女性ホルモンの分泌を良くし、バストにハリを与えバストアップに効果があります。バストを支える筋肉を鍛えることでもその効果が期待できます。バストアップに一番手軽な方法が飲むだけの豊胸サプリメントではありますが、サプリメントの効果をより引き出すためには、サプリメントを補助として併用しながら日々の食事改善や睡眠、バストマッサージによる刺激などと組み合わせるのがベストです。

身近な食品で女性ホルモンに近い成分はたくさんありますので、そういった食品を日常的に摂取するだけでも女性の身体にとって良い影響を与えます。もちろん摂取量はほどほどにしましょう。

プチ整形は当たり前!今やバストアップもプチ豊胸で

プチ整形なる言葉が流行り、簡単に行える美容整形の施術が増えましたが、豊胸も今やプチ豊胸の時代になっています。ショッピング感覚でクリニックへ行き、手技方法を選び短時間で施術をすませてお終い、アフターケアいらずという手軽さです。

プチ豊胸と呼ばれるものには、ヒアルロン酸注入、自己の血液を加工してバストに入れる献血豊胸などがあり、ヒアルロン酸注入はすでにポピュラーなものとして人気が高い施術です。いずれの注入法もメスを入れないため術後の日常生活も差し支えなく送れる方法です。

他にメスを入れない豊胸施術として今注目を浴びているのは、レーザーや光による豊胸でしょう。その効果は口コミで広がり始め話題になっていて、最新のバストアップトリートメント技術と言えるでしょう。この施術は痛みがなく、プロテーゼ挿入法のように劇的なバストアップ効果は期待できないものの、特殊なレーザーや光をバストに当てることで脂肪細胞ひとつひとつを膨らませバストを大きくする技術です。無害ですので、身体へのダメージはありません。

会社からの帰宅途中にエステやマッサージでも…それと同じ感覚でこの施術を受けることができます。バストアップ効果が確実に出るプロテーゼ挿入法も根強い人気を残していますが、やはり手術に対して恐怖感を持つ人も多く、身体にダメージが残る、後遺症、痛みなどといったイメージがつきまとうため、リスクの少ないプチ豊胸に人気が集まっていることも事実です。

豊胸技術が進んできたため、自分に合った施術方法が選択できるようになっています。豊胸術も「プチ」とは言え、やはりメリット・デメリットがありますのでそこを理解して上手に利用したいものです。バストは女性のシンボルであり女性にとってとても大切なものですから、プチという言葉に惑わされず自然で豊かなバストアップを目指しましょう。

豊胸手術にかかる費用とそのポイント

豊胸手術にかかる費用はクリニックや病院により料金体系や内訳が違ってきます。料金が高い安いだけで安易に病院を決めることはできませんが、大抵は相場があり料金体系もはっきり書かれているクリニックも多いので金額の内訳も含めての比較ができるようになっています。

料金は手術そのものにかかる費用の他、術前術後の費用も考えましょう。クリニックによってすべて含まれた金額で表記されている場合もありますし、別途料金がかかる場合もあり、その他では追加処置の必要性があった場合更に料金がかかることもあります。

術前のカウンセリングや身体の健康チェック検診や検査、術後のアフターケアにかかる費用のチェックは必ず事前に確認しておきたいものです。特に術後の検診と診察にかかる費用や不具合が起きたときの料金などは含まれるのかどうかは重要なポイントです。豊胸手術には保険が適用されないため、薬ひとつ出してもらうにしても高額になってしまうからです。

そして保証制度もチェックしましょう。何かあった場合、無償で調整や修正もしくは再手術を受けられる場合があります。この保証制度では保証内容と保証期間を確認、そして無料で処置を受けられるかなど費用もチェックします。施術方法によって、そして各クリニックによっても保証期間や保証内容は変わってきます。

そして何より重要なのは医師の技術力でしょう。技術不足によって引き起こされるバストの不具合や失敗例は多いのです。名前のある病院を目安にするのもひとつですが、実績のある医師を探すことが一番ではないでしょうか。

そして病院で決められた担当医ではなく自分で担当医を指名することも後悔しないひとつの手段です。医師任せにせず、利用者側もじゅうぶんに下調べをし、積極的にアプローチしていくことが手術を行う上では大切なポイントと言えるでしょう。

脂肪注入による豊胸手術のリスクとアフターケアの必要性

豊胸手術の中でも脂肪注入による施術はとてもポピュラーなものです。仕上がりはシリコンバックと比べると、脂肪注入は自然な形とさわり心地で人気がある施術ですが、バック挿入のような確実に大きいバストを考えている人には不向きの施術とも言えるでしょう。脂肪注入という特性から多くの容量を入れるのは難しく、あくまでも自然な膨らみのバストを望む方に向いています。

従来の脂肪注入術は採取した脂肪をそのまま注入していたため、不純物も多く組織の壊死やしこりや石灰化など、リスクの高い施術のひとつでした。脂肪注入は日々進化、改良が進んでおり以前に比べれば後遺症もリスクも低くなってきたものの、ゼロではありません。

脂肪注入法にはいくつかの種類がありますが安全性やそのリスクを考えると、高額ではありますが最新の脂肪注入を受けるべきでしょう。考え方として脂肪注入術の場合、脂肪吸引技術とバストへの脂肪注入技術のどちらも必ず確認することです。脂肪注入による豊胸術の場合、吸引・注入どちらも最新機器であることが望ましく、医師の技術の高さも必須です。今は脂肪吸引機器や技術も進んでおり、痩せている人の吸引も可能になり吸引部のトラブルも減ってきたものの、可能性としてでこぼこ・引きつれ・傷跡などの不自然さや疼痛などが出る場合があります。これは医師の吸引技術によるものが大きいでしょう。

また脂肪注入に関しても最新の技術では、採取した脂肪細胞を分離する技術機器の進歩により、不純物は取り除き脂肪がバストに生着しやすい配合に変えバストに注入されますので、従来に比べ生着率も上がり、リスクも減ってきましたがまったく問題がないわけではありません。

施術後は吸引箇所と注入したバストに痛みがあり腫れや内出血などがあり、通院の必要もあります。アフターケアとしては通常と同じく、バストを保つために脂肪が固定されるよう、そしてバストの血流を良くして女性ホルモンの活性化を図るためのバストケアも必要です。

技術改良が進む脂肪注入術ですが、まだまだバストの持続性の確率や施術におけるリスクは完全ではありません。ただし現在の施術法の中で自然で豊かなバストを作るという点では最も優れた施術方法ではあります。

失敗もある豊胸術だから、リスクを考え慎重に

医療技術の進歩により美容医療の安全性も高まってきましたが美容整形の需要が増えるとともにトラブルも増えています。豊胸手術も選択肢が増えましたが、これだけ技術が進んだ今も現状はバッグ挿入・注入法ともに少なからず身体に負担のかかる施術方法です。

リスクとして金額的、肉体的、精神的なものがあげられるでしょう。美容医療に保険はききませんから全額自己負担になり豊胸手術は以前に比べれば安価になってきているものの、まだまだ簡単に出せる金額ではなく最新医療であればあるほど金額も高いものになります。そして術後の経過やトラブルによってはさらにお金がかかる場合があります。

肉体的にはもともとないものをバストに挿入したり注入したりするのですから術後の痛みや疼痛、バストのしこり・石灰化、バッグの破損などあげたらきりがないほどです。精神的にも術後思ったようなバストにならなかったことで思い悩むケースも多く、他にはパートナーに知られたくない不安、検診などの不安などが主に上げられます。そして出産、バッグの劣化など将来への不安が大きくなり、望んで手術を受けたものの、心境の変化によりさらにストレスが強くなることがあります。

豊胸手術を受けたからと行って必ずしも思い通りのバストになるとは限らないということを考えると、数ある豊胸施術の選択肢の中でいきなり最初から豊胸手術という方法よりもまずはマッサージやエステなど、リスクの少ないものから試してみることも豊胸への手段のひとつ、ではないでしょうか。

一度豊胸手術を受けたら良くも悪くも元のバストには戻れません。豊胸手術はまだまだリスクが大きい手術ですのでパートナーともよく相談し慎重に時間をかけて考えるべき手術なのです。

ヒアルロン酸豊胸術はリスクが少ないと言うけれど…その効果と持続

プチ整形としてポピュラーになったヒアルロン酸による豊胸術。ヒアルロン酸は人間の細胞組織に含まれるムコ多糖なのでアレルギー反応もなく安全性に優れたものです。テストの必要なく、カウンセリング当日にすぐ注入でき時間も数十分という手軽さも人気の一因でしょう。

身体にかかる負担を考えれば、一番負担の少ない施術法であり、注入の場所や量を調整して見ながらバストの形を整えることができるのでバストを見ながら自分好みのバストメイクが可能です。

プチ豊胸と言われるこの施術ですが、バストアップの持続性には問題があり、ヒアルロン酸は早かれ遅かれ体内に吸収されてしまう性質のものですから、ヒアルロン酸を継続して注入していかなければバスト維持が難しいという難点があります。

手軽で安全性の高い施術ですが、施術後には痛みもありますし、一部吸収されずにしこりとして残ってしまう場合があります。原因はヒアルロン酸注入の際、注入する塊が大きすぎたことで身体に吸収されないまま残ってしまったものです。手技的な要因によるところが大きいと言えます。

吸収された後のバストはしこりによって凹凸ができたり違和感が残ったりする場合もあります。その場合、エコー検査などでしこりの原因を突き止め、それがヒアルロン酸であるならば薬剤を注入することで塊を溶解することができます。

簡単にダメージもなく行える施術法ではありますが、このような施術後の後遺症があることも認識しておかなければなりません。また乳がん検診で引っかかる場合もありますので施術後はバストをよく観察し気になることがあればすぐ医師に相談すべきでしょう。

豊かなバストへ!様々な選択肢がある昨今の豊胸手術

昔の豊胸手術というと、プロテーゼ挿入法といういわゆるバッグを入れてバストを大きくする施術方法しかありませんでした。身体にかかる負担は大きく、激しい痛みを伴う手術方法です。昨今では日々技術が進歩して様々な施術法が生まれ、ただ大きいだけのバストではなく、触っても動いても自然できれいな仕上がりのバストが求められる時代になっています。

今では挿入法に加えヒアルロン酸や自己血液、自己脂肪などの注入法がポピュラーになっています。バッグ挿入法に比べて痛みも軽減され、アレルギーや拒否反応も少なく日帰りで行える施術法として人気が高まっています。

これら挿入法・注入法いずれもメリットとデメリットがありそれぞれの希望と理想に合わせて施術を選ぶことができるようになっています。プチ豊胸と言われるものではヒアルロン酸注入法、自己の血液を採取・加工してバストに注入する献血豊胸などがあります。どちらも身体にかかる負担が少なく、施術時間が短いことや通院の必要もなく、日常生活に影響が少ないため、そう呼ばれています。

脂肪注入法は自己脂肪をバストに注入するため脂肪吸引とセットになっていますので、ややそのリスクは高まりますが、現在はよりバストへの生着率を高め、少ない脂肪量で豊胸できる技術ができているので、そういう意味では安全性も高くなっていると言えます。

今のところ豊胸手術に完璧なものはなく、術後さまざまな問題が起こり得ることは覚悟しなければなりませんが、これだけ日々技術の進歩が目覚ましい美容医療ですから今後はさらに選択肢が増え、もっと安価で安全、もっと気軽な気持ちで豊胸手術を受けられる日が来るかもしれません。

2 / 41234