豊胸手術の後遺症について

後遺症は? 豊胸手術の不安をズバッと解消!

意外と、豊胸手術を受ける際に、明確なイメージを持って臨む人は多くないといいます。ほとんどの人が、なかば漫然と「大きく」とか、「形を良く」といったようなオーダーをしてくることが多いようです。それは非常にもったいのないことで、できるだけ自分のイメージを固めてから豊胸手術に臨んだほうが、良い結果を得られるというものです。

そのイメージによって、豊胸手術の手法も変わってきます。たとえば左右のバランスを整えたい、ということだったら、手軽なのはヒアルロン酸の注入法です。ヒアルロン酸の注入は、おもに脇から注入していくのですが、指定の箇所に注入していくことができるので、バストの左右でバランスを整えたい、というときには有効な手法になってくるはずです。

また、ヒアルロン酸注入の場合は、手術時間がおよそ30分程度と短く、費用も5万円程度からあったりと比較的にリーズナブルなのも特徴です。ヒアルロン酸はもともと体にある成分なので、副作用や後遺症の心配もほとんどありません。傷が残りにくいのも、この手法のメリットといえるでしょう。

逆に、豊胸手術で例えばバッグ挿入法などでずさんな手術が行なわれた場合には、後遺症が残る可能性がなくはありません。胸にしこりができてしまったり、痛みがある、感触に違和感が生じてしまう、というようなことがあるようです。

昨今では、「プチ整形」ならぬ「プチ豊胸」という言葉が流行ったりと、豊胸手術が一般的に広がってきています。とはいえ、手術には変わりありませんので、しっかりと準備して、できるだけリスクは回避していかなくてはいけません。医療機関、医師選びは慎重に、そして術前には綿密に話しあいと相互理解を勧めていくことが勧められます。

このエントリーをはてなブックマークに追加