進化した脂肪注入術、コンデンスリッチ豊胸

脂肪注入術がさらに進化、コンデンスリッチ豊胸とは?

近年技術進歩目覚ましい豊胸手術。バストに脂肪を注入する施術は以前から行われてきましたが、脂肪の吸引技術、そして注入する脂肪細胞の分離技術が進んだことで安全性が高まり、健全な脂肪細胞を選り分けられるようになりました。そのため既存の脂肪注入法よりもコンデンスリッチ脂肪注入法は、滑らかで濃縮した脂肪をつくり、バストに生着する定着率をさらに上げた施術です。

コンデンスリッチ豊胸の施術の特徴としては自分の脂肪をバストに注入することでバストの感触や形がとても自然であることでしょう。シリコンバックなどと比べると明らかに違いが出ますので見た目やさわり心地など周囲に知られることもなくバストアップできます。

コンデンスリッチ豊胸は従来の施術に比べれば、バストへの脂肪細胞生着率は上がっていますが、完全ではありません。経年、加齢など身体のさまざまな状況によりバストに注入した脂肪が吸収・分散される場合があります。それは人によって個人差があることや施術した医師の技術的な原因である場合もあります。

コンデンスリッチ豊胸の施術はバストに自分の脂肪を入れるわけですから、豊胸施術前に身体から脂肪吸引を行います。ですからバストだけではなく、脂肪吸引の技術も併せて見極めたいところです。脂肪吸引の技術も進歩していますが医師の技量的な部分は大きく、吸引した箇所が不自然になってしまうケースや引きつれ、痛みや凹凸が残る場合もあります。

そしてコンデンスリッチ豊胸でもやはりリスクがあります。採取した脂肪細胞の濃縮技術や分離技術は上がり、塊などのしこりや石灰化の確率は減ったものの医師の手技的な理由も含め、様々な要因からしこりができたり石灰化が起こる可能性があります。そして脂肪吸引部分の痛み、むくみ、内出血など一週間前後ダウンタイムがあります。当然ながらバストにも痛みがあり、一定期間の固定が必要になります。

ただコンデンスリッチ豊胸は、現在ある脂肪注入法の中では生着率の高さとリスク面を考えても一番最新の方法ではありますのでシリコンバックの抜去と同時にこの施術に変える人も急増しています。最新ということでこのコンデンスリッチ豊胸はやはり高額です。リスク面なども含め、時間をかけてカウンセリングを行った上で施術を受けて欲しいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加