コンデンスリッチ豊胸について

最新技法、コンデンスリッチ豊胸に迫る

人間とは、ないものねだりの生き物です。「隣の庭の芝生は青い」とはよく言ったもので、自分にないものを、常に求め続けています。とくに、他人と比べてみて、「ああなりたい」「自分より優れている」というような思いを抱きがちです。

今も昔も、そういった傾向が顕著なのが、女性に関してのバストの問題ではないでしょうか。自分が小さいと思っている人は、「より大きく」。でも、自分のバストが大きくても、「これでは大きすぎる」などと思ってしまうものです。大きさだけではありません。色、形、左右のバランス……とにかく、自分に満足することなく、より良いバストを求めているのです。

これは、女性だけの問題ではないかもしれません。いまだ日本は男性社会の色合いが強いので、男性の視線を意識した自分のバスト、という意味で「もっとこうしたい」という欲求が生まれてくるケースもあると思われます。

そんななか、高まっている豊胸手術ですが、いま注目を浴びているのが、コンデンスリッチ豊胸です。これはいわゆる脂肪注入法のひとつなのですが、特有の機械で遠心分離することで、脂肪の不純物を取り除き、より脂肪の生着量が高まるというものです。

ほかの特徴としては、不純物が少ないことにより、しこりなどのリスクが軽減されているということがあります。手術時間も大幅に短縮化されており、これまでの脂肪注入法でおよそ6時間程度かかっていたところが、3時間くらいで済むようになっています。

比較的新しい豊胸手術がコンデンスリッチ豊胸ですが、どこの整形外科でも受けられるというわけではありません。医療機関選びは慎重に、またリスクがないわけではないので、医師とは綿密にコミュニケーションを取るようにしたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加