今の豊胸手術は好みで選択できる時代です

豊かなバストへ!様々な選択肢がある昨今の豊胸手術

昔の豊胸手術というと、プロテーゼ挿入法といういわゆるバッグを入れてバストを大きくする施術方法しかありませんでした。身体にかかる負担は大きく、激しい痛みを伴う手術方法です。昨今では日々技術が進歩して様々な施術法が生まれ、ただ大きいだけのバストではなく、触っても動いても自然できれいな仕上がりのバストが求められる時代になっています。

今では挿入法に加えヒアルロン酸や自己血液、自己脂肪などの注入法がポピュラーになっています。バッグ挿入法に比べて痛みも軽減され、アレルギーや拒否反応も少なく日帰りで行える施術法として人気が高まっています。

これら挿入法・注入法いずれもメリットとデメリットがありそれぞれの希望と理想に合わせて施術を選ぶことができるようになっています。プチ豊胸と言われるものではヒアルロン酸注入法、自己の血液を採取・加工してバストに注入する献血豊胸などがあります。どちらも身体にかかる負担が少なく、施術時間が短いことや通院の必要もなく、日常生活に影響が少ないため、そう呼ばれています。

脂肪注入法は自己脂肪をバストに注入するため脂肪吸引とセットになっていますので、ややそのリスクは高まりますが、現在はよりバストへの生着率を高め、少ない脂肪量で豊胸できる技術ができているので、そういう意味では安全性も高くなっていると言えます。

今のところ豊胸手術に完璧なものはなく、術後さまざまな問題が起こり得ることは覚悟しなければなりませんが、これだけ日々技術の進歩が目覚ましい美容医療ですから今後はさらに選択肢が増え、もっと安価で安全、もっと気軽な気持ちで豊胸手術を受けられる日が来るかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加