豊胸クリームとマッサージでバストアップ

バストマッサージと豊胸クリームの併用でバストアップ

バストのマッサージはバストを大きくするために欠かせないものです。マッサージで大きくなるの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょうが、バストマッサージによって起こる身体のメカニズムを考えれば期待はできるものと考えます。

一方、最近は豊胸クリームがポピュラーになっていますがその成分と副作用には注意して使用すべきです。植物由来の人間のホルモンに近い成分が配合されている豊胸クリームは、実際のところ皮膚に塗布するだけで脂肪細胞が増えてバストが大きくなることなどあり得ず、塗るだけで効き目が出るようなことは不可能に近いと思われます。もし本当にその効果があるならば、脂肪注入などの豊胸手術はすでに消えていることでしょう。

そういった植物由来のものを経口摂取した場合、例えば身近なもので言えば大豆などイソフラボンなどがありますが、これも女性ホルモンに近い成分として注目されましたが、程よく摂るには良いですが摂りすぎはやはり弊害が起きます。

豊胸クリームはホルモン物質配合によるバストアップ効果を期待するよりも、潤い・保湿成分や肌にハリを生む効果のある成分が豊胸クリームには多く含まれていますので、バストのマッサージと併用することで結果的にバストにハリと美肌をもたらすとともに刺激によりバストアップの効果が得られることになります。

バストマッサージをするときに豊胸クリームを併用することで滑りが良くなり、バストの血行を良くすると同時に代謝を活発にし、リンパの流れを良くすることで老廃物の排出を促すことになり美肌効果と乳房のハリにつながっていきます。そして乳腺の刺激によって女性ホルモンが活性化して、バストのハリとともにバストアップの効果を感じることができるでしょう。

バストアップのためには、乳腺の刺激やバストを支えている筋肉を鍛えること、そしてバストの血行促進とリンパの流れを整えることがバストアップへの近道です。豊胸クリームは成分の内容や配合されている量に注意して選んでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加