プチ豊胸で人気のヒアルロン酸豊胸の持続性

ヒアルロン酸豊胸術はリスクが少ないと言うけれど…その効果と持続

プチ整形としてポピュラーになったヒアルロン酸による豊胸術。ヒアルロン酸は人間の細胞組織に含まれるムコ多糖なのでアレルギー反応もなく安全性に優れたものです。テストの必要なく、カウンセリング当日にすぐ注入でき時間も数十分という手軽さも人気の一因でしょう。

身体にかかる負担を考えれば、一番負担の少ない施術法であり、注入の場所や量を調整して見ながらバストの形を整えることができるのでバストを見ながら自分好みのバストメイクが可能です。

プチ豊胸と言われるこの施術ですが、バストアップの持続性には問題があり、ヒアルロン酸は早かれ遅かれ体内に吸収されてしまう性質のものですから、ヒアルロン酸を継続して注入していかなければバスト維持が難しいという難点があります。

手軽で安全性の高い施術ですが、施術後には痛みもありますし、一部吸収されずにしこりとして残ってしまう場合があります。原因はヒアルロン酸注入の際、注入する塊が大きすぎたことで身体に吸収されないまま残ってしまったものです。手技的な要因によるところが大きいと言えます。

吸収された後のバストはしこりによって凹凸ができたり違和感が残ったりする場合もあります。その場合、エコー検査などでしこりの原因を突き止め、それがヒアルロン酸であるならば薬剤を注入することで塊を溶解することができます。

簡単にダメージもなく行える施術法ではありますが、このような施術後の後遺症があることも認識しておかなければなりません。また乳がん検診で引っかかる場合もありますので施術後はバストをよく観察し気になることがあればすぐ医師に相談すべきでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加